小沢愛次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小沢 愛次郎
Ozawa Aijiro.jpg
生年月日 1864年1月28日
出生地 武蔵国
没年月日 (1950-06-19) 1950年6月19日(86歳没)
称号 大日本武徳会剣道範士
全日本剣道連盟剣道殿堂顕彰

当選回数 5回

当選回数 4回
テンプレートを表示

小沢 愛次郎(おざわ あいじろう、1864年1月28日文久3年12月20日) - 1950年昭和25年)6月19日)は、日本政治家剣道家

埼玉県会議員(4期)、衆議院議員(5期)を務め、剣道の中学校正科編入への請願運動に尽力した。流派小野派一刀流称号大日本武徳会剣道範士

経歴[編集]

武蔵国(現埼玉県)出身。年少より忍藩剣術指南役松田十五郎小野派一刀流を学ぶ。また、菊地為之助神影流を学び、いずれも免許皆伝を許される[1]

1890年明治23年)、埼玉県会議員に当選。

1898年(明治31年)、第5回衆議院議員総選挙に当選。

1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に当選。

1903年(明治36年)、第8回衆議院議員総選挙に当選。

1904年(明治37年)、第9回衆議院議員総選挙に当選。

1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に当選。1909年(明治42年)5月13日、衆議院議員を辞職[2]

1926年大正15年)、大日本武徳会から剣道範士号を授与される。

2005年平成17年)、全日本剣道連盟剣道殿堂に顕彰される。

著書[編集]

  • 『皇国剣道史』

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮内省監修『皇太子殿下御誕生奉祝 昭和天覧試合』739頁、大日本雄弁会講談社
  2. ^ 官報』第7763号、明治42年5月14日。
  3. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』140頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]