横田秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横田秀雄
横田秀雄(『帝国法曹大観』より)
生年月日 (1862-09-12) 1862年9月12日
出生地 信濃国埴科郡松代
没年月日 (1938-11-16) 1938年11月16日(76歳没)
死没地 大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
埋葬地 大日本帝国の旗 大日本帝国東京府赤坂区青山霊園
配偶者 秀野
子女 正俊光俊、保俊、雄俊、明俊
出身校 帝国大学法科大学

任期 1923年9月6日 - 1927年8月19日
天皇 大正天皇
前任者 平沼騏一郎
後任者 牧野菊之助
テンプレートを表示

横田 秀雄(よこた ひでお、文久2年8月19日1862年9月12日) - 1938年昭和13年)11月16日)は、日本裁判官大審院長)。法学博士明治大学総長。帝国学士院会員。雅号は鵠山

第4代最高裁判所長官横田正俊は長男。元鉄道大臣小松謙次郎は実弟。

経歴[編集]

信濃国埴科郡松代城下代官町(後の長野市松代町)に、松代藩士の父・横田数馬、母・亀代子の長男として生まれる。長じて1877年長野県師範学校に入学し、同年第十八番変則中學校の英学専門生となるが、翌年中退。上京して1880年司法省法学校に入学。

1888年(明治21年)帝国大学法科(のち東京大学法学部)を卒業。判事になる。

1899年(明治32年)慶應義塾大学法学部政治科教授(物権担当)。1923年大正12年)から1927年(昭和2年)まで大審院長を務めた。

1938年(昭和13年)11月16日死去。享年77。青山墓地に眠る。

栄典[編集]

人物像[編集]

横田は乃木希典を非常に尊敬していた。長男の正俊によると、「軍人や役人は乃木さんのようでなければならない。」というのが口癖で、乃木将軍殉死の報に接したときは、正座してハラハラと涙を流したという。

横田は寄席が好きだった。寄席について「一体講談や落語はいいものです。世間の事情、下層階級の生活状態がよくわかる。裁判官はこういう処へ行って見るのもいいですね。私がよく通った頃は円朝の全盛時代でしてね、その頃橘之助という三味線の爪弾などをよくやる女がいて書生に人気があった…」と述べている(『国民新聞』昭和2年8月)。

退職後の横田は明治大学学長、総長のかたわら郷里に象山神社を建設しようと奔走した。横田は「七十五歳になった今日しなければならないことが二つある。その一つは同郷の先輩である佐久間象山先生のことで、神社建設のために狂奔していること、今一つは、今少し先生の事蹟を世間に発表したいこと」と述べている(『文藝春秋』昭和11年8月)。

家族・親族[編集]

実家
  • 父・数馬(信州松代藩士
  • 母・亀代子
  • 姉・(『富岡日記』の著者)
  • 弟・謙次郎(元鉄道大臣)、俊夫(元朝鮮高等法院判事)
  • 妹・志能武(長野県士族・間庭延俊に嫁す)ほか
自家

系譜[編集]

横田家
横田家の先祖は奥会津横田の住人・山内大学と伝えられ、江戸時代には信州松代藩士として150石の禄を受けていた中級武士であった。[5]
        桂太郎━━三郎
              ┃
              ┣━━━井上光貞
              ┃    ┃
        井上馨━━千代子   ┃
                   ┃
       伊達宗徳━━二荒芳徳  ┃   
               ┃  ┏明子
               ┣━━┫
               ┃  ┗治子
   北白川宮能久親王━━━拡子    ┃
                    ┃
                  ┏一義
                  ┃
                  ┣泰介
                  ┃   
             石坂泰三 ┣泰夫
               ┃  ┃
               ┣━━╋泰彦
               ┃  ┃
         織田一━━雪子  ┣信雄
                  ┃
                  ┣智子
                  ┃
                  ┗操子
                   ┃
           ┏霜山精一━━━徳爾
           ┃
           ┗秀野   ┏正俊
             ┃   ┃
             ┣━━━╋吾妻光俊
             ┃   ┃
          ┏━秀雄   ┗雄俊
          ┃
     横田数馬━╋和田英
          ┃
          ┗小松謙次郎

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8105号「叙任及辞令」1910年6月29日。
  2. ^ 『官報』第534号「叙任及辞令」1914年5月12日。
  3. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  4. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。
  5. ^ 信州の旅.com/真田十万石の城下町/旧横田家住宅

参考文献[編集]

外部リンク[編集]