水城公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水城公園
Gyoda Suijo Park 1.JPG
水城公園
分類 都市公園(総合公園)
所在地
埼玉県行田市水城公園
面積 10.3 ha
運営者 行田市
公式サイト 行田市のサイト

水城公園(すいじょう こうえん)は、埼玉県行田市にある都市公園(総合公園)[1]。また、同市の町名(行政地名)でもある。

概要[編集]

かつての忍城の周辺の外跡を整備した公園である。忍城が取り壊されたあと、外堀は忍沼と呼ばれていたが、北部から次第に埋め立てられ、行田市役所や市立体育館が建設された。そして現在、水面が残る南端部が1964年昭和39年)4月[2]、埼玉県内最初の都市計画公園である水城公園として開園した。広さは約10.3haである[3]

水城公園の前身となる公園として成田公園[4](のち忍公園)が城跡周辺に所在していたが、これは明治政府が1873年明治6年)に近代化路線の一環として、太政官公布で公園制度を発足させ整備したもので、さいたま市浦和区調公園(当時は浦和公園偕楽園)に次いで埼玉県内で2番目の公園として、1875年(明治8年)に開園したものであった。当初の計画では陸上競技場や体育館などを園内に併設する予定であった[5]

公園南側には忍・行田公民館と図書館があった。図書館は移転し跡地が駐車場となり、2017年に公民館もやや北側に新築移転し、2018年に南側駐車場の拡張工事が行われている。

また、水城公園の広場にはが200本植えられており、桜の名所にもなっている。外堀跡の水面にはホテイアオイの群落がある[6]

2018年には、旧忍町信用組合店舗だった洋館(市の文化財)が園内に移築された[7]

記念碑[編集]

園内各所に記念碑が設置されている。

アクセス[編集]

  • 行田市内循環バス 水城公園前停留所(南側)または水城公園停留所(中央)。
    • JR高崎線行田駅より観光拠点循環コース・南大通りコース・西循環左回りのいずれかで約8分・水城公園前停留所または約9分・水城公園停留所下車。
    • なお、東循環左回りでは水城公園停留所が利用可能。西循環右回り・東循環右回り・北西循環・北東循環では、終点の行田市バスターミナルより徒歩3分。
  • 秩父鉄道秩父本線行田市駅から約1.2km、徒歩15分。または観光拠点循環左回りで約8分、水城公園停留所下車(北西循環左回り・北東循環右回り・東循環右回りで4分、行田市バスターミナル下車での利用も可能)。
  • その他JR東日本吹上駅北口1番のりばより朝日自動車路線バスに乗車、佐間経由行田市内各方面行きで約9分の新兵衛地蔵入口停留所にて下車、徒歩3分で東側の入口を利用可能。

脚注[編集]

  1. ^ 行田市の都市計画(行田市)
  2. ^ a b 水城公園と四季 - 行田市、2011年5月11日、2015年11月8日閲覧。
  3. ^ 水城公園 - 公益社団法人日本観光振興協会(全国観るなび)、2015年11月8日閲覧。
  4. ^ 忍公園から本丸球場へ - ぎょうだ歴史系譜105 (PDF) - 行田市(市報ぎょうだ平成14年(2002年)12月号p. 16)、2002年12月16日、2015年11月8日閲覧。
  5. ^ 当初の水城公園整備計画図 (PDF) - 行田市、2015年11月8日閲覧。
  6. ^ ホテイアオイが池を紫に埋め尽くす!行田市・水城公園の奇跡的な絶景 - ベンチャーリパブリックTravel.jp)、2015年8月11日、2015年11月8日閲覧。
  7. ^ 行田市文化財「旧忍町信用組合店舗」水城公園に移築『東京新聞』朝刊2018年4月20日(埼玉県版)2018年6月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度8分3.1秒 東経139度27分31.7秒