宮脇梅吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮脇梅吉

宮脇 梅吉(みやわき うめきち、1883年明治16年)9月12日 - 1941年昭和16年)1月12日[1])は、日本内務官僚。官選県知事

経歴[編集]

香川県大内郡水主村(現在の東かがわ市)出身。宮脇清吉の五男として生まれる。第一高等学校を経て、1909年東京帝国大学法科大学法律学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。同年12月、統監府判事となり、晋州大邱京城の各裁判所で勤務。

1913年6月、内務省に転じ埼玉県理事官・内務部学務課長に就任。以後、福井県警察部長、和歌山県警察部長、広島県警察部長、京都府警察部長、宮城県内務部長、広島県書記官・内務部長、石川県書記官・内務部長などを歴任。

1927年5月、和歌山県知事に就任。以後、埼玉県知事(第23代、第28代)、千葉県知事、岐阜県知事、新潟県知事を歴任。1936年4月、新潟県知事を辞し退官した。その後、日本人絹織物工業組合理事長を務めた。

その他[編集]

さいたま市誕生までの合併論議の歴史は古く、1927年に当時の官選知事の宮脇が提唱した“一大都市圏構想”に始まる。[2]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。

外部リンク[編集]