甲府サッカークラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甲府サッカークラブ
原語表記 甲府サッカークラブ
呼称 甲府クラブ
クラブカラー     
創設年 1965年
解散年 1997年
ホームタウン 山梨県甲府市
ホームスタジアム 山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場
甲府市緑が丘スポーツ公園
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

甲府サッカークラブ(こうふサッカークラブ)は、かつて存在した日本サッカークラブ。1965年に創部された。呼称は甲府クラブ甲府ク甲府SC日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のヴァンフォーレ甲府の前身となったクラブである。

概略・歴史[編集]

創設[編集]

甲府サッカークラブは、1965年山梨県立甲府第一高等学校のOBチーム鶴城クラブ(かくじょう-)が日本サッカーリーグ(JSL)への昇格を目指して全国社会人サッカー選手権大会に出場する際に、他校出身選手も交えて創設された(結果はベスト8)。クラブは川手良萬の支援により運営されていたが、企業チームではなくクラブチームであり、選手は様々な職業の人間から成り立っていた。

1967年-1985年[編集]

1967年より関東サッカーリーグに参加。1969年には全国社会人サッカー選手権大会において優勝(浦和サッカークラブと同時優勝)、JSLとの入れ替え戦に進出するも、日立製作所本社サッカー部に2戦2敗で昇格は叶わなかった。1970年も同大会で準優勝したが、入れ替え戦で日本鋼管サッカー部に2戦2敗で敗れて、昇格はならなかった。1972年から新設されたJSL2部に参加。1980年1981年は低迷し入れ替え戦に回るもののいずれも勝利してJSLへ残留した。

1986年-1994年[編集]

1986年に川手が死去してクラブの存続が危ぶまれた時期もあったが、支援者の資金協力により存続が決まった。

1992年のJSL閉幕時には、1972年の第1回大会から1991/92年の第20回大会まで、「昇格も降格も消滅もせずJSL2部に所属し続けた唯一のチーム」として特別表彰を受けた。1992年からはリーグ制度改正に伴いジャパンフットボールリーグ(旧JFL)2部に参加。1993年、旧JFL2部において10チーム中9位となり地域リーグへの自動降格の危機に陥ったが、甲府より上位に位置していたNKKサッカー部(1988年に日本鋼管サッカー部から改称)とトヨタ自動車東富士FCがこの年を最後に廃部したため辛うじて入替戦に進出。甲府市緑が丘スポーツ公園で行われた入替戦において日本電装に2-1で勝利し、翌年から1部制になる旧JFLへの残留が決定した。

1995年以降[編集]

JFLに残留したチームはJリーグ参入の機運が高まり、県サッカー協会やOBらによってその準備が進められた。1995年にアマチュアクラブの組織を維持した上でチーム名をヴァンフォーレ甲府に改称した。

1997年にプロクラブ化に向けて、その運営法人となるヴァンフォーレ山梨スポーツクラブが設立。アマチュアクラブの「ヴァンフォーレ甲府」より運営法人が営業権を譲り受けて、プロサッカークラブとしての「ヴァンフォーレ甲府」が発足。これによって、甲府クラブ時代からのアマチュアクラブとしての歴史を終えた。その後、ヴァンフォーレは1999年よりJリーグへ加盟して、Jリーグ ディビジョン2(J2)へ参加した。

略歴[編集]

  • 1965年 : 創部。
  • 1967年 : 関東サッカーリーグに参加。
  • 1969年 : 全国社会人サッカー選手権大会優勝。
  • 1972年 : JSL2部参加。
  • 1992年 : ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)に参加。
  • 1995年 : ヴァンフォーレ甲府へ改称。
  • 1997年 : ヴァンフォーレの運営法人となるヴァンフォーレ山梨スポーツクラブが設立。
  • 1997年 : Jリーグに入会。

過去の成績[編集]

