泉二新熊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
泉二新熊
MOTOJI Shinguma.jpg
生年月日 (1876-01-27) 1876年1月27日
出生地 奄美大島瀬名方
没年月日 (1947-10-25) 1947年10月25日(71歳没)
死没地 日本の旗 日本東京都
出身校 東京帝国大学法科大学
前職 弁護士
称号 勲一等法学博士

在任期間 1936年12月18日 - 1939年2月15日

在任期間 1939年2月15日 - 1941年1月31日
元首 昭和天皇

大日本帝国の旗 枢密顧問官
在任期間 1942年5月29日 - 1946年4月17日
テンプレートを表示

泉二 新熊(もとじ しんくま、1876年明治9年)1月27日 - 1947年昭和22年)10月25日)は、日本の裁判官官僚刑法学者

生涯[編集]

奄美大島出身。東京帝国大学卒業後、司法省に入り、1915年(大正4年)大審院判事、1936年(昭和11年)検事総長、1938年(昭和13年)大審院長となる。退官後、枢密顧問官、その間、刑法学者として折衷的客観主義の立場から刑事司法の解釈・実務論を展開、「泉二刑法」と称された[1]。東京帝大教授であった牧野英一と並ぶ戦前を代表する刑法学者である。

いわゆる「方法の錯誤」について、法定的符合説(抽象的法定符合説)を採った大正六年大審院連合部判決に関与した。

旧刑法には方法の錯誤の場合に故意犯の成立を認める誤殺傷罪があったが、現行刑法ではそれが削除された。 その立案関係者が関与した前年の大審院判決は具体的符合説を判示していたところ、判例変更したものである。 以降、最高裁も法定的符合説をとり、現在も判例の立場となっている[2]

年譜[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『改正日本刑法論』(有斐閣、1908年) 版を重ねて『日本刑法論上巻(総論)』(有斐閣、増訂43版、1933年)、『日本刑法論下巻(各論)』(有斐閣、増訂42版、1931年)となる
  • 『刑法大要』(1911年
  • 『刑事学研究』(1920年
  • 『法窓餘滴』(1942年

脚注・出典[編集]

  1. ^ 慈愛の法学者-泉二(もとじ)新熊先生
  2. ^ この段落については、安田拓人「錯誤論(上)」法学教室273号69頁を参考。
  3. ^ 『官報』第2205号「叙任及辞令」1934年5月11日。