大森久司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大森久司
おおもり ひさじ
生年月日 1901年8月
出生地 奈良県桜井市
没年月日 1976年8月13日
死没地 東京都港区
出身校 関西学院大学
前職 きんでん社長
所属政党 自由民主党

選挙区 奈良県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1965年7月7日 - 1976年8月13日
テンプレートを表示

大森 久司(おおもり ひさじ、1901年8月 - 1976年8月13日)は、日本政治家参議院議員(2期)。奈良県議会議長。奈良県議会議員(6期)。奈良市議会議員(3期)。位階は正四位。勲等は勲二等

略歴[編集]

奈良県桜井市初瀬町生まれ[1]。旧制奈良県立畝傍中学校関西学院大学卒業[1]

1930年、奈良市で大徳電気商会を設立[1]。1944年、軍需省軍需監理部から発せられた「電気工事業整備要綱」に基づいて近畿地方の電気工事業者が統合し、設立された近畿電気工事株式会社の取締役に就任[1]

1961年、きんでん取締役社長[1]

1965年の第7回参議院議員通常選挙奈良選挙区に自由民主党から出馬し、初当選。1971年、第9回参議院議員通常選挙再選。1972年の田中派の結成に理事として参加。

1976年、参議院議員在職中に急性肺炎のため、東京慈恵医大附属病院において死去[1]

役職[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
議会
先代:
川上為治
日本の旗 参議院商工委員長
1971年 - 1972年
次代:
佐田一郎