吹上駅 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吹上駅
北口
北口
ふきあげ
Fukiage
北鴻巣 (3.0km)
(2.3km) 行田
所在地 埼玉県鴻巣市吹上本町一丁目1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)*
所属路線 高崎線
キロ程 27.3km(大宮起点)
東京から尾久経由で57.8km
電報略号 フキ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
9,146人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1885年明治18年)3月1日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 貨物列車の発着は無く、休止状態。
テンプレートを表示
南口(2012年7月)
南口(2012年7月)
熊谷方面
熊谷方面

吹上駅(ふきあげえき)は、埼玉県鴻巣市吹上本町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)高崎線である。

上野駅発着系統と、新宿駅経由で東海道線に直通する湘南新宿ライン、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ラインが停車する。

歴史[編集]

吹上停車場の構内と共同広告。(1912年)[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線(1番線)、島式ホーム1面2線(2・3番線)、計2面3線のホームと3番線の南口側に側線1線(レールも架線も錆びていることから現在は使用されていないようである)、1番線の北口側東京寄りに保守車両の基地・引き込み線1線を有する地上駅で、橋上駅舎を有している。

南口側東京寄りに隣接して「吹上変電所」が設置されており、駅ホームを饋電線・帰線が縦断している。

かつては直営駅だったが、現在は駅業務をJR東日本ステーションサービスに委託している業務委託駅となっている(2017年11月20日更新分のJR東日本ステーションサービスの事業エリアマップに当駅が含まれるようになった。具体的な降格時期は不明。管理駅鴻巣駅)。みどりの窓口指定席券売機自動改札機が設置され、各ホームにはATOS設備、エレベーターおよびエスカレータがある。初電 - 6:30の間の改札はインターホンを使用しての対応となっている[2]

構内には「NewDays KIOSK」吹上駅改札内店[3]が、北口ロータリー前には「NewDays」吹上店が併設されている。改札口前に立ち食いそば店(そば処中山道)が営業していたが、2016年4月1日を持って閉店した。

改札口と北口・南口を結ぶ自由通路の老朽化が激しく、今後改修が実施される予定[4]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 高崎線 上り 大宮東京新宿横浜方面
湘南新宿ライン)(上野東京ライン
 
2 一部の列車

下り

熊谷高崎前橋方面
3  
  • 湘南新宿ラインの列車は大船駅から、上野東京ラインの列車は上野駅を経由して東京駅から、東海道線へ直通する。
  • 上下共用の待避線である2番線は、特急の通過待ちを行う列車が使用する。2017年3月現在、定期旅客列車は下り平日3本、土休日1本が使用する。上りは平日朝1本のみ熊谷駅始発スワローあかぎの通過待ちを行う。
  • 2014年後半以降、湘南新宿ラインでダイヤ乱れが生じた場合に同籠原駅発着列車が、当駅―籠原駅間の運転を打ち切り、当駅2番線で折り返し運転を行うことがある[5]。また、熊谷駅方面で不通となった場合[6]など、まれに上野口の列車においても当駅で折り返し運転する場合がある[7]。なお、現在普通列車に使用されているE231系E233系電車(のみならず、すべての車両)では行き先表示に当駅が含まれていない(籠原または熊谷行きあるいは、行き先無しの「普通」のみ、いずれかの表示となり、車掌のアナウンスにて対応)。駅構内の発車案内LED・自動音声では案内可能。
  • 発車メロディには、鴻巣市出身のシンガーソングライター・美根ゆり香の曲である「HANDS - 大きな手から小さな手へ - 」が採用されている[8]
  • 基本的に各駅停車である普通列車のみが停車し、快速特急列車は原則通過駅となっているが、初詣臨時列車成田山初詣ぐんま号」など、ごくまれに当駅停車の臨時快速列車が運転されることがある(当駅以外の各駅停車のみ停車駅の北上尾・北鴻巣・行田は通過、籠原以北も通過駅あり)。

貨物取扱[編集]

JR貨物の駅は現在、臨時車扱貨物の取扱駅となっており、定期貨物列車の設定はない。

かつては、駅に隣接していた関東菱油(新日本石油系、旧・三菱石油系)吹上油槽所(現 タイムズ駐車場吹上、セブン-イレブン鴻巣南1丁目店、その近隣の新興住宅地、関東菱油子会社ダイヤ運輸の営業所がある一帯)への専用線があり、根岸駅から石油類が輸送されていたが[9]2002年平成14年)3月に廃止された。現在は、南端の側線とタイムズ駐車場の間に残されている列車が通れる幅の大きさの鉄格子の扉が当時の面影を残している(鉄道設備は完全に撤去。また当然ながら扉は施錠されている)。

利用状況[編集]

