吉川芳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉川 芳男
よしかわ よしお
生年月日 (1931-10-25) 1931年10月25日
出生地 新潟県
没年月日 (2018-04-06) 2018年4月6日(86歳没)
出身校 早稲田大学第一政治経済学部
前職 新潟県議会議員
所属政党 自由民主党田中派堀内派
称号 勲一等瑞宝章

日本の旗 第68代 労働大臣
内閣 第2次森内閣
在任期間 2000年7月4日 - 2000年12月5日

当選回数 3回
在任期間 1983年7月10日 - 2001年7月22日

当選回数 5回
テンプレートを表示

吉川 芳男(よしかわ よしお、1931年10月25日 - 2018年4月6日[1])は、日本政治家。元自由民主党参議院議員(3期)。

来歴・人物[編集]

新潟県出身。早稲田大学第一政治経済学部卒業。新潟県議会議員を5期務めた後、1983年の参議院議員選挙に出馬し初当選。当選3回。自民党内では当初田中派→二階堂グループに属したが、二階堂グループ解散後は宏池会宮澤喜一派)に合流。1988年12月、竹下改造内閣科学技術政務次官に就任し、翌年の宇野内閣まで務めた。2000年7月、第2次森内閣労働大臣として初入閣。同年に派閥領袖の加藤紘一が起こした加藤の乱には与せず、加藤派から独立した堀内派に参加した。2001年1月、7月の第19回参議院議員通常選挙の自民党公認候補に決定したが、新進党から自民に入党した現職の長谷川道郎第18回参議院議員通常選挙に自民党公認で立候補し落選した前職真島一男の公認・推薦を巡り自民党本部と新潟県連が対立。こうした中、同年3月、急病のため入院。4月、病気を理由に公認を辞退。政界引退となった。2001年、勲一等瑞宝章受章。

2018年4月6日、肺炎のため死去[1]。86歳没。

脚注[編集]

  1. ^ a b 吉川芳男氏が死去 最後の労相、元自民党参院議員”. 新潟日報 (2018年4月7日). 2018年4月8日閲覧。
議会
先代:
永田良雄
日本の旗 参議院農林水産委員長
1992年 - 1993年
次代:
石井一二
公職
先代:
牧野隆守
日本の旗 労働大臣
第68代:2000年
次代:
坂口力