武藤金吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武藤金吉

武藤 金吉(むとう きんきち、慶応2年5月15日1866年6月27日) - 昭和3年(1928年4月23日[1])は、日本の政治家・衆議院議員立憲政友会)、実業家。族籍は群馬県平民[2]

経歴[編集]

上野国山田郡休泊村(現在の群馬県太田市)出身。武藤房吉の長男[2]英吉利法律学校(現在の中央大学)を卒業した[2]東奥日報創刊とともに記者となり、自由民権を主張した。1899年(明治32年)には自ら「実業新聞」を創刊した。また蚕糸業の発展に尽力し、帝国蚕糸株式会社専務取締役、大日本蚕糸会評議員などの職に就いた。その他山保毛織株式会社社長、群馬県農工銀行取締役などを歴任した。

1904年(明治37年)の第9回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、8回当選を重ねた。田中義一内閣内務政務次官に就任したが、在職中に死去した。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

武藤家

群馬県、東京芝南佐久間町[2]

  • 父・房吉[2]
  • 母・サダ(群馬、篠原利平の二女)[2]
1845年 -
  • 妻・ミツ(京都、石留寅次郎の姉)[2]
1868年 -
  • 養子・金之丞[2]
1901年 -
  • 養子・武男[2]
1903年 -

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第396号、昭和3年4月26日
  2. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 7版』む4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月30日閲覧。
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 7版』人事興信所、1925年。
  • 『衆議院要覧(乙)昭和三年』 衆議院事務局1928年