岩間友次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩間 友次 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イワマ トモツグ
ラテン文字 IWAMA Tomotsugu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1947年
没年月日 (2006-03-12) 2006年3月12日(59歳没)
ユース
日本体育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
甲府サッカークラブ
監督歴
1978 甲府サッカークラブ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

岩間 友次(いわま ともつぐ、1947年 - 2006年3月12日)は日本サッカー選手およびサッカー指導者。

略歴[編集]

山梨県立石和高校を卒業後、日本体育大学に入学してサッカー部に所属し、主将を務めた。

大学卒業後の1969年山梨県立農林高校教諭に赴任。その後、山梨県立石和高校、山梨県立山梨園芸高校山梨県立山梨高校(定時制)でも教諭を務めた[1]

1969年から甲府サッカークラブ (現在のヴァンフォーレ甲府) の選手として活動。1978年には甲府クラブの監督を務めた[1]。監督辞任後も高校教諭として教壇に立ちながら山梨県サッカー協会理事や第41回国民体育大会 (かいじ国体) のサッカー山梨県代表チームの強化部長を兼任。甲府クラブがヴァンフォーレ甲府として法人化する際に私財を投じて支援し、Jリーグ参入に貢献した[1]。ヴァンフォーレのJリーグ参入後は法人会員となり、妻とともに毎試合ホームゲームを観戦していた[1]

山梨高校で定年を間近に控えていた2006年3月12日午後8時45分頃、笛吹市の自宅前で石和高校時代の教え子 (当時42歳) に刺殺された。享年59[1]。告別式には岩間を慕う多くの教え子達が訪れた。

教え子には、2002年に監督としてジュビロ磐田を優勝に導いた鈴木政一などがいる。

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1978 JSL2部 甲府ク 8位 18 12 3 5 10 予選敗退 予選敗退

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “教え子「24年前の恨み」甲府元監督を刺殺”. スポーツ報知. (2006年3月14日)