被害妄想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

被害妄想(ひがいもうそう、英語: Persecutory delusion)とは、妄想性障害のひとつであり、自分に被害もしくは危害が及ばされていると確信している妄想[1]

妄想性障害においては典型的な症状であり、その訴えは明快で論理的であり体系化されている[1]。怒りの対象に対して行動化をとり、訴訟を起こしたり、ときには攻撃・殺害したりすることもある[1]

一方で統合失調症などに見られる被害妄想は、それと対照的である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.7.4。ISBN 978-4895928526 

関連項目[編集]