相原久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相原 久美子
あいはら くみこ
生年月日 (1947-03-14) 1947年3月14日(74歳)
出生地 北海道三笠市
出身校 北海学園大学法学部卒業
前職 自治労中央執行委員
所属政党民主党→)
民進党→)
立憲民主党赤松グループ
称号 法学士

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2007年 - 2019年7月28日
テンプレートを表示

相原 久美子(あいはら くみこ、1947年3月14日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の元参議院議員(2期)。参議院内閣委員長などを歴任。

最終経歴は自治労本部組織局次長で、自治労の組織内候補として議員活動を行った[1]

略歴[編集]

1947年北海道三笠市に生まれる[2]1965年北海道岩見沢西高等学校を卒業[3]1969年北海学園大学法学部を卒業。キデイランドに就職。札幌支店に勤めたのち大阪に転勤。母親の体調悪化がきっかけで退職。レザークラフトを習い、教室などを開いた[4]

1986年より札幌市非常勤職員国民年金担当)。1995年より自治労札幌市役所職員組合特別執行委員。1998年より自治労北海道本部執行委員。2001年より自治労北海道本部副執行委員長。2003年より自治労中央執行委員。

2007年7月の第21回参議院議員通常選挙自治労の組織内候補[5][6]として民主党から比例区の候補者として出馬し、民主党候補中、個人名では最高の50万以上の得票で初当選した。

2012年2月3日、自治労中央本部の組織決定に準じ、北海道本部中央委員会の推薦候補に選ばれる。

2013年7月の第23回参議院議員通常選挙に比例区より出馬、再選。

2016年民進党代表選挙では蓮舫の推薦人となり、蓮舫の当選後、民進党常任監査に就任した。

2017年民進党代表選挙では菅直人有田芳生らとともに枝野幸男の推薦人となった[7]。代表選挙での前原誠司の元で副代表に任命された。11月17日大塚耕平代表の元で代表選挙管理委員長に任命された[8]

2018年5月の民進党と希望の党による新党には参加せず、5月7日に民進党を離党、立憲民主党に入党を申請、翌8日の常任幹事会で入党が承認された[9]

2018年5月14日、自治労は同月24、25日に開く中央委員会で次期参院選の立憲民主党候補者として、自治労特別中央執行委員の岸真紀子の擁立を正式に決めると発表した[10]。2019年7月の参院選で岸は当選し、相原は任期満了で退任した。

政策・主張[編集]

全日本自治労の組織内候補として[編集]

  • 開票速報番組の中のインタビューにおいて「『年金問題は自治労の責任だ』という批判が大変多いが?」との質問に「あの当時(1979年)、労働組合が職場の改善要求を出して何が悪いのか。50分働いて10分休む、それから、それが45分して15分休むとなって、基準値より上回る条件を得たが、だからといって休んでみんな寝てた訳ではありませんから」[22]と臆面もなく答えている。厚生労働省は旧労働省時代の1985年12月20日付け基発第705号「VDT作業のための労働衛生上の指針について」[23]において「一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業までの間に10分~15分の作業休止時間を設け、かつ、一連続作業時間内において1回~2回程度の小休止を設けること」などを事業者に求めているが、2002年に公表されたVDT作業における労働衛生環境管理のためのガイドライン[24]でも同様の規定がある。自治労本部も2007年6月11日に出した見解の中で「連続作業時間ごとに『操作しない時間』を設けることなどは、現在の厚生労働省ガイドラインにも盛り込まれている。」としている。

役職[編集]

  • 内閣委員会 [25]
  • 行政監視委員会
  • 政府開発援助等に関する特別委員会 (筆頭理事)
  • 立憲民主党政務調査会長代理

所属団体[編集]

  • 政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟[26]

脚注[編集]

  1. ^ 自治労ホームページ 自治労組織内候補「あいはらくみこ」いざ出陣[1]
  2. ^ 基本データ あいはらくみこFacebook[リンク切れ]
  3. ^ 議員情報 参議院ホームページ
  4. ^ 第104回 相原久美子議員”. みわちゃんねる突撃永田町!! (2009年). 2021年3月25日閲覧。
  5. ^ じちろう新聞
  6. ^ 自治労全国一般評議会 第2回定期総会開催!
  7. ^ “【民進党代表選】菅直人、有田芳生氏ら 枝野幸男氏推薦人”. 産経新聞. (2017年8月21日). http://www.sankei.com/politics/news/170821/plt1708210019-n1.html 
  8. ^ [2]民進党役員人事2017年11月17日/2017年12月25日閲覧
  9. ^ 【常任幹事会】国会議員11名の入党、佐々木隆博組織委員長の選任などを決定立憲民主党、2018年5月8日
  10. ^ “自治労、立憲から候補者擁立へ 来年夏の参院選比例区”. 朝日新聞. (2018年5月14日). https://www.asahi.com/articles/ASL5G3RS3L5GULFA00G.html 2019年7月23日閲覧。 
  11. ^ 連立政権誕生を受け、今こそ立法による解決を! ~10.28院内集会報告~
  12. ^ 韓国国会議員、日本側に慰安婦問題などの議論要求 聯合ニュース 2010年8月19日
  13. ^ 韓日議員40人「日本は植民地支配の被害賠償せよ」 中央日報 2010年8月12日
  14. ^ “「菅談話、まだ足りない」「慰安婦、サハリンの謝罪必要」… 日韓国会議員会議詳報 (2/3ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞). オリジナルの2010年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2010-0819-2058-03/sankei.jp.msn.com/politics/policy/100819/plc1008191901011-n2.htm 2017年2月19日閲覧。 
  15. ^ 韓国・朝鮮の遺族とともに」全国連絡会遺族招へい行動・第3回証言集会|集会等の報告|フォーラム平和・人権・環境
  16. ^ “民主、憲法審査会規程採決棄権の4氏を注意”. 読売新聞. (2011年5月19日) 
  17. ^ a b “参院憲法審査会の規程可決 民主の5氏は採決棄権”. 朝日新聞デジタル. (2011年5月18日). オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2011-0520-2152-29/www.asahi.com/politics/update/0518/TKY201105180190.html 2017年2月19日閲覧。 
  18. ^ 「高校無償化」 院内集会 年度内適用、必ず実現を 朝鮮新報 2011年2月11日
  19. ^ 米大統領宛に集団的自衛権行使容認「不支持」を要請 蓮舫氏ら 産経新聞 2014年4月21日
  20. ^ “2013参院選 比例代表 民主党 相原久美子”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01002001001 2014年4月29日閲覧。 
  21. ^ 選択的夫婦別姓の導入へ 民法の一部改正案を参議院に提出 民主党ニュース 2009年4月24日
  22. ^ 2007年7月29日MBS毎日放送「ちちんぷいぷい選挙特番」
  23. ^ http://www.soho-portal.org/zaitaku/guideline/guideline_04.html
  24. ^ 新しい「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」の策定について 厚生労働省発表 平成14年4月5日
  25. ^ 公式プロフィール
  26. ^ 自身のブログ、2015年3月6日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]