米長晴信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
米長 晴信
よねなが はるのぶ
生年月日 (1965-10-21) 1965年10月21日(51歳)
出生地 山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町
出身校 上智大学文学部ドイツ文学科
前職 フジテレビ記者
所属政党 民主党→)
無所属→)
みんなの党→)
無所属
称号 文学士
公式サイト 米長はるのぶ公式ホームページ

選挙区 山梨県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月29日 - 2013年7月28日
テンプレートを表示

米長 晴信(よねなが はるのぶ、1965年10月21日 - )は、日本政治家。元参議院議員(1期)。本名 鈴木 晴信(すずき はるのぶ)。

叔父日本将棋連盟元会長で永世棋聖の故米長邦雄[1][2]

来歴[編集]

山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町)生まれ。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。大学卒業後は1990年フジテレビに入社[2]。報道部門を歩み、『ニュースJAPAN』、『FNNスーパーニュース』チーフディレクター、社会部やベルリン支局長や政治部キャップを務める[2]

2007年にフジテレビを退社。同年7月、第21回参議院議員通常選挙民主党代表だった小沢一郎からの要請を受け、民主党公認で山梨県選挙区から出馬し、初当選した。この選挙では叔父である米長邦雄が選挙対策本部の特別顧問を務めている。

民主党内では鳩山グループに所属しており、小沢一郎とも近い関係にあった。

2012年7月6日、消費税増税法案を含む社会保障・税一体改革関連法案に反対する意向を表明し、民主党に離党届を提出[3]。離党届は同年7月9日に受理された。

2013年1月、みんなの党の参議院会派に加入する[4]。同年2月、みんなの党へ正式に入党した[5]。同年7月の第23回参議院議員通常選挙では日本維新の会からも推薦を受けたが、落選した。第24回参議院議員通常選挙では引退を表明した輿石東の後継候補とするよう打診したが実現せず無所属で出馬[6]。3年ぶりの返り咲きを目指すが、結果輿石の正式な後継候補である民進党公認、日本共産党社会民主党推薦の宮沢由佳に敗れ落選[7]

政治主張および主義[編集]

  • 民主党を離党するきっかけとなった消費税増税に反対の立場を貫いている[8]
  • 選択的夫婦別姓制度に「どちらかといえば反対」[9]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]