保坂司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
保坂 司 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ホサカ ツカサ
ラテン文字 HOSAKA Tsukasa
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1937年3月3日(79歳)
出身地 山梨県甲府市
身長 175cm[1]
体重 68kg[1]
選手情報
ポジション GK
ユース
山梨県立甲府第一高校
1955-1958 明治大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1959-1968 古河電気工業 47 (0)
代表歴
1960-1964 日本の旗 日本 19 (0)
監督歴
1973-1977 甲府サッカークラブ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

保坂 司(ほさか つかさ、1937年3月3日 - )は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはゴールキーパー山梨県議会議員も務めた。

来歴[ソースを編集]

積翠寺温泉(甲府市)の旅館「古湯坊 坐忘庵」の保坂家の22代目であり、サッカーは山梨県立甲府第一高校の3年次より始めた。当初はウィングであったが、その後にGKにポジションを変更し、同年の第9回国民体育大会では準優勝を経験した[2]。進学した明治大学でもサッカー部に所属、1年次よりスタメンに定着した[2]

大学卒業後は古河電工サッカー部に入部。古河では実業団初となる天皇杯獲得に貢献した[3]

1960年11月6日の韓国代表戦で日本代表として初出場[1]。1964年の東京五輪でもレギュラーと目されていたが、大会直前の遠征で手を骨折してしまい、横山謙三にポジションを譲る事になった。その後も1967年までプレイした。

引退後は日本蹴球協会技術指導委員、甲府サッカークラブ(現ヴァンフォーレ甲府)監督(1973年-1977年)を歴任。また、山梨県議会議員も務めた。

1998年の第18回参議院議員通常選挙山梨県選挙区自由民主党公認で立候補して169,633票を獲得したが、183,721票を獲得した民主党公認の輿石東に敗れた。現在は古湯坊 坐忘庵会長を務めている[2]

所属クラブ[ソースを編集]

個人成績[ソースを編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 古河 JSL 0 -
1966 0 -
1967 0 -
1968 0 -
通算 日本 JSL 47 0 -
総通算 47 0 -

代表歴[ソースを編集]

出場大会[ソースを編集]

試合数[ソースを編集]

  • 国際Aマッチ 19試合 0得点(1960-1964)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1960 1 0 2 0 3 0
1961 6 0 3 0 9 0
1962 6 0 5 0 11 0
1963 5 0 7 0 12 0
1964 1 0 6 0 7 0
1965 0 0 2 0 2 0
1966 0 0 0 0 0 0
1967 0 0 2 0 2 0
通算 19 0 27 0 46 0

監督成績[ソースを編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1973 JSL2部 甲府ク 準優勝 18 26 12 2 4 - 予選敗退
1974 5位 18 20 8 4 6 -
1975 7位 18 14 5 4 9 -
1976 8位 18 12 4 4 10 予選敗退
1977 5位 18 32 6 2PK勝 4PK敗 6 予選敗退

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c FIFAワールドカップチリ予選”. 日本サッカー協会. 2016-2--25閲覧。
  2. ^ a b c 「古湯坊・坐忘庵 甲府市 「隠し湯」継いだ東京五輪GK/山梨県」朝日新聞、2014年11月14日、2016年2月25日閲覧
  3. ^ オリンピック代表監督からワールドカップ招致まで 40年間を日本協会とともに 長沼健(下)”. 賀川サッカーライブラリー. 2013年9月6日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]