黒川弘務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒川 弘務(くろかわ ひろむ、1957年2月8日[1] - )は、日本検察官法務官僚

経歴[編集]

東京都出身[2]1981年東京大学法学部卒業[2]司法修習35期[1]1983年、検事任官[3]東京地方検察庁検事[2]新潟地方検察庁名古屋地方検察庁青森地方検察庁等の地方検察庁に勤務[4]。のち法務省に異動、司法制度改革で中枢的な役割を担った[1]2001年12月大臣官房司法法制部司法法制課長、2005年1月刑事局総務課長、2006年7月大臣官房秘書課長、2008年1月大臣官房審議官2010年8月松山地方検察庁検事正[4]。2010年10月大臣官房付に異動[4]検察の在り方検討会議事務局[3]を担当した。2011年8月大臣官房長[2][4]2016年9月5日法務事務次官[2]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]