鈴木辰三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木辰三郎

鈴木 辰三郎(すずき たつさぶろう、1877年明治10年)10月1日[1] - 1952年昭和27年)1月6日[2])は、明治から昭和時代前期の政治家実業家衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

のちの福島県磐前郡夏井村石城郡夏井村、平市を経て現いわき市)に生まれる[3]。夏井村会議員、石城郡会議員、同参事会員を経て福島県会議員に当選[4]。ついで同参事会員となったほか、磐城実業銀行、磐城建物各専務取締役、磐城国産工業、磐城片倉製糸各取締役、磐城海岸軌道、磐城林業各重役を歴任した[2]

1932年(昭和7年)2月の第18回衆議院議員総選挙では福島県第3区から立憲政友会所属で出馬し当選[4]。つづく第19回衆議院議員総選挙でも当選し、衆議院議員を通算2期務めた[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院『第六十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1932年、19頁。
  2. ^ a b c 衆議院、参議院 編 1962, 257頁.
  3. ^ 太田 1936, 54頁.
  4. ^ a b 衆議院、参議院 編 1962, 256-257頁.

参考文献[編集]