岡田広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡田 広
おかだ ひろし
生年月日 (1947-01-31) 1947年1月31日(71歳)
出生地 茨城県水戸市
出身校 立命館大学産業社会学部
所属政党 自由民主党石原派→無派閥)
公式サイト 参議院議員 岡田広 公式サイト

選挙区 茨城県選挙区
当選回数 4回
在任期間 2003年 - 現職

当選回数 3回
在任期間 1993年10月17日 - 2003年3月20日
テンプレートを表示

岡田 広(おかだ ひろし、1947年1月31日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(4期)。

厚生労働大臣政務官内閣府副大臣復興副大臣水戸市長(3期)、茨城県議会議員(2期)を務めた。

来歴[編集]

茨城県水戸市生まれ。茨城県立水戸商業高等学校立命館大学産業社会学部卒業。大学卒業後、岩上妙子岩上二郎参議院議員の秘書を務める。

1986年茨城県議会議員選挙に出馬し、初当選。1993年、2期目の任期途中、佐川一信茨城県知事選出馬に伴う辞職により実施された水戸市長選挙に県議を辞職して出馬し、当選。水戸市長を3期10年間務めた。

2003年水戸市長を3期目の任期途中で辞職。久野恒一の死去に伴う茨城県選挙区補欠選挙自由民主党公認で出馬し、当選。2004年第20回参議院議員通常選挙で再選。2005年厚生労働大臣政務官に就任。

2009年、引退する山口武平(茨城県議会議員)の後任として自民党茨城県連会長に就任した。2010年第22回参議院議員通常選挙で3選。

2013年9月、内閣府副大臣復興副大臣に就任。同年10月、自民党茨城県連会長を任期途中で辞任(後任は梶山弘志)。

2016年第24回参議院議員通常選挙で4選。

政策・活動[編集]

  • 2011年、ODA削減案に反対する超党派連合のメンバーに名を連ねた[1][2]
  • 2004年には選択的夫婦別姓法案導入に賛成する[3]としていた。一方、2016年の朝日新聞の選択式アンケート調査では、反対としている[4]
  • 受動喫煙防止を目的とした健康増進法改正案に反対。
    • 2017年2月15日の厚生労働部会において、「『オリンピックがあるから』だけで全て進めるのは無理があるのではないか」「喫煙者を締め出して、隠れて吸って火災を誘発することも懸念、大変重要な問題ではないか」と主張した[5]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
石井正弘
日本の旗 参議院決算委員長
2016年 - 2017年
次代:
二之湯智
先代:
藤原正司
日本の旗 参議院内閣委員長
2007年 - 2008年
次代:
愛知治郎
公職
先代:
寺田稔秋葉賢也
日本の旗 復興副大臣
愛知治郎と共同

2013年 - 2014年
次代:
長島忠美西村明宏
先代:
西川京子藤井基之
日本の旗 厚生労働大臣政務官
西川京子と共同

2005年 - 2006年
次代:
菅原一秀松野博一
先代:
佐川一信
水戸市旗 水戸市長
第17代:1993年 - 2003年
次代:
加藤浩一