佐藤栄佐久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
佐藤 栄佐久
さとう えいさく
生年月日 1939年6月24日(77歳)
出生地 福島県郡山市
出身校 東京大学法学部
所属政党 自由民主党→)
無所属

Flag of Fukushima Prefecture.svg 民選第13-17代 福島県知事
当選回数 5回
在任期間 1988年9月19日 - 2006年9月28日

選挙区 福島県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1983年7月10日 - 1988年8月3日
テンプレートを表示

佐藤 栄佐久(さとう えいさく、1939年(昭和14年)6月24日 - )は、日本政治家

参議院議員(1期)、福島県知事(5期)、全国過疎地域自立促進連盟会長を務めた。

外務大臣玄葉光一郎は娘婿。

来歴[編集]

福島県郡山市生まれ。幼少期に本宮市に転居したが、中学生からは再び郡山市で育った。福島県立安積高等学校東京大学法学部卒業。

日本青年会議所副会頭[注釈 1] 等の役職を歴任した後、1983年第13回参議院議員通常選挙自由民主党公認で福島県選挙区から出馬し、初当選を果たした。

1988年松平勇雄の引退に伴う福島県知事選挙に伊東正義斎藤邦吉の支援を受け、参議院議員を辞職して出馬し、当選を果たした。以降4回当選するが、2006年9月に実弟が関与した汚職事件の追及を受け、5期目の任期途中での辞職を表明。9月28日、福島県議会の同意を得て知事を辞職した。後日、自身も収賄の容疑で逮捕される。

福島県知事時代[編集]

地方自治[編集]

  • 自治体合併(市町村合併、県合併)にはかねてから批判的であり、「地方主権」を掲げる姿勢が強い。また分配主義を標榜しており、思想的には国民新党新党日本に共通する部分が多い。
  • 東京一極集中に対しては一貫して異議を唱え続けてきた。1990年代前半の首都機能移転の議論の際は福島県の中通り南部への首都機能の誘致を栃木茨城・福島3県で推進したが、首都機能移転の議論そのものが下火になったため、中通り南部への誘致も構想段階に終わった。
  • 東京一極集中を強めた小泉内閣にも批判的であり、「地方の痛み」を訴え、小泉純一郎首相が推進した郵政民営化プルサーマル計画導入にも反対した。
  • 2001年、「合併しない宣言」を出した福島県矢祭町に感銘を受け、福島県は市町村合併を強制せず、合併する・しないにかかわらず市町村に対しては支援を行っていく考えを表明。なお佐藤栄佐久以外に、「合併しない市町村も支援する」立場を明言した知事には、田中康夫がいる。しかし田中の落選、佐藤の辞職により、合併しない市町村も支援する立場を明確に掲げる知事はいなくなった。
  • 公立学校における家庭科の必修化に伴い、県立高校の共学化を推進し、2003年に全校の共学化を完了した。

道州制[編集]

道州制を否定しており、「道州制によって、大都市一極集中を招いてはならない」と主張してきた[1]。なお佐藤の他、兵庫県知事井戸敏三福井県知事西川一誠も道州制の導入には反対している。

原子力発電[編集]

首都圏の電力需要を地方が賄うという意味合いの強い県内の原子力発電所東京電力所管の福島第一原子力発電所双葉町大熊町)、福島第二原子力発電所富岡町楢葉町))建設に関して、建設当初の1998年にはプルサーマル計画を了承したが、その後東京電力によるトラブル隠しが発覚した後、了承を撤回し[2]、以降は建設される当の自治体以外に誘致するメリットがほとんどないことなどを理由に、一貫して反対の立場を明らかにしている[注釈 2][注釈 3]2011年3月11日に発生した大地震による原子力事故では、「事故は人災だった」と断定し、歴代政府と原子力安全委員会を批判している[3][4]

知事辞職、そして逮捕[編集]

2006年7月に、水谷建設レインボーブリッヂが関与した一連の不正事件で、実弟が営む縫製会社が、不正な土地取引の疑いで検察の取調べを受け、9月25日には実弟が競売入札妨害の疑いで逮捕された。これを動機として、佐藤の辞職を求める動きが、県議会を初めとして内外から高まり、9月27日に道義的責任を取る形で辞職を表明するに至った(9月28日に県議会で辞職が許可)。報道によると、辞職後も「影響力」を示す行動をとったものの、10月23日に東京地検により収賄の容疑で逮捕される。検察聴取により全面的に自身の関与を認めたとされるが、本人は後に否認している[注釈 4]

なお、同年11月15日に和歌山県知事だった木村良樹が、12月8日には宮崎県知事だった安藤忠恕が、同じく官製談合事件で逮捕起訴された。3ヶ月間に3人の知事が、同じような事件で刑事責任を追及される事となり、大きな波紋を起こした。

2008年8月に一審の東京地裁の判決で懲役3年・執行猶予5年となり、2009年10月に二審の東京高裁の判決では懲役2年・執行猶予4年となった。佐藤は判決後の記者会見で「検察が作り上げた事件で、有罪は納得できない。上告を検討する」と述べた。なお主任弁護人は元特捜検事の宗像紀夫である。

2012年10月16日、最高裁判所第一小法廷は、弁護側、検察側双方の上告を棄却、懲役2年、執行猶予4年とした高裁判決が確定した[5]。 第一小法廷には審理には加わらなかったとされるものの、検察官当時に次長検事として当該事件に関わった横田尤孝が判事として所属 [6] している。

著作[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお副会頭時代の会頭に麻生太郎がいた。
  2. ^ 知事辞任により、県内の原発推進に対する歯止めはなくなった。たとえば福島第一原子力発電所が所内にプルサーマル型の発電所を建設する計画(3号機)に関しては、県議会多数派の自民党県連をはじめとする推進派勢力が優勢となった。 県議会で反対請願が不採択となった後、後任の佐藤雄平知事は2010年8月に受け入れを決定した。佐藤栄佐久によれば、安全性等に関する議論は県議会でもほとんど無かったという。
  3. ^ 当時は自民党政権、総理大臣は小泉純一郎
  4. ^ 同特別捜査部検事として捜査に参加した前田恒彦は、2010年の障害者団体向け割引郵便制度悪用事件において捜査資料のフロッピーディスクを改竄し逮捕・起訴され(証拠隠滅罪)、懲戒免職処分を受け退官した。なお、著書のタイトルにもなった「佐藤知事は日本にとってよろしくない、抹殺する」と取り調べ中に発言したのは前田ではなく東京地検特捜部検事の森本宏である。

出典[編集]

外部リンク[編集]