日産自動車サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日産自動車サッカー部
原語表記 日産自動車サッカー部
呼称 日産
クラブカラー 青と白と赤
創設年 1972年
解散年 1992年
所属リーグ 日本サッカーリーグ
ホームタウン 神奈川県横浜市
ホームスタジアム 国立霞ヶ丘陸上競技場
三ツ沢公園球技場
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

日産自動車サッカー部(にっさんじどうしゃサッカーぶ)は、かつて存在した日本サッカークラブ。日産自動車のサッカー部として1972年に創部した。呼称は「日産」日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属の横浜F・マリノスの前身となったクラブである。

概要[編集]

1970年代当時の日産自動車は野球部都市対抗野球大会で活躍する強豪として知られていたが、野球のオフシーズンに全社を挙げて応援出来るスポーツが必要として1972年にサッカー部が創部された。

2年後の1974年にヤンマーディーゼルサッカー部(現:セレッソ大阪)から加茂周を監督に迎え本格的な強化に取り掛かる。日産自動車ではテストドライバーや医師が一年契約の嘱託契約として仕事をしており、比較的簡単に契約出来たことから、加茂は初のプロ指導者となった。2年連続で神奈川県社会人リーグ優勝の後、1976年関東社会人リーグでは昇格初年に優勝、その年の全国社会人サッカー選手権大会で優勝し、1977年度から日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格、昇格初年から2位となるもののその年は入替戦で富士通サッカー部(現:川崎フロンターレ)に2戦とも敗れ1部昇格を逃す。しかし加茂の就任5年目となる1978年シーズンに再び2位となり、前年と同じ対戦相手となった富士通との入替戦を今度は連勝で制し、翌シーズンからの1部昇格を果たした。

しかし、1部昇格初年度となる1979年シーズン、1部最下位の10位に終わる。同年は最下位も2部1位との入替戦により昇降格を決定する方式であったため、2部優勝の東芝堀川町サッカー部(現:コンサドーレ札幌)と対戦、連勝し1年での2部降格は免れたが、翌1980年シーズンも2年連続で最下位となり、この年は最下位が2部強制降格となるレギュレーションであったため、3シーズンぶりの2部所属となった。

1981年シーズン、2部2位に終わり、1部自動昇格の権利は逃したが、新日鐵との入替戦で勝利し、1部再昇格を果たす。なお、1982年シーズン以来、Jリーグ発足まで、2部に降格することはなかった。

最初の1部昇格後、加茂は守備的なサッカーから攻撃的サッカーへ転換を図る。1980年に中大の金田喜稔、翌1981年には明治大学の木村和司、1982年に元フジタのマリーニョを獲得し、1983年には水沼貴史を筆頭に6人の代表クラスの新卒選手が大量加入。これらの大型補強が実り1983年、1984年とJSLで2位、1983年と1985年の天皇杯を制覇した。

また環境改善も積極的に推し進め、当初は新子安のグラウンドを使用していたが、1980年に獅子ヶ谷に新しいグラウンドとクラブハウスを建設。

長年、会社と交渉した結果、1985年に木村和司、マリーニョが契約選手として認められ、翌1986年に木村はスペシャル・ライセンス・プレーヤーとして国産プロ第1号となった。また同年に厚生課が主体となり「日産フットボールクラブ」が設立。長期的な視野に立った自前の選手育成を目指しファーム、ユース、などの下部組織や女子チームの日産FCレディースを新設。後のプロリーグ参加への足掛かりを作った。

1987年に元ブラジル代表の主将ジョゼ・オスカー・ベルナルディを獲得。オスカーの加入は守備面の修正とプロ意識をもたらし、1988-89シーズンではJSL、天皇杯、JSLカップの三冠を達成。その後も、JSL末期の1980年代後半から1990年代初頭に数多くのタイトルを獲得した。

ライバルの読売サッカークラブ(現:東京ヴェルディ1969)との一戦は両者とも攻撃的なサッカーを志向した点や、将来のプロ化を見据えたクラブ同士という点もあって人気カードとしてサッカーファンの注目を集め、1991-92シーズンの第21節、1992年3月22日に国立競技場で行われた試合では6万人の観衆を集めた。

略歴[編集]

タイトル[編集]

過去の成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 得点 失点 監督
1972 神奈川県2部 優勝 安達二郎
1973 神奈川県1部 優勝
1974 優勝 加茂周
1975 優勝
1976 関東 優勝 21 9 2 3 35 7
1977 JSL2部 2位 43 8 4PK勝 3PK敗 3 23 18
1978 2位 46 10 2PK勝 2PK敗 4 30 16
1979 JSL1部 10位 9 1 2PK勝 1PK敗 14 9 39
1980 10位 6 2 2 14 11 41
1981 JSL2部 2位 26 11 4 3 31 16
1982 JSL1部 8位 17 5 4 9 14 24
1983 2位 25 11 3 4 28 171
1984 2位 25 11 3 4 40 23
1985 5位 24 8 8 6 23 29 鈴木保→加茂周
1986-87 5位 24 10 4 8 35 24 加茂周
1987-88 4位 25 10 5 7 27 20
1988-89 優勝 46 14 4 4 32 17
1989-90 優勝 47 14 5 3 44 26 オスカー
1990-91 2位 42 11 9 2 27 10
1991-92 2位 43 12 7 3 25 14 清水秀彦

歴代監督[編集]

日産自動車出身の主な選手[編集]

Category:日産自動車サッカー部の選手も参照

GK
DF
MF
FW

横浜F・マリノスと異なる点[編集]

参考文献[編集]

  • 『モダンサッカーへの挑戦』(加茂周、講談社 1994年)
  • 『空っぽのスタジアムからの挑戦』(平塚晶人、小学館 2002年)
  • 『サッカー移民‐王国から来た伝道師たち』(加部究双葉社 2003年)