北勝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北 勝太郎(きた かつたろう、1889年明治22年)9月14日[1] - 1963年昭和38年)2月21日)は、日本政治家衆議院議員(4期)・参議院議員(1期)。奈井江村初代村長。

経歴[編集]

石川県能美郡御幸村(現・小松市)出身。1894年、一家で砂川町奈井江に入植。1911年、空知農業学校卒業。卒業後は、家業の農業に従事。1915年大日本帝国陸軍に入営。少尉任官。砂川農村会長・奈井江産業組合長・奈井江水利組合長を兼任。1919年砂川町町議会議員に当選。1920年保証責任北海道信用購買販売組合聯合会(北聯、のちのホクレン理事および砂川農会会長。1924年大日本帝国陸軍中尉任官、1924年北海道議会議員に当選し、連続3期務めた。1931年空知郡農会会長を3期務める。1936年に第19回衆議院議員総選挙に、北海道4区から立候補し初当選した。日本農民党に所属。以後連続4期衆議院議員を務めた。1944年奈井江村初代村長を経て、終戦後は日本協同党に所属し、日本協同党副委員長を務めたが、公職追放の対象となる。追放解除後は、北海道農業委員会委員長を経て、1953年北海道選挙区より第3回参議院議員通常選挙に当選し、1期務めた。政界引退後、1955年より奈井江町農業協同組合組合長を務めた(1959年まで)。1960年2月8日には奈井江町名誉町民に選ばれる。1963年2月21日に逝去。町葬が営まれた。[2]

叙勲・受賞歴[3][編集]

エピソード[4][編集]

  • 農業界出身なだけに協同組合第一主義者であり、農民代表の立場から国会議員として活動し、北海道開発に尽力。農業界の指導力は抜群であったとされ、空知においては「農業の北(勝太郎)」と呼ばれた。
  • 1958年に奈井江町農協に胸像が建立された。
  • 砂川町から奈井江村を分村することに尽力。奈井江村初代村長に選任された。

家族[編集]

長男は31歳で夭折した元衆議院議員の北二郎。次男は元北海道開発庁長官北修二。三男は奈井江町長の北良治

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、34頁。
  2. ^ 以上につき、『奈井江町百年史 上巻 通史編』奈井江町、1990年、251-252頁。
  3. ^ 『奈井江町百年史 上巻 通史編』奈井江町、1990年、251頁。
  4. ^ 『奈井江町百年史 上巻 通史編』奈井江町、1990年、251頁。

参考文献[編集]

  • 髙木正夫『北海道建設人物事典』北海道建設新聞社、2008年、114頁
  • 『歴代国会議員名鑑 中巻』議会制度研究会、1995年、1852頁・2153頁