上田稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上田 稔
うえだ みのる
生年月日 1914年5月8日
出生地 日本の旗 京都府京都市
没年月日 (2011-09-17) 2011年9月17日(97歳没)
死没地 日本の旗 京都府長岡京市
出身校 京都帝国大学工学部土木工学科卒業
前職 建設省職員
所属政党 自由民主党
称号 勲一等瑞宝章
従三位

日本の旗 第15代 環境庁長官
内閣 第2次中曽根内閣
在任期間 1983年12月27日 - 1984年11月1日

選挙区全国区→)
京都府選挙区
当選回数 4回
在任期間 1968年7月8日 - 1977年7月10日
1978年4月24日 - 1986年7月7日
テンプレートを表示

上田 稔(うえだ みのる、1914年5月8日 - 2011年9月17日[1])は、日本官僚政治家および技術士(建設部門)。京都府京都市出身。自由民主党参議院議員(4期)。勲一等瑞宝章受章。従三位

来歴・人物[編集]

1938年(昭和13年)京都帝国大学工学部土木工学科卒業[2]1938年内務省に入省。1939年(昭和14年)陸軍に召集され日中戦争に出征し、華北方面を転戦して1944年(昭和19年)に復員[2]大阪府土木部で道路と河川関係の業務に従事した[2]

戦後は建設省で、河川局治水課長補佐、近畿地方建設局河川部長、水資源開発公団関西支社長、九州地方建設局長、近畿地方建設局長などを歴任[2]。1964年(昭和39年)河川局長に就任し1968年(昭和43年)に退官[2]。同年7月の参院選全国区から自民党公認で出馬し初当選。1974年の参院選では3年議員として当選し1977年の参院選には不出馬だったが、1978年の参院京都府選挙区補選で国政復帰して通算当選4回。

議員在職中には北海道開発政務次官、参院地方行政委員長などを務め、1983年第2次中曽根内閣環境庁長官として初入閣を果たした。また、日本技術士会第12代会長(1987年5月から1993年6月)も務めていた。

1986年第14回参議院議員通常選挙に出馬せず、政界を引退。引退後は自由民主党京都府支部連合会顧問を務めた。

2011年9月17日、肺炎のため京都府長岡京市の自宅で死去。97歳没[1]。同日付で、従三位に叙された[3][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 時事ドットコム:上田稔氏死去(元環境庁長官)
  2. ^ a b c d e 『近代日本土木人物事典』pp.100-101
  3. ^ 正七位から進階。
  4. ^ 2011年(平成23年)10月25日付『官報』本紙。

参考文献[編集]

  • 「日本技術士会創立50周年記念誌」(2001年6月、日本技術士会創立50周年記念誌編集小委員会、p.5, p.26)
  • 高橋裕、藤井肇男共著『近代日本土木人物事典: 国土を築いた人々』鹿島出版会、2013年。

外部リンク[編集]

公職
先代
梶木又三
日本の旗 環境庁長官
第15代:1983年 - 1984年
次代
石本茂
議会
先代
原文兵衛
日本の旗 参議院地方行政委員長
1976年 - 1977年
次代
高橋邦雄
先代
安西愛子
日本の旗 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長 次代
山口淑子