松野頼三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松野 頼三
まつの らいぞう
生年月日 1917年2月12日
出生地 熊本県山鹿市
没年月日 2006年5月10日(満89歳没)
死没地 東京都
出身校 慶應義塾大学
海軍経理学校
前職 日立製作所社員
所属政党 日本自由党→)
民主自由党→)
自由党→)
(自由民主党→)
(無所属→)
自由民主党
称号 正三位
旭日大綬章
衆議院永年在職議員
海軍主計少佐
法学士(慶應義塾大学)
親族 松野長八(祖父)
野田卯太郎(祖父)
松野鶴平(父)
野田俊作(おじ)
松野頼久(長男)
塚田徹(娘婿)

日本の旗 第36代 農林大臣
内閣 第1次佐藤第2次改造内閣
在任期間 1966年8月1日 - 1966年12月3日

日本の旗 第20代 防衛庁長官
内閣 第1次佐藤第1次改造内閣
在任期間 1965年6月3日 - 1966年8月1日

日本の旗 第16代 労働大臣
内閣 第2次岸改造内閣
在任期間 1959年6月18日 - 1960年7月19日

内閣 第2次岸内閣
在任期間 1958年6月12日 - 1959年6月18日

選挙区 熊本県第1区
当選回数 3回
在任期間 1980年6月23日 - 1990年1月24日

その他の職歴
日本の旗 衆議院議員
1947年4月26日 - 1979年7月25日
テンプレートを表示

松野 頼三(まつの らいぞう、1917年(大正6年)2月12日 - 2006年(平成18年)5月10日)は、日本政治家。軍人時代の最終階級海軍主計少佐位階正三位勲等旭日大綬章総理府総務長官労働大臣防衛庁長官農林大臣を歴任した。長男に松野頼久(政治家)、孫娘に松野未佳(2016年ミス日本グランプリ)がいる。

来歴・人物[編集]

熊本県山鹿市出身。松野鶴平の三男。麻布中学校を経て慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、日立製作所に入社。1940年(昭和15年)に海軍経理学校に入学し、海軍士官(海軍主計少佐)として終戦を迎える。

戦後、衆議院議員であった父・鶴平が公職追放にあったため、身代わりとして政界に入ることになる。また父の後を継いで熊本電気鉄道社長も務めた。吉田茂首相秘書官を経て、1947年(昭和22年)4月、第23回衆議院議員総選挙自由党公認で旧熊本1区から立候補して当選する。以後、当選15回(当選同期に田中角栄鈴木善幸中曽根康弘増田甲子七中山マサ倉石忠雄荒木万寿夫石田博英原田憲園田直櫻内義雄根本龍太郎佐々木秀世中村寅太など)。1955年(昭和30年)、保守合同により自由民主党に参加する。自民党では佐藤栄作派に所属し田中角栄、保利茂愛知揆一橋本登美三郎とともに「佐藤派五奉行」の一人に数えられる。

この間、岸信介・佐藤栄作両首相の兄弟に重用され、1958年(昭和33年)6月、第2次岸内閣総理府総務長官として初入閣したのを振出しに、労働大臣第2次岸改造内閣)、防衛庁長官第1次佐藤改造内閣)、農林大臣第1次佐藤再改造内閣)を歴任した。

1966年(昭和41年)、黒い霧事件が発覚。共和製糖事件に現職の農林大臣として調査に乗り出すも、10月19日、自身が新婚であった娘夫婦とラスベガスなどを旅行したのを官費旅行として申請していた事が発覚。辞職には追い込まれなかったものの、改造内閣ではポストはなく、黒い霧解散による総選挙も当選は果たしたが、自由民主党政務調査会長となるまで大臣級のポストから遠ざかった。

1972年(昭和47年)佐藤引退を受けて自民党内で巻き起こった角福戦争では、佐藤の意を受けて福田赳夫を支持した。田中退陣後は福田派に客分格として参加、三木武夫内閣時に自民党政務調査会長に送り込まれるなどしたが、三木おろしの渦中で、次第に福田と疎遠になり、三木シンパとなる。三木は、松野を中曽根康弘の後任の幹事長に起用しようとするが、福田、大平正芳の反対に遭い、総務会長に就任。これを期に福田派を離脱した。領袖であった福田からは「はぐれガラス」と批判されたが、福田派の中で唯一松野の意見を支持したのが当時の1年生議員・小泉純一郎(後の首相)であったという。なお、松野は小泉の父・小泉純也とは盟友関係であり、同じ福田派の小泉の後見人的立場でもあった。

