岩村通世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岩村 通世
いわむら みちよ
Iwamura Michiyo.jpg
岩村通世
生年月日 (1883-08-21) 1883年8月21日
出生地 大日本帝国の旗 東京府東京市神田区
没年月日 (1965-03-13) 1965年3月13日(81歳没)
死没地 大日本帝国の旗 東京都
出身校 東京帝国大学法科大学
前職 司法官
称号 勲一等瑞宝章

内閣 東條内閣
在任期間 1941年10月18日 - 1944年7月22日

内閣 第3次近衛内閣
在任期間 1941年7月25日 - 1941年10月18日

在任期間 1940年1月17日 - 1941年7月25日
テンプレートを表示

岩村 通世(いわむら みちよ、明治16年(1883年8月21日 - 昭和40年(1965年3月13日)は、太平洋戦争開戦時の日本司法大臣である。

略歴[編集]

1882年(明治16年)8月21日、東京府東京市神田区神保町に生まれた。男爵岩村通俊の五男。次兄の岩村俊武海軍中将、従弟の林譲治衆議院議長

父通俊は当時司法大輔(現在の司法次官)で、北海道初代長官に任せられて札幌に赴任。彼も幼少期を札幌で過ごした。1889年、父は農商務大臣就任および貴族院議員勅任により東京に戻ったが、彼は父の郷里宿毛に行き宿毛小学校で学んだ。吉田茂は同小学校の同窓生。

1893年(明治26年)、高知市の高知県立第一中学校(現在の高知県立高知追手前高等学校の前身)に入学。岡山県の第六高等学校を経て、1910年(明治43年)、東京帝国大学(現東京大学)独法科を卒業した。同年、司法官試補に任ぜられ、甲府地方裁判所に赴任。

1940年(昭和15年)、検事総長に就任。翌年7月に第3次近衛内閣の成立で司法大臣に任命された。東條内閣でも留任。同内閣の総辞職により退任した。

1945年(昭和20年)9月、A級戦犯容疑者として逮捕され、巣鴨拘置所に収容された。戦時特別法など司法弾圧について取り調べられたが、1948年(昭和23年)に至って不起訴処分で釈放された。

1949年(昭和24年)東京家庭裁判所調停委員に任命された。以後は弁護士として活動し、日本調停協会連合会理事長なども務めた。1965年(昭和40年)3月13日死去。81歳。

栄典[編集]

著作[編集]

  • 岩村通世 『満洲国の司法制度』 中央満蒙協会、1936年 
  • 岩村通世 『保護随想』 司法保護協会、1941年 
  • 岩村通世、「少年法」、末弘厳太郎編 『現代法学全集』36巻 日本評論社1928年 

参考文献[編集]

  • 『岩村通世伝』 岩村通世伝刊行会、1971年 ASIN B000J9FO6M

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4701号「叙任及辞令」1942年9月9日。

外部リンク[編集]


先代:
近衛文麿
司法大臣
第46代:1941年 - 1944年
次代:
松阪広政