降矢敬義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
降矢 敬義
ふるや けいぎ
生年月日 (1920-10-25) 1920年10月25日(99歳)
出生地 山形県山形市
出身校 東京帝国大学法学部
前職 自治事務次官
所属政党 自由民主党

選挙区 山形選挙区
当選回数 2回
在任期間 1977年 - 1989年
テンプレートを表示

降矢 敬義(ふるや けいぎ、1920年10月25日 - )は、日本の官僚政治家自治事務次官を経て、自由民主党参議院議員(2期)。

来歴・人物[編集]

山形県山形市出身。山形県立山形中学校旧制山形高等学校を経て、1942年東京帝国大学法学部を卒業。高等文官試験に合格し内務省に入省。しかし、翌年に応召され、1947年復員までシベリアに抑留された[1]

その後、静岡県商工課長、自治庁行政課長、自治大臣官房参事官自治省選挙局長、同税務局長、自治大学校長等を歴任[1]1970年消防庁長官[2]1973年に自治事務次官を最後に退官。安孫子藤吉山形県知事が国政に転じるにあたって、その後継として一時、擬せられた[3]

1977年の参議院選挙山形選挙区から自由民主党公認で出馬、ともに新人の日本社会党公認の佐藤誼を1万票あまりの差で破り、初当選。以後当選2回。以来、参議院文教委員長、商工委員長を務める。 1989年4月の消費税導入直後、宇野宗佑首相のスキャンダル、土井たか子に代表されるマドンナブームで、自民党に逆風が吹く中で行なわれた参議院選挙に落選。

1993年2月の山形県知事選挙に立候補するが[3]、落選。

奥羽鉄鋼代表取締役で俳誌「ホトトギス同人、第18回斎藤茂吉文化賞受賞者である降矢東郊(与助)は父にあたる[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「時の人 降矢敬義 参院選で裏方の大役果たした自治省選挙局長」『読売新聞』1968年7月11日
  2. ^ 「人間登場 降矢敬義」『読売新聞』1970年10月18日
  3. ^ a b 「史上初の保守乱立知事選 山新・山交グループの彷徨 小田桐誠」『創』1993年3月号
  4. ^ 齋藤茂吉文化賞受賞者11-20回”. 山形県. 2019年6月17日閲覧。
議会
先代:
斎藤栄三郎
日本の旗 参議院商工委員長
1984年 - 1985年
次代:
下条進一郎
先代:
大島友治
日本の旗 参議院文教委員長
1980年 - 1981年
次代:
片山正英