野崎啓造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野崎啓造

野崎 啓造(のざき けいぞう、嘉永5年2月14日1852年2月23日) - 明治43年(1910年11月17日[1][2])は、日本の検事総長貴族院勅選議員

経歴[編集]

広島藩士の子として、広島城下に生まれた。広島藩学問所(現修道中学校・修道高等学校)にて学ぶ[3]1875年(明治8年)より司法省に出仕し、検事補を経て、1881年(明治14年)に検事に昇進した。1889年(明治22年)、ドイツフランスへ司法事務の視察に赴いた。帰国後、横浜地方裁判所検事正、東京地方裁判所検事正を歴任し、1893年(明治26年)、大審院検事となった。その後また地方に転出し、大阪地方裁判所検事正を経て、1894年(明治27年)に広島控訴院検事長、1898年(明治31年)に東京控訴院検事長に就任した。同年、検事総長に抜擢され、1904年(明治37年)まで務めた[4]

その後、1905年(明治38年)12月13日に貴族院議員に勅選され[5]、死去するまで在職した[6]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8225号、明治43年11月19日
  2. ^ 『官報』第8226号、明治40年11月21日
  3. ^ 修道中学校編 「修道中学校史」1931年 28頁
  4. ^ 『官報』第6228号、明治37年4月8日
  5. ^ 『官報』第6738号、明治38年12月14日
  6. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』151頁。
  7. ^ 『官報』第3901号「叙任及辞令」1896年7月1日。
  8. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『立身致富信用公録 第十三編』国鏡社、1903年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。