大矢正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大矢 正(おおや ただし、1925年1月 – 1983年1月1日)は、日本政治家日本社会党参議院議員(3期)。

経歴[編集]

北海道出身。日本大学で学ぶ。北海道炭礦汽船に入り、戦後は労働運動に加わり、同労組委員長、北海道炭労委員長となる。1956年第4回参議院議員通常選挙北海道から日本社会党公認で立候補して初当選した。以来3期務める。この間参議院文教委員長、同石炭対策委員長、同公害対策及び環境保全特別委員長などを歴任した。1974年第10回参議院議員通常選挙に出馬せず引退。1983年死去。

参考文献[編集]


名誉職
先代:
宮沢喜一
最年少参議院議員
1956年7月 - 1959年7月
次代:
鮎川金次郎