横内公明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横内 公明
よこうち こうめい
生年月日 (1944-03-22) 1944年3月22日(77歳)
出生地 日本の旗 日本 山梨県韮崎市
出身校 日本大学理工学部卒業
前職 横内商事代表取締役
所属政党 無所属
親族 父・横内要韮崎市長
兄・横内正明山梨県知事

当選回数 2回
在任期間 2006年11月28日 - 2014年11月27日

山梨県の旗 第107代 山梨県議会議長
在任期間 2000年10月11日 - 2001年6月26日

山梨県の旗 山梨県議会議員
選挙区 韮崎市選挙区
当選回数 4回
在任期間 1991年 - 2006年8月10日
テンプレートを表示

横内 公明(よこうち こうめい、1944年3月22日 - )は、日本政治家山梨県韮崎市(2期)、山梨県議会議長(第107代)、山梨県議会議員(4期)などを歴任した。

山梨県知事横内正明は兄。元山梨県韮崎市長の横内要は父。

来歴[編集]

山梨県韮崎市生まれ。日本大学理工学部卒業。1961年、大洋紡績に入社。1968年、韮崎紡績に入社。1987年に横内商事を設立し、同社代表取締役に就任。

1991年4月、山梨県議会議員選挙に出馬し、初当選を果たした。1995年1999年2003年にも山梨県議に再選され、4期連続当選。2000年10月11日山梨県議会議長に就任し、翌2001年6月26日まで務める[1][2]

2006年韮崎市長選挙[編集]

2006年8月10日、4期目の任期途中で山梨県議を辞職[3]。同年11月19日韮崎市長選挙に出馬し、現職の小野修一韮崎市長を破り当選[4]

※当日有権者数:25,246人 最終投票率:74.95%(前回比:-pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
横内公明62無所属10,444票56.2%-
小野修一63無所属8,136票43.8%-

2010年韮崎市長選挙[編集]

2010年11月7日、韮崎市長選挙で再選を果たした[5][6][7]

※当日有権者数:25,065人 最終投票率:45.75%(前回比:-29.2pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
横内公明66無所属10,265票91.5%-
渡辺栄司37無所属950票8.5%-

2014年7月28日、定例記者会見の席にて「11月執行予定の韮崎市長選挙に出馬せず、2期目の任期満了を以て市長職を退任する」ことを発表した[8]。これにより、兄で山梨県知事でもある正明と共にそれぞれ任期満了を以って政界を退くこととなった。

脚注[編集]

  1. ^ “県議会議⻑に横内公明氏を選出 /山梨”. 朝日新聞 (甲府): p. 35. (2000年10月12日) 
  2. ^ “県議会議⻑に保坂武氏を選出 21議案を可決し閉会 /山梨”. 朝日新聞 (甲府): p. 35. (2001年6月27日) 
  3. ^ “横内県議が辞職 韮崎市⻑選向け /山梨県”. 朝日新聞 (甲府): p. 23. (2006年8月11日) 
  4. ^ 韮崎市長選挙 - 2006年11月19日投票 | 山梨県韮崎市” (日本語). 選挙ドットコム. 2021年9月4日閲覧。
  5. ^ “韮崎市長選に1氏 現職と新顔、選挙戦に /山梨県”. 朝日新聞 (甲府): p. 29. (2010年11月1日) 
  6. ^ 韮崎市長選挙結果(平成22年11月7日執行) 韮崎市選挙管理委員会
  7. ^ 韮崎市長選挙 - 2010年11月07日投票 | 山梨県韮崎市” (日本語). 選挙ドットコム. 2021年9月4日閲覧。
  8. ^ 兄の知事に続き「そろそろ」と引退表明した市長 読売新聞 2014年7月28日閲覧
公職
先代:
小野修一
Flag of Nirasaki Yamanashi.JPG 山梨県韮崎市長
第2代:2006年 - 2014年
次代:
内藤久夫