田畑金光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田畑 金光(たばた かねみつ、1914年大正3年)1月22日 - 2013年平成25年)4月22日)は、昭和期の政治家民社党衆議院議員いわき市長。

田畑 金光
たばた かねみつ
生年月日 1914年
出生地 鹿児島県龍郷町
没年月日 2013年
出身校 東京帝国大学
所属政党 右派社会党日本社会党→民主社会党【改称】民社党(→無所属)
称号 勲二等旭日重光章、叙正四位、龍郷町名誉町民

選挙区 福島県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1953年5月3日 - 1965年6月1日

選挙区 福島県第3区 (中選挙区)
当選回数 2回
在任期間 1967年1月29日 - 1972年12月9日

当選回数 3回
在任期間 1974年10月20日 - 1986年10月19日
テンプレートを表示

鹿児島県大島郡龍郷町芦徳出身[1][2][3]

来歴・人物[編集]

1932年鹿児島県立大島中学校 (旧制)卒業。1936年大阪高等学校 (旧制)文科卒業。1939年東京帝国大学法学部法律学科卒業。[1][3]

大学卒業後は満州国政府に勤めながら、大同学院を卒業。1940年に従軍し、1945年に陸軍主計大尉で復員。

戦後、福島県の現いわき市に移り、1946年大日本炭鉱勿来鉱業所勤務。1947年昭和22年)福島県議会議員に当選[3]右派社会党公認で、1953年(昭和28年)に第3回参議院議員通常選挙福島県選挙区で初当選。第5回参議院議員通常選挙同選挙区にて日本社会党公認で再選し、計2期務める。2期目の途中、民主社会党に移籍する。1967年(昭和42年)の第31回衆議院議員総選挙福島県第3区 (中選挙区)に民主社会党公認で立候補し当選。第32回衆議院議員総選挙でも同選挙区にて民社党公認で再選し、計2期務める。1974年(昭和49年)のいわき市長選挙に革新系無所属(日本社会党、民社党、日本共産党推薦)として立候補し、現職の大和田弥一(自由民主党推薦)を約3万票差で破って初当選[4]。再選を重ね3期12年務める。1984年(昭和59年)に勲二等旭日重光章を受章した[3][1]

1986年(昭和61年)の市長選で中田武雄に敗れる。その後も地域で講演活動を精力的に行ってきた。

1998年に故郷龍郷町の名誉町民となる[1]。2013年4月22日に敗血症のため死去[5]。99歳没。叙正四位

元福島県議会議員の中村秀樹は義理の孫。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 龍郷町公式サイト-名誉町民-田畑金光 2019年5月29日閲覧
  2. ^ “つなごう希望:東日本大震災・鹿児島から 奄美市民が支援物資 /鹿児島”. 毎日新聞. (2011年4月9日). http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20110409ddlk46040620000c.html 2011年4月22日閲覧。 
  3. ^ a b c d “田畑金光元いわき市長死去 衆参4回当選”. 福島民報. (2013年4月24日). http://www.minpo.jp/news/detail/201304248030 2013年4月24日閲覧。 
  4. ^ いわき民報1974年9月30日夕刊
  5. ^ 田畑金光氏が死去 元衆院議員 日本経済新聞 2013年4月23日閲覧