中村太郎 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中村 太郎(なかむら たろう、1918年1月2日 - 2011年4月22日[1])は、日本政治家山梨県議会議員参議院議員労働大臣

来歴・人物[編集]

山梨県東山梨郡勝沼町(現:甲州市)出身。1941年早稲田大学法学部を卒業。第二次世界大戦陸軍主計大尉として満州へ出征。

1950年、峡東貨物株式会社社長に就任し、山梨市教育委員会委員長などを歴任。1959年、山梨県議会議員に当選し4期務めた。その間、自由民主党山梨県支部連合政調会長、同議員団会長、県議会議長などを歴任。

1974年7月の第10回参議院議員通常選挙山梨県選挙区から自由民主党公認で立候補し当選。以後、第12回第14回参議院議員通常選挙で再選され3期務め、1992年7月の第16回参議院議員通常選挙には出馬せず引退した。

参議院議員としては、参議院大蔵委員長、同税制問題等に関する特別委員長、自民党参院国会対策副委員長、自民党内閣副部会長、自民党副幹事長、参院自民党政策審議会長、自民党参院国会対策委員長、自民党参議院議員副会長などを務めた。また、第1次大平内閣大蔵政務次官竹下内閣の労働大臣を歴任。

その他、山梨県交通安全協会会長、同県労働基準協会会長などを務めた。

2011年4月22日、老衰のため甲府市の病院で死去。93歳没[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:中村太郎氏死去(元労相、元自民党参院議員)

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』衆議院・参議院編、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。


議会
先代:
平井卓志
日本の旗 参議院予算委員長
1991年 - 1992年
次代:
遠藤要
先代:
世耕政隆
日本の旗 参議院大蔵委員長
1980年 - 1981年
次代:
河本嘉久蔵
公職
先代:
平井卓志
日本の旗 労働大臣
第50代:1987年 - 1988年
次代:
丹羽兵助