松村謙三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつむら けんぞう
松村 謙三
Kenzō Matsumura cropped.jpg
1942年(昭和17年)4月
生年月日 1883年1月24日
出生地 日本の旗 日本 富山県南砺市
没年月日 (1971-08-21) 1971年8月21日(88歳没)
出身校 早稲田大学
前職 報知新聞記者
所属政党 立憲民政党→)
翼賛政治会→)
大日本政治会→)
日本進歩党→)
(無所属→)
新政クラブ→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章

日本の旗 第76代 文部大臣
内閣 第2次鳩山内閣
在任期間 1955年3月18日 - 1955年11月21日

日本の旗 第2代 農林大臣
内閣 幣原内閣
在任期間 1945年10月9日 - 1946年1月13日

日本の旗 第13代 厚生大臣
内閣 東久邇宮内閣
在任期間 1945年8月17日 - 1945年10月9日

選挙区 富山県第2区
当選回数 7回
在任期間 1952年10月2日 - 1969年12月2日

選挙区 富山県第2区
当選回数 6回
在任期間 1928年2月21日 - 1945年12月18日
テンプレートを表示

松村 謙三(まつむら けんぞう、1883年明治16年)1月24日 - 1971年昭和46年)8月21日)は、戦前昭和から戦後昭和にかけて活躍した日本政党政治家

人物[編集]

富山県福光町(現在の南砺市)出身の実業家、政治家。

経歴[編集]

早稲田大学卒業後、報知新聞社。その後家業の薬屋を継ぐ。町会議員、県会議員を歴任後、昭和3年に衆議院議員選挙(第一回普通選挙)で当選した。 戦前は立憲民政党に所属して衆議院選挙で連続6回当選、戦後いったん公職追放になるものの、追放解除後に改進党から自由民主党に所属して衆議院選挙で連続7回当選、合計13回の当選を果たした。

東久邇宮内閣厚生大臣文部大臣幣原内閣農林大臣第2次鳩山一郎内閣で文部大臣。改進党日本民主党時代は粟山博小山邦太郎鶴見祐輔中村三之丞川崎末五郎松浦周太郎ら旧民政党左派の政治家を結集し松村派を結成、保守合同後は三木武夫が率いる旧国民協同党系の三木派と合同し三木・松村派を結成した。 田川誠一は松村の秘書を務めた後政界に入り、田川以外の松村の弟子には古井喜実川崎秀二鯨岡兵輔らがいる。

1959年1月に自由民主党総裁選挙に立候補。反主流派の統一候補として、選挙3日前に出馬を決めたものであり、最初から勝ち負けを度外視したものであった。結果、岸320票に対し松村166票と数字上は大敗しているが、得票は予想を上回るものであった[1]

来歴[編集]

  • 1906年(明治39年)- 富山県立高岡中(現在の富山県立高岡高等学校)を経て早稲田大学政治経済学部卒業、報知新聞社に入社。
  • 1911年(明治44年)- 祖父・清治死亡。
  • 1912年(明治45年)- 父・和一郎死亡。報知新聞社を退社して帰郷。
  • 1917年(大正6年)- 福光町会議員に当選。
  • 1919年(大正8年)- 富山県会議員に当選。
  • 1928年(昭和3年)- 普通選挙法による初めての総選挙である第16回衆議院議員総選挙民政党公認で立候補し初当選。
  • 1929年(昭和4年)- 浜口内閣で農林大臣に就任した町田忠治の秘書官となり、以後は町田を師と仰ぐことになる。こののち町田は民政党総裁となる。
  • 1940年(昭和15年)- 政党解消に対して町田総裁らと最後まで抵抗したものの力尽き大政翼賛会に合流。
  • 1945年(昭和20年)- 東久邇宮内閣の厚生大臣兼文部大臣で初入閣、つづく幣原内閣では農林大臣を務める。日本進歩党の結成に参加。
  • 1946年(昭和21年)- 翼賛選挙で推薦候補だったことと、大日本政治会幹事長を務めたことが原因で公職追放
  • 1951年(昭和26年)- 追放解除。民政旧友会を経て新政クラブを結成。
  • 1952年(昭和27年)- 新政クラブと国民民主党等が合併して結成された改進党公認で第25回衆議院議員総選挙に立候補し政界に返り咲く。
  • 1955年(昭和30年)- 第2次鳩山一郎内閣で文部大臣に。この年保守合同自由民主党結党。「保守二党論」を掲げる松村は自民党への参加に躊躇するが、周囲の説得により結局参加することに。
  • 1959年(昭和34年)- 岸信介総理のタカ派的な姿勢を批判して、自由民主党総裁選挙に出馬するが惨敗。
  • 1962年(昭和37年)- 日中貿易に関する岡崎嘉平太全日空社長)提案をもって訪中。日中長期総合貿易に関する覚書(廖承志高碕達之助の頭文字をとってLT協定と呼ばれる)締結に尽力。翌年からLT貿易が開始された。
  • 1964年(昭和39年)- 池田勇人総理退陣時の後継総裁選出について、日中友好及び党人の立場から河野一郎を推す。派閥共同代表の三木幹事長が、川島正次郎副総裁とともに、池田指名に従い佐藤栄作を推したことに反発。脱派して松村派を再結成。
  • 1969年(昭和44年)- 片岡清一を後継者に指名して政界から引退。

業績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福光町 『合併五十周年記念誌 福光町の歩み』 福光町役場企画情報課、2002年、p72。

文献[編集]

関連項目[編集]


先代:
岡田忠彦
厚生大臣
第13代:1945年
次代:
芦田均
先代:
千石興太郎
農林大臣
第2代:1945年 - 1946年
次代:
副島千八
先代:
太田耕造
文部大臣(兼任)
第62代:1945年
次代:
前田多門
先代:
安藤正純
文部大臣
第76代:1955年
次代:
清瀬一郎
先代:
吉田茂
最年長衆議院議員
1963年 - 1969年
次代:
益谷秀次