2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員9,146人である。

JR東日本および埼玉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1999年(平成11年) 10,412 [* 1]
2000年(平成12年) [JR 1]10,186 [* 2]
2001年(平成13年) [JR 2]10,028 [* 3]
2002年(平成14年) [JR 3]10,013 [* 4]
2003年(平成15年) [JR 4]10,027 [* 5]
2004年(平成16年) [JR 5]10,083 [* 6]
2005年(平成17年) [JR 6]10,173 [* 7]
2006年(平成18年) [JR 7]10,349 [* 8]
2007年(平成19年) [JR 8]10,257 [* 9]
2008年(平成20年) [JR 9]10,157 [* 10]
2009年(平成21年) [JR 10]9,854 [* 11]
2010年(平成22年) [JR 11]9,711 [* 12]
2011年(平成23年) [JR 12]9,528 [* 13]
2012年(平成24年) [JR 13]9,464 [* 14]
2013年(平成25年) [JR 14]9,450 [* 15]
2014年(平成26年) [JR 15]9,164 [* 16]
2015年(平成27年) [JR 16]9,232 [* 17]
2016年(平成28年) [JR 17]9,206 [* 18]
2017年(平成29年) [JR 18]9,146

駅周辺[編集]

鴻巣市吹上地区(旧・北足立郡吹上町)の中心市街地に位置する。

北口[編集]

駅北口からは行田市方面へのバスが多数発着している。北口のロータリー整備と道路拡幅工事はしばらくの間滞っていたが、2010年に完了した。また、鴻巣市営駐輪場が2007年4月に運営を開始した。

南口[編集]

バス路線[編集]

以下の路線で、特に注釈がない路線は、全て朝日バス加須営業所による運行

北口
  • 3番のりば:フラワー号のりば(兼 一般路線降車場、ロータリー東側)
    • 鴻巣市フラワー号 吹上北コース(吹上北地区循環):袋 - 北鴻巣駅東口/吹上駅入口 - 新宿第一公園 - 吹上駅北口 - 袋 - 北鴻巣駅東口/新宿第一公園 - 吹上駅入口 - 吹上駅北口
  • 1番のりば:佐間経由 行田市方面 のりば(公衆トイレ・市営駐輪場前)
  • 2番のりば:前谷経由 行田市方面 のりば(西側)
    • 前谷 経由 行田市駅
    • 前谷 経由 総合教育センター(平日のみ、12月29日を除く)
    • 前谷 経由 行田折返し場
南口
  • フラワー号のりば(東寄りの階段前)
    • 鴻巣市フラワー号 吹上南コース(吹上南地区循環):北鴻巣駅西口 - 鴻巣駅東口 - 鴻巣市役所
      基本的には北鴻巣駅西口行き、一部がその先、鴻巣市街地方面へ直通。
  • 吉見町巡回バスのりば(東側、タクシーのりば手前)
備考
上記は全て、北口・南口のロータリー発着。
北口を発着している一般路線バス(停留所名は「吹上駅」)は、かつて北口にロータリーが存在しておらず、バスが自走で折り返せるスペースがなかったため、階段付近で降車させた後、交番先の突き当たりにあった転車台を使用して方向転換し、交番前付近を始発地としていた(折り返し専用道路跡地は歩道用地として転用された。転車台が置かれていたのは、現在の佐間経由のりば・民家・市営駐輪場歩行者出入口・公衆トイレに囲まれた位置。ちなみに、フラワー号はロータリー開設後の運行開始)。
上記以外にスクールバス(南口のみ)・送迎バス等の発着がある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
高崎線
通勤快速・特別快速・快速「アーバン」
通過
普通
北鴻巣駅 - 吹上駅 - 行田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『目で見る上尾・桶川・北本・鴻巣の100年』 郷土出版社2002年12月16日、15頁。ISBN 978-4-876635955
  2. ^ 【お知らせ】高崎線内の一部の駅におけるインターホン対応等の実施について” (2016年2月1日). 2016年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月20日閲覧。
  3. ^ 2017年2月14日までは「KIOSK」吹上1号店。スクラップアンドビルドにより2月23日開店
  4. ^ 平成30年2月 市長記者会見 平成30年度予算参考資料(駅施設等維持管理事業)
  5. ^ 大幅なダイヤ乱れなどごくまれに特別快速高崎駅行きも普通列車に格下げの上、当駅折り返しとなる場合もある。
  6. ^ 当駅―熊谷駅での不通時のほか、熊谷駅―籠原駅間での長時間に及ぶ不通時に熊谷駅での折り返し能力の限界を超えた場合にも。
  7. ^ 日中に発生した場合は鴻巣駅折り返しとなり、北鴻巣駅と共に当駅も運転見合せ区間に含まれることが多い。
  8. ^ 電車の発車メロディーが変わりました[リンク切れ] - 鴻巣市公式サイト 2010年8月3日(2012年12月7日閲覧)
  9. ^ 『写真アルバム 上尾・桶川・北本・鴻巣・伊奈の昭和』 いき出版、2017年10月19日、141頁。ISBN 978-4-86672-004-3
  10. ^ 吉見町政策財政課 第五次吉見町総合振興計画 デマンド型交通について

出典[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
埼玉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]