1979年(昭和54年)、ダグラス・グラマン事件で、日商岩井から多額の金銭を受領したとして松野の名が上がり、この問題で5月に衆参両院の証人喚問を受けた。市川房枝に諄々と説かれるような喚問を受けた松野は絶句したという。結局、松野は「松野頼三を育てるための政治献金」と5億円の授受を認める答弁をした(政治資金規正法違反や収賄罪に関しては刑事時効が成立)。7月25日に衆議院議員を辞職し、自民党を離党した。10月7日第35回衆議院議員総選挙に立候補したが落選。1980年(昭和55年)6月22日第36回衆議院議員総選挙に再度立候補し当選、自民党に復党した。1984年(昭和59年)の自民党総裁選挙を前に対抗馬として二階堂進を立てようという二階堂擁立構想に参加した(松野と二階堂は同じ吉田学校出身であり、かつ九州出身、同じ佐藤派の幹部同士だったこともあり旧知の仲だった)。

1990年(平成2年)2月18日第39回衆議院議員総選挙に落選し、政界を引退。その後は、細川護煕の政治指南役をつとめ、細川の議員辞職後、後継に長男の松野頼久を推した。政界引退後も「政界のご意見番」として、小泉内閣発足後は「小泉首相の師」として積極的にマスコミに登場していた。

藤井裕久は、松野が2003年(平成15年)の民由合併に関与したとの趣旨の発言をしている(BS11デジタルINsideOUT 2009年8月31日)。

2006年(平成18年)5月10日、心不全のため東京都内の病院で死去した。享年89。死去する数日前までマスコミの取材に応じていた。死後、同日付けで従六位から正三位に昇叙され、旭日大綬章が授与された。

メディア[編集]

テレビ[編集]

週刊アサ秘ジャーナル』(TBS系)にたびたび出演し、自身の初出馬の折にリヤカーに乗って選挙運動した話や、往年の政治家たちの思い出などユーモアを交えつつ司会の浅草キッドらと政治談議を繰り広げた。グラビアアイドルが好きなことをよく話しており、「活力になるから興味をもつ」と理由を語っていた。

雑誌[編集]

自由民主党の顧問となってからは週刊朝日編集部の依頼で自らが幹事役となり有力な若手代議士と永田町の某料亭で鍋をつつきながら政治にまつわる裏話を聞き出した。この企画は「永田町の闇鍋」と呼ばれ同誌の年末恒例企画となっていた。

ラジオ[編集]

ミッキー安川とは旧友で、かつては同じアパートに住んでいた事もあった。安川のラジオ番組『ミッキー安川のずばり勝負』(ラジオ日本)にもしばしば出演した。

ミッキー安川が「松野さん、若さを保つ秘訣は?」と質問すると、「そりゃ、ミッキー、若い奴と付き合うことさ」と答えていた。また、ラジオ出演時には、アシスタントの篠田奈々の手を毎回にぎって帰った。「松野さん、あんた、何で毎回手をにぎって帰るのよ」と尋ねられると、「若さを保つためだな。年をとると、古くからの友人と話すことは、お墓とか人の批判ばっかりだよ、ミッキー。こうやって若い人の手をにぎると、若さを保てるんだなー」と語っていた。

ラジオ番組中で、一度だけ番組で松野が謝罪をしたことがあった。「この前、ラジオのファンから批判の手紙をもらったよ。松野さんは、いつも何かを食べながらしゃべっているから、食べないでやってほしいと書いてあってね。ミッキー、ラジオってのは恐ろしいもんだな。みかんとかを食べながら話していることが多かったが、ラジオ放送ってのは『心眼』があるね。耳で聞くぶん、心眼ってものがあるんだな。○○さん、申し訳なかった。食べながら話すのは止めましょう」と語った。

家族[編集]

祖父である松野長八は、地方政界で活動し村長などを務めた。母方の祖父である野田卯太郎は衆議院議員を務め、卯太郎の子にあたる野田俊作福岡県知事や参議院議員を歴任した。である松野鶴平(通称:ヅル平)は参議院議長などを歴任した。長男松野頼久や娘婿の塚田徹塚田十一郎の子)も衆議院議員を務めている。

著作[編集]

  • 『保守本流の思想と行動――松野頼三覚え書』(朝日出版社, 1985年)
  • 『細川・小沢政権陰陽のバランスが崩れるとき――権力のけもの道を知りつくした男松野頼三』(日本テレビ放送網, 1994年)
  • 『松野頼三オーラルヒストリー(上・下)』(政策研究大学院大学C.O.E.オーラル・政策研究プロジェクト, 2003年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
坂田英一
日本の旗 農林大臣
第36代:1966年
次代:
倉石忠雄
先代:
小泉純也
日本の旗 防衛庁長官
第20代:1965年 - 1966年
次代:
上林山栄吉
先代:
倉石忠雄
日本の旗 労働大臣
第16代:1959年 -1960年
次代:
石田博英
先代:
今松治郎
日本の旗 総理府総務長官
第2代:1958年 - 1959年
次代:
福田篤泰
党職
先代:
灘尾弘吉
自由民主党総務会長
第19代 :1976年
次代:
江崎真澄
先代:
山中貞則
自由民主党政務調査会長
第24代 : 1974年 - 1976年
次代:
櫻内義雄