偏執病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Paranoia
分類及び外部参照情報
ICD-10 F20.0, F22.0, F22.8, F60.0
ICD-9 295.3, 297.1, 297.2
MeSH D010259

偏執病(へんしゅうびょう、偏執症)、パラノイア: paranoia)は、 不安恐怖の影響を強く受けており、他人が常に自分を批判しているという妄想を抱くものを指す[1]

自らを特殊な人間であると信じたり、隣人に攻撃を受けている、などといった異常な妄想に囚われるが、強い妄想を抱いている、という点以外では人格や職業能力面において常人と変わらない点が特徴。

定義[編集]

DSM-IV-TRにおいては、パラノイアの用語は以下の診断名で使われている。

症状[編集]

挫折侮辱拒絶などへの過剰反応、他人への根強い猜疑心(さいぎしん)。自分は特別で何者かに監視、要注意人物と見られていると思う。
超人、超越者、絶対者という存在へと発展する。
  • 激しい攻撃性
誹謗中傷など。弱肉強食というような考えで弱者に対して攻撃的である。
自分が世界の中心ではという妄想で絶対者ではないかという妄想。
独占欲は多数から100%に向かう。独裁者的な妄想を持つ。
悪魔的なものに美しさを見る。いわゆる『中二病』とは異なる。

脚注[編集]

  1. ^ Cambridge Dictonary

関連項目[編集]