降矢敬義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

降矢 敬義(ふるや けいぎ、1920年10月25日 - )は、日本の官僚政治家

来歴・人物[編集]

山形県出身。山形県立山形中学校を経て、東京帝国大学を卒業。自治庁行政課長、自治大臣官房参事官自治省税務局長、消防庁長官を経て、その後自治事務次官を最後に退官。1977年の参議院選挙山形選挙区から自由民主党公認で出馬、ともに新人の日本社会党公認の佐藤誼を1万票あまりの差で破り、初当選。以後当選2回。以来、参議院文教委員長、商工委員長を来歴。

1989年4月の消費税導入直後、首相のスキャンダル、土井たか子に代表されるマドンナブームで、自民党に逆風が吹く中で行なわれた参議院選挙に落選。

議会
先代:
斎藤栄三郎
日本の旗 参議院商工委員長
1984年 - 1985年
次代:
下条進一郎
先代:
大島友治
日本の旗 参議院文教委員長
1980年 - 1981年
次代:
片山正英