甲府サッカークラブ[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 JSL杯 天皇杯 監督 備考
1967 関東 4位 18 14 8 2 4 34 27 7 - - 日本の旗岩田利男
1968 4位 15 14 7 1 6 37 26 11 日本の旗鈴木旻
1969 優勝 25 14 12 1 1 34 12 22
1970 優勝 22 14 10 2 2 27 7 20
1971 2位 19 14 8 3 3 31 15 16
1972 JSL2部 3位 21 18 9 3 6 33 21 12 2回戦敗退
1973 2位 26 18 12 2 4 39 25 14 - 日本の旗保坂司
1974 5位 20 18 8 4 6 30 26 4
1975 7位 14 18 5 4 9 27 34 -7
1976 8位 12 18 4 4 10 14 30 -16 予選敗退
1977 5位 32 18 6 2PK勝 4PK敗 6 28 28 0 予選敗退
1978 3位 38 18 9 1PK勝 0PK敗 8 32 33 -1 予選敗退 日本の旗岩間友次
1979 8位 26 18 5 2PK勝 2PK敗 9 26 42 -16 1回戦敗退 日本の旗田原一孝
1980 9位 10 18 4 2 12 17 33 -16 2回戦敗退 [※ 1]
1981 9位 10 18 4 2 12 18 42 -24 ベスト8
1982 8位 12 18 4 4 10 15 23 -8 1回戦敗退
1983 8位 14 18 4 6 8 29 40 -11 2回戦敗退
1984 10位 6 18 1 4 13 20 44 -24 2回戦敗退 1回戦敗退
1985 JSL2部東 4位 10 10 5 0 5 22 16 6 2回戦敗退 -
JSL2部上位 10 10 4 2 4 16 12 4
1986 JSL2部東 7位 15 14 6 3 5 15 15 0 ベスト8 1回戦敗退
JSL2部上位 11 14 5 1 8 12 15 -3
1987 JSL2部東下位 13位 13 20 4 5 11 23 63 -40 1回戦敗退 - 日本の旗清水満 [※ 2]
1988/89 JSL2部東下位 9位 20 20 9 2 9 24 29 -5 1回戦敗退
1989/90 JSL2部 12位 24 30 5 9 16 25 51 -26 1回戦敗退 日本の旗新藤道也
1990/91 12位 34 30 10 4 16 37 57 -20 1回戦敗退 日本の旗鰻池晴雄
1991/92 10位 33 30 9 6 15 35 66 -31 2回戦敗退
1992 JFL2部 5位 28 18 9 1 8 26 29 -3 - 日本の旗深沢一智
1993 9位 - 18 6 - 12 15 37 -22 -
1994 JFL 14位 - 30 9 - 21 36 74 -38 2回戦敗退 日本の旗勝俣進
  1. ^ 入れ替え戦の成績を除外。結果は後述。
  2. ^ 後期は下位リーグ戦とは別に順位決定戦(2シーズンともPK勝利)がある。

ヴァンフォーレ甲府[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 監督
1995 JFL 9位 43 30 14 16 54 54 0 - 日本の旗塚田雄二
1996 11位 33 30 11 19 50 56 -6 2回戦敗退
1997 6位 30 52 19 11 59 41 +18 3回戦敗退
1998 4位 30 59 22 8 74 40 +34 4回戦敗退

入替戦[編集]

年度 入替戦名 対戦相手 スコア 備考
第1戦 第2戦
1969 JSL・全社 日立本社 (JSL) 0-2● 0-1● 関東リーグ残留
1970 日本鋼管 (JSL) 0-4● 0-3● 関東リーグ残留
1980 JSL2部・地域 古河千葉 (地域) 1-2● 4-1○ JSL2部残留
1981 電電近畿 (地域) 1-0○ 1-0○ JSL2部残留
1993 旧JFL2部・地域 日本電装 (地域) 2-1○ 旧JFL残留

タイトル[編集]

チームタイトルはリーグ戦およびカップ戦、個人別タイトルはリーグ戦のみ記載。

チーム[編集]

個人別[編集]

  • JSL2部得点王 - 日本の旗 数野篤人 (1978年、12得点)
  • JSL2部アシスト王 - 日本の旗 小林慎二 (1990/91年、14アシスト)

関連項目[編集]