羽田雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羽田 雄一郎
はた ゆういちろう
Yūichirō Hata 20190516.jpg
2019年5月16日、内閣総理大臣官邸にて
生年月日 (1967-07-29) 1967年7月29日
出生地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
没年月日 (2020-12-27) 2020年12月27日(53歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都文京区
東京大学医学部附属病院
出身校 玉川大学文学部芸術学科児童専修課程卒業
前職 伊藤忠記念財団職員
羽田孜衆議院議員秘書
所属政党民主党→)
民進党→)
旧国民民主党/新政信州→)
立憲民主党
称号 従三位
旭日大綬章
学士(文学)(玉川大学・1992年
保育士
親族 羽田武嗣郎(祖父)
羽田孜(父)
羽田次郎(弟)
神津健(従弟)

内閣 野田第2次改造内閣
野田第3次改造内閣
在任期間 2012年6月4日 - 2012年12月26日

選挙区 長野県選挙区
当選回数 5回
在任期間 1999年 - 2020年12月27日
テンプレートを表示

羽田 雄一郎(はた ゆういちろう、1967年昭和42年〉7月29日 - 2020年令和2年〉12月27日[1])は、日本政治家

参議院議員(5期)、国土交通大臣(第17代)、参議院国土交通委員長、参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長民主党参議院国会対策委員長、同幹事長代行、同参議院幹事長民進党参議院幹事長、立憲民主党参議院幹事長などを歴任した。

来歴[編集]

東京都世田谷区で生まれた。成城学園中学校敬和学園高等学校玉川大学文学部芸術学科児童専修課程卒業。大学卒業後は伊藤忠記念財団に勤務し、子ども向け書籍の購入助成事業などで全国を駆け回った[2]。1997年より衆議院議員で自身の父親の羽田孜秘書を務める。

1999年10月、村沢牧社会民主党)の死去に伴う参議院長野県選挙区補欠選挙に、父・羽田孜が所属する民主党公認で立候補し、自由民主党の深沢賢一郎らを破り初当選。2001年第19回参議院議員通常選挙2007年第21回参議院議員通常選挙でも再選された。なお、2006年長野県知事選挙への出馬を要請されたが、辞退した。この選挙では現職の田中康夫が落選し、村井仁が初当選した。

2010年7月、民主党参議院国会対策委員長に就任。

国土交通大臣就任時の肖像写真

2012年6月4日に発足した野田第2次改造内閣において、国土交通大臣に就任、初入閣した[3]。また、同日付で、国務大臣としての所管事項として「海洋に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[4]を担当することとなった。野田第3次改造内閣では国交大臣に留任し、「海洋に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」は前原誠司国家戦略担当大臣へ担当が交代。

父が政界を引退したことに伴い、2012年12月の第46回衆議院議員総選挙にて父の地盤である衆議院長野3区から後継者として鞍替え出馬することを検討していたが、民主党が世襲候補者の選挙出馬を認めない方針を打ち出したことから、鞍替えの断念を余儀なくされた[5]

2013年7月の第23回参議院議員通常選挙では民主党への逆風の中で当選し、4選。同年8月、郡司彰参議院議員会長の下で、民主党参議院幹事長に就任。同月、沖縄及び北方問題に関する特別委員長に就任した。

2015年1月に行われた民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[6]

2017年9月に行われた民進党代表選挙後の執行部人事で幹事長代理に就任[7][8]。11月、小川勝也参議院議員が自身の長男の不祥事で離党届を提出したことに伴い、後任の参議院幹事長に就任した[9]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[10]、同党の役員室長に就任した[11]

2019年7月21日投開票の第25回参議院議員通常選挙で5選[12][13]

2020年1月30日、参議院本会議で2019年度補正予算案が採決された際、地元に大被害を出した令和元年東日本台風の復旧復興費を含む予算案だったことから、国民民主党の方針に造反して賛成票を投じた[14]。これを受け党は2月5日の役員会で厳重注意処分とした[15]。同年9月15日には、立憲民主党と国民民主党が合流して新たに誕生した立憲民主党に参加[16][17]、同党と社会民主党との参議院会派の幹事長に就任した[18][19]

新型コロナウイルスへの感染と死去[編集]

