星野重次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

星野 重次(ほしの じゅうじ、1895年明治28年)7月5日 - 1985年昭和60年)8月1日[1])は、日本の政治家参議院議員山梨県議会議長。

経歴[編集]

山梨県北都留郡初狩村(現大月市)で生まれる[1]1909年、初狩高等小学校を卒業[2]1937年大月町会議員に就任[1]

戦後、1947年、山梨県議会議員に当選し、その後、同議長を務めた[1]1970年山梨県選挙区第8回参議院議員通常選挙補欠選挙において当選し、参議院議員を一期務めた[1][2]。この間、参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長を務めた[1][2]

その他、大月織物工業組合理事、大月町消防団長、同町農業会長、改進党山梨県連会長、民主党県連会長、自由民主党県連会長、山梨県農業協同組合中央会会長、同県治山治水協会会長、農林中央金庫評議員、山梨県農業会議会長、同県信用農業協同組合連合会長などを務めた[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『山梨百科事典』増補改訂版、847-848頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』402頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『山梨百科事典』増補改訂版、山梨日日新聞社、1989年。