加部究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加部 究(かべ きわむ、1958年[1] - )は、日本のスポーツライターである。サッカーを中心に取材執筆活動を行っている。長男はサッカー選手加部未蘭[2][注釈 1]

来歴[編集]

1958年、群馬県前橋市に生まれる。立教大学法学部卒業後、スポーツニッポン新聞社に入社する[1]1986年FIFAワールドカップメキシコ大会を取材するために退社する。[1]以後、フリーランスのスポーツライターとして活動。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『サッカーを殺すな』 (双葉社、1998年) ISBN 4-57528869-1
  • 『祝祭:Road to France』 (小学館、1998年) ISBN 4094160817
  • 『真空飛び膝蹴りの真実:"キックの鬼"沢村忠伝説』 (文春ネスコ、2001年) ISBN 4-89036139-1
  • 『ワールドカップ全部!:世紀を震わせた巨大イベントの歩み』 (集英社、2002年 ISBN 4087803511
  • 『サッカー移民:王国から来た伝道師たち』 (双葉社、2003年) ISBN 978-457529602-0
  • 『大和魂のモダンサッカー:クラマーとともに戦った日本代表の物語』 (双葉社、2008年) ISBN 978-4-57530042-0
  • 『忠成:生まれ育った日本のために』 (ゴマブックス、2008年) ISBN 978-4777109876
  • 『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』 (カンゼン、2013年) ISBN 978-4-862552181
  • 『世紀の大番狂わせはなぜ起きたのか? 1982イタリアvsブラジル』 (ガイドワークス、2014年) ISBN 978-4-86535100-2
  • 『サッカー通訳戦記』 (カンゼン、2016年) ISBN 978-4-86255-320-1
  • 『日本サッカー「戦記」』(カンゼン、2018年)ISBN 978-4-86255-434-5

共著[編集]

  • 『ワールドカップ最強伝説:歴史を変えた選手・チーム・戦術』 共著:後藤健生亘崇詞 (白夜書房、2010年) ISBN 978-4861916267
  • 『すべてのサッカー場で逢おう』 共著:伯井 寛 (パラス、1994年) ISBN 4-89242749-7
  • 『敗者復活戦』 共著:織田 淳太郎 (東京書籍、2000年) ISBN 4487795400

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ACミラン」と、オランダを表す「蘭」をもじって「未蘭」と名付けられた

出典[編集]

  1. ^ a b c 著者: 加部究”. フットボールチャンネル. 2016年6月30日閲覧。
  2. ^ 山梨学院187センチFWミランに期待”. 日刊スポーツ (2010年1月5日). 2016年6月30日閲覧。