2020年12月27日16時34分、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のため、救急搬送された東京大学医学部附属病院で死去[20][21]。53歳没。同月24日深夜に38.6度の発熱などの症状を訴えており、25・26両日は公務を欠席して自宅で待機。27日に新型コロナウイルスPCR検査をクリニックで受ける予定で秘書の運転する車で医療施設に向かう途中で呼吸が荒くなるなど容体が急変、羽田が「俺、肺炎かな」といった後、会話が途切れたために秘書はその場で救急車を手配し東大病院に搬送されたが死亡が確認された[22][23][24][20]。翌28日に福山哲郎立憲民主党幹事長が明かしたところによれば、羽田には糖尿病高脂血症高血圧の基礎疾患があったという[20][21]

死亡後の東京都監察医務院による検視において、PCR検査で新型コロナウイルスの陽性が判明、発病から死亡までの期間は「不詳」とされた[21]。日本の現職国会議員が新型コロナウイルスに感染して死亡した初の事例になった[25][26]。羽田の死去に伴う参議院長野選挙区の補欠選挙は翌2021年4月25日に実施[27]され、雄一郎の弟・次郎が当選した[28]

2021年1月の参議院内閣委員会において参院議員の杉尾秀哉が今回の件について「痛恨の極みです。直前まで(羽田は)とても元気でした。本当に信じられません。改めて新型コロナの怖さ、問題点を指摘したい」と質問。「羽田さんのように急逝し、後で検査をして陽性だとわかったケースはたくさんある。もう一度、政策を見直してください」と無症状者へのPCR検査拡大等を訴えた。政府の新型コロナウイルス対策を担当する西村康稔経済再生担当大臣は「心からご冥福をお祈りしたいと思います。こういった事態が起こらないように全力を挙げて取り組んでいきたい」と応じた[29]

2021年1月19日、政府は死没日をもって従三位に叙し、旭日大綬章を追贈することを決定した[30][31]。5月19日、参院本会議での哀悼演説は親交のあった尾辻秀久が務めた[32]

政策・主張[編集]

重要課題
自身の重視する重要課題として、「国のかたちの再構築」「税の仕組みの再構築」「国民の暮らしと繁栄」を挙げている[33]
安全保障
憲法9条改正集団的自衛権の行使に反対[34]
原発
日本の原発について、当面は必要だが将来は廃止すべき[34]
原発の海外輸出を進めるべきでない[34]
選択的夫婦別姓制度
選択的夫婦別姓の導入に「どちらかと言えば賛成」[35]「賛同」[36]
静岡空港
2003年静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[37]
靖国神社
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会に所属しており、例年[38]終戦の日靖国神社を参拝している。国土交通大臣を務めていた2012年にも参拝を行い[39]、これが2009年の政権交代以来、初の民主党現職閣僚による終戦の日の靖国参拝となった(ただし、同日朝に参拝した松原仁国家公安委員会委員長が時間差で第1号)[40][41]。なお父・羽田孜も同会会員で、かつては会長も務めていた。しかし2019年1月、市民団体との会合で「安倍首相に参拝してもらいたいと言う人もいる。そことくみして良いのか」と語り脱会も含めた再考を行っていると発言した[42]

疑惑[編集]

2018年7月に発覚した文部科学省汚職事件において、贈賄容疑で逮捕された医療コンサルタント会社の役員の男に自身の政策顧問の肩書を持たせていたことを、文部科学省は10月30日の自民党部会で明らかにしている[43]

発言[編集]

中国製冷凍餃子中毒事件
2007年12月下旬から2008年1月にかけて発生した中国製冷凍餃子中毒事件への対応について、最初の事例発生から報道まで、約1か月経過していることを指摘し、「大きな責任が行政にある」と述べた[44]
尖閣諸島中国漁船衝突事件
2010年の尖閣諸島中国漁船衝突事件で、中国漁船海上保安庁巡視船に衝突した際のビデオ公開について、「国益を損なってはならず、慎重に取り扱う必要がある」と述べた[45]

人物[編集]

「羽田」という姓はもともと「」で、ルーツは二千数百年前、中国秦代にあるという[46]。父・羽田孜同様、夏季には省エネルックの愛用者であり[47]、冬季には人民服風のマオカラースーツの愛用者であった。

大の子ども好きで、保育士資格を有する[2]

母の祖父である津下紋太郎カルピス製造会長)がプロテスタントクリスチャンであった影響もあり、自身もプロテスタントであることを生前に明らかにしていた[48]。高校3年生の時、日本基督教団新潟教会で洗礼を受けた。2012年6月の野田第2次改造内閣での国土交通大臣就任記者会見で、プロテスタントのクリスチャンであることを話し、日本基督教団富士見町教会に所属しながらも、公務に忙殺され、なかなか通うことができない実情を語っていた[49]

