社会的相互作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

社会的相互作用(しゃかいてきそうごさよう)または社会的インタラクション: Social interaction)、対人的相互反応とは、個人(やグループ)間の動的に変化する一連の社会的行為であり、その個人は相互作用のパートナーの行為への反応として自らの行為を変化させる。すなわち社会的相互作用とは、人々が状況に意味を持たせ、他者が意味しているものを解釈し、それに応じて反応する事象である。

社会的相互作用は次のように分類可能である:

突発的(社会的接触
計画的でなく、繰り返されないことが多い。
例えば、見知らぬ人に道を尋ねたり、店員にある商品があるか尋ねたりする行為。
反復的
計画的でなく、間隔を置いて繰り返し発生する。
例えば、近所を歩いていて、隣家の住人とばったり出会うことなど。
通常的
計画的でないが非常に典型的で、それが起きないと「何故そうならないのだろう」という疑問が生じる。
例えば、職場の入り口で警備員に会うことや、同じレストランで夕食をとることなど。
規定的
計画的であり、習慣や法律で規定されていて、それが起きないと(通常的なものと同様の)疑問が必ず生じる。

社会学的階層において、社会的相互作用は行動行為社会的行動社会的行為などの上位にあり、より上位の概念として社会的関係がある。すなわち、社会的相互作用は社会的行為群から構成され、社会的関係の基盤となっている。

診断基準において[編集]

自閉症スペクトラム障害 (ASD)
DSM-5の診断基準では、「社会的相互作用の欠陥」と「限定された興味」が挙げられる[1]

脚注[編集]

  1. ^ Harold I. Kaplan; Benjamin J. Sadock; Virginia A. Sadock; Pedro Ruiz 著、四宮滋子、田宮聡 訳、井上令一 監修 編 『カプラン臨床精神医学テキスト: DSM-5診断基準の臨床への展開』(3版)メディカル・サイエンス・インターナショナル、2016年5月31日、Chapt. 31.5。ISBN 978-4895928526OCLC 1183168045 

関連項目[編集]