新谷寅三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
新谷寅三郎
しんたに とらさぶろう
生年月日 1902年10月30日
出生地 奈良県橿原市
没年月日 (1984-12-16) 1984年12月16日(満82歳没)
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 逓信省官僚
運輸通信省官僚・海運局長
党両院議員総会長
所属政党 緑風会→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
参議院永年在職議員
法学士

日本の旗 Postal Mark (Japan).svg 第25代 郵政大臣
内閣 第1次佐藤第2次改造内閣
在任期間 1966年8月1日 - 1966年12月3日

日本の旗 第43代 運輸大臣
内閣 第2次田中角榮内閣
在任期間 1972年12月22日 - 1973年11月25日

選挙区 全国区→)
奈良県選挙区
当選回数 7回(院内歴代最多)
在任期間 1947年5月3日 - 1984年12月16日
テンプレートを表示

新谷 寅三郎(しんたに とらさぶろう、1902年(明治35年)10月30日1984年(昭和59年)12月16日)は、昭和期の政治家官僚郵政大臣運輸大臣1974年勲一等旭日大綬章受章。

来歴・人物[編集]

奈良県高市郡八木町(現・橿原市)に、新谷寅蔵の三男として生まれる。畝傍中学校(現・奈良県立畝傍高等学校)、第一高等学校を経て、1925年東京帝国大学法学部政治学科を卒業、逓信省に入省する。灯台局長、海務院総務局長を経て、運輸通信省海運局長時代に東條英機首相から木造船の増産を命じられるも、「船釘を作る鉄が不足? 隠匿物資を探して来い」式のむちゃな指示にたまりかね辞職する。

戦後の1945年、同期入省の松前重義の要請により、逓信院次長となる(総裁は松前)。その後同院総裁心得を経て、1947年第1回参議院議員通常選挙に無所属で全国区から立候補し当選する。以後7回連続当選を果たし、生涯参議院議員を務める。1950年からは奈良県選挙区から当選を重ねる。党派は緑風会 - 自由民主党に所属。

自民党では石井光次郎派に所属する。労働政務次官、参院内閣、地方行政、大蔵、予算各委員長を経て、1966年第1次佐藤内閣第2次改造内閣で郵政大臣として初入閣する。1971年の参院議長選挙では、反重宗雄三グループ「桜会」の中心メンバーとして河野謙三議長実現に活躍した。

1972年第2次田中角栄内閣で運輸大臣。中央新幹線の奈良経由に尽力した[1][2]。その後は自民党党紀委員長、同両院議員総会長を務めた。1984年12月16日死去。享年82。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 奈良県議会副議長 井岡正徳 オフィシャルブログ”. 2014年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  2. ^ 平成二十三年 第三百四回定例奈良県議会会議録. 4. (2011-09-30). p. 286. http://www.pref.nara.jp/1690.htm. "リニア中央新幹線が奈良市付近を通ることにご尽力された人物として、新谷寅三郎先生の存在があったことを、県民の皆様とともに改めて思い起こし、記憶にとどめていただきたいと思っております。" 


名誉職
先代:
町村金五
最年長参議院議員
1983年7月 - 1984年12月
次代:
安孫子藤吉