家族・親族[編集]

羽田家

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “羽田雄一郎参院議員が死去”. 信濃毎日新聞. (2020年12月27日). https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2020122700358 2020年12月27日閲覧。 
  2. ^ a b <候補者の横顔>(上):参院選2019:中日新聞(CHUNICHI Web)” (日本語). 中日新聞 CHUNICHI Web. 2022年8月2日閲覧。
  3. ^ 「人事異動」『官報』号外特20号、国立印刷局2012年6月4日、1面。
  4. ^ 「人事異動」『官報』5817号、国立印刷局2012年6月8日、10面。
  5. ^ くら替え断念の羽田国交相が会見、民主の脱世襲方針で - 産経新聞2012年11月20日[リンク切れ]
  6. ^ 民主代表選候補の推薦人名簿 - 時事ドットコム2015年1月7日[リンク切れ]
  7. ^ “民進、幹事長代行に辻元氏”. 日本経済新聞. (2017年9月8日). オリジナルの2017年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170908144339/https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H4P_Y7A900C1EA3000/ 
  8. ^ “幹事長代行に辻元清美氏 民進党”. 朝日新聞. (2017年9月8日). オリジナルの2017年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/e8lel 
  9. ^ “参院幹事長に羽田氏 民進”. 日本経済新聞. (2017年11月17日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO23614620X11C17A1EA3000/ 
  10. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月24日閲覧。 
  11. ^ 国国民民主党設立大会 綱領・規約・人事等を決定 - 国民民主党2018年5月7日[リンク切れ]
  12. ^ 【参院選】羽田雄一郎氏(国民:現)が長野で当選(2019年7月21日、オールニッポンニュースネットワーク=ANN)2020年10月21日閲覧
  13. ^ 【参院選】長野 国民・羽田氏が5選(2019年7月22日、産経新聞)2020年10月21日閲覧
  14. ^ 国民の増子氏と羽田氏が補正予算採決で造反 無所属の桜井氏も賛成 参院本会議 毎日新聞 2020年1月30日
  15. ^ 国民民主党、補正予算造反2議員に処分産経新聞 2020年2月5日
  16. ^ 新「立憲民主党」誰が参加したのか 150人の名簿を掲載(2020年9月16日、NHK政治マガジン)2020年10月21日閲覧
  17. ^ 国民県連が立民との合流方針を報告 「野党団結を長野がリード」 県内5区で『野党統一候補』擁立も確認 (2020年8月24日、長野放送)2020年10月21日閲覧
  18. ^ 立憲参院会派会長、水岡氏に 幹事長に旧国民・羽田氏充て融和図る(2020年10月1日、毎日新聞)2020年10月21日閲覧
  19. ^ 立・社参院幹事長に羽田氏 - 産経新聞2020年10月2日[リンク切れ]
  20. ^ a b c “「俺、肺炎かな」直後に急死 羽田元国交相 立民・福山氏が明かす”. 産経新聞. (2020年12月28日). https://www.sankei.com/article/20201228-R35NUVHI55OG7MMVTSVMJJFU2Y/ 2020年12月28日閲覧。 
  21. ^ a b c 死去の羽田氏23日の弁当に手つけず すでに異変か - 日刊スポーツ 2020年12月28日
  22. ^ “立民・羽田雄一郎元国交相が死去 53歳”. 産経新聞. (2020年12月27日). https://www.sankei.com/article/20201227-EW7XGMKZEFLTNCLYYBYMXVS6UE/ 2020年12月27日閲覧。 
  23. ^ “立憲の羽田雄一郎参院幹事長が死去 PCR検査に向かう途中、容体が急変”. 毎日新聞. (2020年12月27日). https://mainichi.jp/articles/20201227/k00/00m/010/215000c 2020年12月27日閲覧。 
  24. ^ “「たいした熱じゃないから…」PCR検査断った立憲・羽田雄一郎衆院議員の悲劇(全2ページ)”. AERA dot.. (2020年12月28日). https://dot.asahi.com/wa/2020122800020.html?page=1 2020年12月28日閲覧。 
