ヤンマークラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヤンマークラブ
原語表記 ヤンマークラブ
呼称 ヤンマー
クラブカラー    
創設年 1972年
解散年 1979年
所属リーグ 日本サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部(最高位)
ホームタウン 兵庫県
ホームスタジアム 尼崎市記念公園陸上競技場
尼崎ヤンマーグラウンド他
監督 水口洋次(解散時)
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ヤンマークラブは、ヤンマーディーゼルサッカー部のBチーム。

ヤンマーディーゼルサッカー部が1965年日本サッカーリーグへ加盟。その際に大量の部員補強を行ったのだが、その事により同部への入部者が急増し管理や練習がままならなくなった為チームを一軍(トップ)と二軍(サテライト)に分離。後にその二軍がヤンマークラブと称し関西サッカーリーグに所属する事となった。

創設当初は同好会的な趣もあり試合に出ればほとんど負ける状態だったが試合を重ねる事で選手が成長。また一軍の構想から外れた選手を受け入れる事により徐々にチーム力が整い、1975年にはヤマハ古河千葉を破って全国社会人大会で優勝。その後に大日日本電線との入れ替え戦(当時は社会人大会上位チームにJSL2部への挑戦権が与えられていた)に勝利し念願の日本サッカーリーグ二部入りを果たした。

チームはその後、4シーズンを日本サッカーリーグ二部で過ごすが1979年のリーグ戦終了後にヤンマークラブ廃止の通達を会社より受ける。最後の公式戦となった天皇杯では一回戦で新日鉄、二回戦で日産を破り初の準々決勝進出を果たす。夢は決勝で一軍と対戦する事だった。しかし夢は叶わず、準々決勝で三菱に 0-2と敗れ敗退。その時をもってチームが消滅する事となった。

解散の後、監督の水口洋次などが中心になって1980年松下電器産業サッカー部を創設。水口らの尽力によりプロ化を果たした現ガンバ大阪の元となった。

成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失
1972 関西 3位 16 14 6 4 4 17 13 +4
1973 2位 19 14 8 3 3 22 13 +9
1974 優勝 24 14 11 2 1 30 9 +21
1975 3位 17 14 6 5 3 24 13 +11
1976 JSL2部 6位 17 18 6 5 7 23 23 ±0
1977 4位 32 18 6 4PK勝 0PK敗 8 25 24 +1
1978 4位 38 18 8 3PK勝 0PK敗 7 29 31 -2
1979 5位 36 18 8 2PK勝 0PK敗 8 37 30 +7

関連項目[編集]