塚田十一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塚田十一郎
つかだ じゅういちろう
生年月日 1904年2月9日
出生地 日本の旗 日本 新潟県
没年月日 1997年5月23日
出身校 旧制東京商科大学一橋大学の前身)
前職 旧制東京外国語学校助教授
鹿島組監査役
称号 勲一等旭日大綬章
親族 塚田一郎(子、参議院議員)

新潟県の旗 第45・46代新潟県知事
在任期間 1961年 - 1966年

内閣 第5次吉田内閣
在任期間 1953年 - 1954年

内閣 第5次吉田内閣
在任期間 1953年 - 1954年

内閣 第5次吉田内閣
在任期間 1953年 - 1954年
テンプレートを表示

塚田 十一郎(つかだ といちろう、男性、1904年2月9日1997年5月23日)は、日本政治家。元郵政大臣・元新潟県知事

来歴・人物[編集]

現在の新潟県上越市に、農業塚田亀之助の六男として生まれる。苦学の末、新潟県立高田中学校を経て1928年東京商科大学一橋大学の前身)を卒業するも、昭和金融恐慌後の不況により就職活動は難航、やがて伝をたどって小橋一太(元文部大臣)の居候兼書生となる。1931年小橋の紹介により東京外国語学校の事務局に入る。生徒課の窓口業務を担当していた頃、社用による外国語原書の翻訳依頼に訪れていた鹿島組鹿島守之助と知り合い、人物を認められる。その後助教授となり、民法などを講義していた。

長崎高商事務官に転じていた1938年、鹿島守之助のスカウトにより鹿島組に入社。監査役まで昇進する。戦後間もない頃、ある人物の紹介で田中角栄に会って意気投合し、政界進出を促す。やがて成り行きで自分も立候補することになり、1946年第22回衆議院議員総選挙日本自由党公認で旧新潟2区より出馬し、鹿島組の資金援助もあって当選を果たす。以後連続8回当選。

大蔵政務次官、衆院予算委員長などを務め、1953年5月第5次吉田内閣にて郵政大臣自治庁長官行政管理庁長官として入閣を果たす。この時、吉田茂が塚田と灘尾弘吉の何れを入閣させるべきかと大野伴睦に相談した際、官僚嫌いの大野が灘尾入閣に強く反対して塚田を推したという一幕があり、これを機に大野派入りする。しかし大野側近の神田博と感情的な対立が生じ、大野とも距離が生じる。すると今度は旧緒方竹虎派の番頭格であった石井光次郎に接近し、石井を次期総理総裁候補として売り出すのに一役買った(「石井派」という言葉を初めて使ったのは塚田だといわれている[1])。その甲斐があってか、石井と石橋湛山との2位・3位連合が成功して石橋政権が発足すると、塚田は政務調査会長として党三役入りするが、あえなく2ヶ月で政権は瓦解。次第に国政への意欲が薄れていく。石田博英らと並んで、「石橋短命政権」によって大きく運命を変えられた政治家の代表格といえるだろう。

1961年、新潟県知事に当選すると、1963年に高度成長産業誘致を主眼とした「新潟県総合開発計画」を策定、新潟東港建設や、江戸時代からの悲願であった信濃川関屋分水事業を推進した。1965年再選されるが、自民党所属県会議員らへの贈賄(二十万円中元事件)が発覚し、翌1966年3月に辞任する。

その後再び国政の場に転身し、1968年より参議院議員に計3回当選した。1974年勲一等旭日大綬章受章。1997年5月23日に死去。93歳没。

子に元衆議院議員の塚田徹(妻は松野頼三の子・元子)と、参議院議員の塚田一郎(母は十一郎の後妻、塚田常喜)がいる。

エピソード[編集]

  • 1964年新潟地震の時、塚田は東京に出張していた。上越新幹線もない時代で長時間を掛けてやっとの思いで新潟入りした塚田は作業着のまま被災者の避難所へ向かい「こんなことになってしまって…ほんとうに…」とだけ言うと絶句し、やがてすすり泣いた。その姿にもらい泣きをした被災者も多かったという。
  • 信濃川関屋分水路開削工事を進めるために、関屋地区に在った旧新潟競馬場の廃止と豊栄町(当時。のちに豊栄市を経て現新潟市北区)への新築移転に関わった経緯もあり、事業完成後の競馬場跡地の一角に設置された関分公園に建立された「新潟競馬場跡の碑」の揮毫を行っている[2]
  • 政治キャリアとしては殆ど同期の田中角栄や渡邊良夫と並んで新潟の保守本流三人男と称された。

脚注[編集]

  1. ^ 渡邉恒雄著『派閥-保守党の解剖』(弘文堂、1958年)144ページ
  2. ^ 新潟競馬場跡の碑 新潟市公式サイト『ニイガタカラ.net』


議会
先代:
増原恵吉
日本の旗 参議院内閣委員長
1977年 - 1978年
次代:
桧垣徳太郎
先代:
小坂善太郎
日本の旗 衆議院予算委員長
1951年 - 1952年
次代:
太田正孝
公職
先代:
北村一男
新潟県の旗 新潟県知事
第3代:1961年 - 1966年
次代:
亘四郎
先代:
高瀬荘太郎
日本の旗 郵政大臣
第5代:1953年 - 1954年
次代:
武知勇記
先代:
本多市郎
日本の旗 自治庁長官
第3代:1953年 - 1954年
次代:
西田隆男
先代:
本多市郎
日本の旗 行政管理庁長官
第11代:1953年 - 1954年
次代:
西田隆男
党職
先代:
水田三喜男
自由民主党政務調査会長
第2代:1956年 - 1957年
次代:
三木武夫