中野四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中野 四郎
なかの しろう
Nakano Shiro.JPG
1948年
生年月日 1907年1月25日
出生地 愛知県碧海郡新川町(現・碧南市
没年月日 (1985-10-21) 1985年10月21日(78歳没)
出身校 私立豊山中学校(現・日本大学豊山中学校・高等学校
前職 東京市会議員
所属政党 (三州農民党→)
日本農民党→)
農民協同党→)
改進党→)
新党同志会→)
無所属→)
自由民主党
称号 衆議院永年在職議員
配偶者

内閣 第1次大平内閣
在任期間 1978年12月7日 - 1979年11月9日

選挙区 旧愛知2区(大選挙区)→
旧愛知4区
当選回数 13回(通算)
在任期間 1946年4月11日 - 1955年1月24日
1960年11月20日 - 1972年11月13日
1976年12月10日[1] - 1985年10月21日

当選回数 1回
在任期間 1956年4月 - 1958年4月28日
テンプレートを表示

中野 四郎(なかの しろう、1907年1月25日 - 1985年10月21日)は、日本政治家衆議院議員(通算13期)、国土庁長官碧南市長などを歴任した。

来歴[編集]

愛知県碧海郡新川町(現・碧南市[2]に中野久吉、さだ夫妻の四男として生まれる。生家はどじょう屋[3]。小学校卒業後農機具店に奉公に出るが、13歳の時単身上京し、新聞配達などをしながら私立豊山中学校(現・日本大学豊山中学校・高等学校)で学ぶ。1923年9月に同校を中退。その後、大正デモクラシー期を代表する論客の一人であった茅原華山の知遇を得、門下生となる[4]1938年3月に東京市牛込区(現・新宿区)議会議員に当選、同区議2期目途中の1942年6月に東京市会議員に転じる。

戦後の1946年4月10日第22回衆議院議員総選挙大選挙区制の旧愛知2区から「三州農民党」で立候補し初当選[5]

1947年2月25日日本農民党の結成に参加し、委員長に就任。同年4月25日第23回衆議院議員総選挙では、中選挙区制となった旧愛知4区に同党から立候補し当選。

その後、農民協同党を経て1952年改進党中央常任委員となる。1955年2月27日総選挙ではあえなく落選。

1956年4月5日に行われた碧南市長選挙に立候補し当選。1958年4月25日に衆議院が解散すると、3日後の4月28日に速やかに市長職を辞職[6]5月22日に行われた第28回衆議院議員総選挙無所属で立候補するが再び落選。

1960年11月の第29回衆議院議員総選挙において、保利茂の労により自由民主党の公認を初めて受け、得票数順位3位で当選し中央政界に復帰を果たした。自民党では佐藤派 - 福田派に所属。自民党代議士会長、国会対策委員長、衆院予算委員長などを歴任した。

1978年第1次大平内閣にて国土庁長官として初入閣。1982年勲一等旭日大綬章受章。

1985年7月10日渋谷区の自宅で階段を踏みはずして東京女子医科大学病院に入院[7]7月16日朝、「足慣らしをする」と言って病院を抜け出し、車で議員会館へ向かうも事務所で容態が悪化。翌7月17日、酸素吸入器と人工蘇生器がつけられ、ひとことも口がきけないまま、10月21日急性心不全のため死去[7][4]。78歳没。

中野は雑誌記者であった一人息子を1981年に亡くしており[8]、このため熾烈な後継争いが起こる。1986年3月19日岡崎市出身の杉浦正健がようやく後継者に決まり[9]6月2日に衆議院が解散。同年7月の第38回衆議院議員総選挙で杉浦は初当選を果たした。

人物[編集]

  • 日本農民党の議員活動では隠退蔵物資等特別委員会のメンバーとして、厳しく不正を追及し名を馳せた。その姿はニュース映画「日本ニュース」にも収録されている[10]
  • 理髪店・美容院などの利益を擁護する「環境衛生議員連盟」の会長を長く務め、1967年の環境衛生金融公庫(現・株式会社日本政策金融公庫)設立に尽力した。

衆議院議員総選挙の結果[編集]

執行日 選挙 所属党派 当落
1946年4月10日 第22回 三州農民党
1947年4月25日 第23回 日本農民党
1949年1月23日 第24回 日本農民党
1952年10月1日 第25回 改進党
1953年4月19日 第26回 改進党
1955年2月27日 第27回 新党同志会
1958年5月22日 第28回 無所属
1960年11月20日 第29回 自由民主党
1963年11月21日 第30回 自由民主党
1967年1月29日 第31回 自由民主党
1969年12月27日 第32回 自由民主党
1972年12月10日 第33回 自由民主党
1976年12月5日 第34回 自由民主党
1979年10月7日 第35回 自由民主党
1980年6月22日 第36回 自由民主党
1983年12月18日 第37回 自由民主党

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院議員総選挙一覧表衆議院
  2. ^ 市長のC・Sメッセージ 平成22年11月01日 全国に誇れる碧南市の事物
  3. ^ 中日新聞』1980年6月5日付朝刊、13面、「衆院選候補者の横顔 (中)」。
  4. ^ a b 衆議院会議録情報 第103回国会 議院運営委員会 第7号
  5. ^ 1946年の当選同期には小坂善太郎二階堂進江崎真澄小沢佐重喜石井光次郎坂田道太水田三喜男村上勇川崎秀二井出一太郎早川崇などがいた。
  6. ^ 碧南市議会60年の活動
  7. ^ a b 朝日新聞』1987年4月2日、東海総合面。
  8. ^ 『朝日新聞』1987年4月1日、東海総合面。
  9. ^ 『朝日新聞』1987年4月25日、東海総合面。
  10. ^ 日本ニュース 戦後編 第129号|日本ニュース|NHK 戦争証言アーカイブス

関連項目[編集]


議会
先代:
赤城宗徳
日本の旗 衆議院懲罰委員長
1981年 - 1982年
次代:
天野光晴
先代:
田中正巳
荒舩清十郎
日本の旗 衆議院予算委員長
1978年
1970年 - 1971年
次代:
小此木彦三郎 (代理)
瀬戸山三男
先代:
山本猛夫
日本の旗 衆議院社会労働委員長
1961年 - 1962年
次代:
秋田大助
公職
先代:
櫻内義雄
日本の旗 国土庁長官
第7代:1978年 - 1979年
次代:
園田清充
党職
先代:
佐々木秀世
自由民主党国会対策委員長
第11代:1965年 - 1966年
次代:
佐々木秀世