  25. ^ 日本放送協会. “死去した立民 羽田参院幹事長 新型コロナに感染 検査で確認”. NHKニュース. 2020年12月28日閲覧。
  26. ^ 死去した羽田氏 新型コロナ陽性 - 信濃毎日新聞 2020年12月28日
  27. ^ 参院長野でも4月補選 衆院北海道2区とダブルに―与党に逆風、解散戦略に影響も:時事ドットコム - ウェイバックマシン(2020年12月30日アーカイブ分)
  28. ^ 野党共闘の立民・羽田氏が初当選参院長野、「弔い合戦」制す - デイリースポーツ2021年4月26日[リンク切れ]
  29. ^ “杉尾議員が涙の質問「政策見直しを」 羽田議員の急逝で”. 朝日新聞DIGITAL. (2021年1月14日). https://www.asahi.com/articles/ASP1G54BCP1GUTFK00B.html?iref=comtop_7_03 2021年1月14日閲覧。 
  30. ^ 故羽田雄一郎氏に従三位 - 時事ドットコム 20211月年19日
  31. ^ 『官報』第422号12頁、令和3年1月29日
  32. ^ “「生きていて欲しかった」 自民重鎮が羽田氏に哀悼演説”. 朝日新聞DIGITAL. (2021年5月19日). https://digital.asahi.com/articles/ASP5M6FF1P5MUTFK009.html 2021年6月15日閲覧。 
  33. ^ 羽田雄一郎の政見[リンク切れ]
  34. ^ a b c 2013年参院選候補者アンケート、毎日新聞
  35. ^ 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  36. ^ 別姓通信61号
  37. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会
  38. ^ 靖国参拝見送り、中韓に配慮…自民との違い強調 - 読売新聞2010年8月16日[リンク切れ]
  39. ^ 羽田・下地氏、2閣僚が靖国参拝 例大祭に67議員で 朝日新聞 2012年10月18日
  40. ^ 松原、羽田両大臣が靖国参拝 民主閣僚で初 日テレNEWS24 2012年8月15日
  41. ^ 羽田国交相も靖国参拝 超党派グループの一員で 朝日新聞 2012年8月15日
  42. ^ 靖国参拝議連から脱会を検討/国民民主・羽田雄一郎氏”. 四国新聞社. 2020年12月27日閲覧。
  43. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年11月1日). “文科省贈収賄「元民進参院議員」「元民主衆院議員」関与と答弁” (日本語). 産経ニュース. 2019年7月20日閲覧。
  44. ^ 【参院予算委】「ねじれ国会」の成果=強行阻止・必要法案成立を強調 羽田議員 - 民主党2008年1月31日[リンク切れ]
  45. ^ 中国漁船衝突:ビデオ公開に慎重姿勢 民主・羽田氏 - 毎日新聞2010年10月1日[リンク切れ]
  46. ^ 羽田孜 「日本における秦(羽田)姓と私」1頁。
  47. ^ 「羽田国交相の愛車はヴェルファイア、その理由」、カーライフニュース、2012年7月9日。
  48. ^ 羽田大臣会見要旨”. 大臣会見. 国土交通省 (2012年6月5日). 2021年4月5日閲覧。
  49. ^ PCR検査直前に控えて 53歳、立憲民主党の羽田雄一郎氏が死去”. 日刊キリスト新聞. 日刊キリスト新聞 クリスチャンプレス (2020年12月29日). 2021年4月5日閲覧。
  50. ^ 理事・会員リスト・会員ホームページ パチンコチェーンストア協会
  51. ^ “羽田氏の急死、党関係者「大きな痛手」 地元にも衝撃”. 朝日新聞. (2020年12月29日). https://www.asahi.com/articles/ASNDX76J3NDXUOOB00T.html 2020年12月29日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
前田武志
日本の旗 国土交通大臣
第17代:2012年
次代
太田昭宏
議会
先代
田名部匡省
長浜博行
日本の旗 参議院国土交通委員長
2005年 - 2006年
2018年 - 2019年
次代
大江康弘
田名部匡代
先代
猪口邦子
日本の旗 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長
2013年
次代
林久美子
党職
先代
(結成)
立憲民主党参議院幹事長
初代:2020年
次代
森裕子
先代
小川勝也
民進党参議院幹事長
第3代:2017年 - 2018年
次代
国民民主党へ合流
先代
一川保夫
民主党参議院幹事長
2013年 - 2015年
次代
小川敏夫
先代
中川正春
馬淵澄夫
長妻昭
蓮舫
民主党幹事長代行
中川正春
長妻昭
菊田真紀子と共同

2013年 - 2014年
次代
(廃止)