内郷市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内郷市
廃止日 1966年10月1日
廃止理由 新設合併
磐城市内郷市常磐市平市勿来市石城郡小川町遠野町四倉町川前村田人村三和村好間村双葉郡久之浜町大久村
いわき市
現在の自治体 いわき市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
面積 31.60km2
総人口 35,242
(1965年10月1日)
隣接自治体 平市常磐市好間村
内郷市役所
所在地 福島県内郷市綴町字榎下46番地の2
いわき市内郷支所.jpg
特記事項 いわき市役所内郷支所は、1965年に内郷市役所として建てられたもので、画像は2010年現在のもの。
 表示 ウィキプロジェクト

内郷市(うちごうし)は、福島県浜通り南部に存在していた。現在のいわき市内郷駅付近に当たる。

地理[編集]

福島県浜通り南部に存在した市である。常磐炭田により発展し、後年には炭鉱の衰退と共に住宅化が進行、隣接する平市のベッドタウンとして機能するようになった。

現在の地名では、いわき市内郷内町・内郷小島町・内郷白水町・内郷高坂町・内郷綴町・内郷御台境町・内郷御厩町・内郷宮町・内郷高野町の全域、小島町・明治団地・平成の各一部に相当する。

地域[編集]

内郷村発足時に旧8村の名称と区域を継承した8大字が設置され、市制後に8大字はとなった。その後、1955年(昭和30年)に箕輪村大字高野を編入し、高野町としたことにより9町を数えた。

  • 内町(大字内町)
  • 小島町(大字小島)
  • 白水町(大字白水)
  • 高坂町(大字高坂)
  • 綴町(大字綴)
  • 御台境町(大字御台境)
  • 御厩町(大字御厩)
  • 宮町(大字宮)
  • 高野町

歴史[編集]

内郷市は、1889年磐前郡内町村、小島村、白水村、高坂村、綴村、御台境(みだいさかい)村、御厩(みまや)村、宮村の合併により、磐前郡内郷村として発足した。同時に旧村名はそれぞれ大字名として継承され、大字御厩に村役場を設置した。発足当時の人口は2,364人で、戸数は321戸。1896年には石城郡となり、1894年には磐城炭礦株式会社による内郷炭礦の買収により、同社が当村に進出。以降、内郷は磐城炭礦株式会社を中心とした常磐炭鉱の中心地となる[1]1913年には豪雨によって120名の死者を出したほか、1927年には町田坑で火災があり、134名の死者を出した[1]

第二次大戦中の1942年に、町制を布いて内郷町となった。町制施行時の人口は28,593人、世帯数は5,788[1]1944年には、それまで村の主要炭鉱会社であった磐城炭礦と入山採炭が合併し、常磐炭礦株式会社が設立される。1950年には再度豪雨によって被害があり、10坑が浸水したほか、3坑が水没した。また、同年に磐城共立病院が創設された。

1954年には市制を布き、内郷市となった。同時に内郷村発足時から続く大字は、元より「町」で終わる名称の大字内町を除き、新名称に「町」を付記する形で町となる。市制年の人口は39,751人、世帯数は8,232。また、市制に当たって市役所は綴町に設置し、1895年の入山採炭の創業などによって炭鉱関連の職業に従事者が増加していた箕輪村大字高野を1955年に編入、同地域は高野町となる[1]。市制1年後の1956年には、常磐炭鉱関連の労働災害への対処のため[2]福島労災病院を誘致することに成功したほか、市立の牛乳処理場の建設を行う。翌1957年には松茸、紅鱒の栽培や養殖、輸出向け和紙製造の育成の補助などが開始され、釣堀や市営ヘルスセンターを開業する。また、市営ヘルスセンター設置にあたっては炭鉱で発生する廃棄温水を利用することによって実現された[1]1962年になると、前年に発布された新産業都市建設促進法により「郡山・常磐新産業都市」の指定を受け、商工業者のベッドタウン的存在としての役割を担うようになり、公営住宅、住宅団地、工業団地などの計画が立てられた。1964年にはそれらの計画が実施されるが、一方で、かつて市の主要産業であった炭鉱は内郷炭鉱のみとなっていた[1]1966年10月1日には周囲14市町村と合併し、いわき市の一部となった。

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年) 町村制施行。磐前郡内町村、小島村、白水村、高坂村、綴村、御台境村、御厩村、宮村が合併し、磐前郡内郷村が発足。
  • 1894年(明治27年) 磐城炭礦株式会社が内郷炭礦の買収を行い、同社が当村に進出する。
  • 1896年(明治29年) 磐前郡が磐城郡菊多郡と合併、石城郡内郷村となる。
  • 1913年(大正2年) 豪雨が発生。村内で120名の死者を出す。
  • 1927年(昭和2年) 村内の町田坑で火災が発生。134名の死者を出す。
  • 1942年(昭和17年) 内郷村が町制施行。石城郡内郷町となる。
  • 1950年(昭和25年) 豪雨が発生。町内の炭鉱のうち10坑が浸水、3坑が水没。また、磐城共立病院が創設される。
  • 1954年(昭和29年)
    • 3月5日 内郷町立内町小学校白水分教場が内郷町立白水小学校として独立[3]
    • 7月10日 内郷町が市制施行。内郷市となる。また、大字が町となり、内町を除く全ての大字に新たに「町」が付記される。
  • 1955年(昭和30年) 石城郡箕輪村大字高野を編入、同地域が内郷市高野町となる。
  • 1956年(昭和31年) 福島労災病院、市立牛乳処理場完成。
  • 1957年(昭和32年) 市営ヘルスセンター完成。
  • 1962年(昭和37年) 新産業都市建設促進法により「郡山・常磐新産業都市」に内郷市が指定される。
  • 1965年(昭和40年) 内郷市役所新庁舎完成[4]
  • 1966年(昭和41年) 磐城市常磐市平市勿来市小川町遠野町久之浜町四倉町大久村川前村田人村三和村好間村と合併、いわき市の一部となる。また、同時に旧内郷市の町名には「内郷」の冠称が付記される。

交通[編集]

鉄道
道路

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 角川日本地名大辞典 7 福島県(角川書店)
  2. ^ 病院概要”. 福島労災病院. 2010年5月15日閲覧。
  3. ^ 主な沿革”. いわき市立白水小学校. 2010年5月15日閲覧。
  4. ^ 施設案内「内郷支所」”. いわき市役所. 2010年5月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 7 福島県(角川書店)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]