水口洋次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水口 洋次 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミズグチ ヨウジ
ラテン文字 MIZUGUCHI Yoji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1944-07-20) 1944年7月20日(74歳)
出身地 広島県広島市
身長 162㎝
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1967-1971 日本の旗 ヤンマー 31 (6)
日本の旗 松下電器
監督歴
1973 日本の旗 日本ユース代表
1978-1979 日本の旗 ヤンマークラブ
1980-1991 日本の旗 松下電器
2000-2002 日本の旗 大阪国体成年男子
2004-2006 日本の旗 神戸国際大学
2007 日本の旗 ガイナーレ鳥取
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

水口 洋次(みずぐち ようじ、1944年7月20日 - )は日本の元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

広島県広島市出身。広島国泰寺高校から、中央大学法学部 政治学科を経て1967年ヤンマーディーゼル株式会社入社。小柄ながらボール扱いのうまさは日本最高ともいわれ[1]同社サッカー部の主力選手として活躍した[2]。同い年で同期就職で親友の釜本邦茂のデビュー初得点のアシストを決めている。しかし当時監督だった鬼武健二の薦めにより、入社4年目で選手を引退しコーチに就任。ヨーロッパの技術研修を経て、日本代表20歳以下チームの監督等も歴任した。

その後、ヤンマーサッカー部の人員増加に伴って設立されたサテライト相当の組織「ヤンマークラブ」に転籍、監督に就任し日本サッカーリーグ2部でチームの指揮をとった。しかし就任2年目の1979年にサッカー部の一本化により廃部。水口はヤンマークラブ所属選手の多くとともに松下電器産業に移籍して1980年松下電器産業サッカー部(現・ガンバ大阪)を奈良県で創部し初代監督に就任[2][3][4]。設立当初は選手の人数がそろわず選手兼任監督として登録もした。0の状況からチームを育て上げ、以降11年の長きにわたり指揮を執り[5][6]1990年には天皇杯優勝に導いた[2]

1991年1993年Jリーグ発足に向けS級ライセンスを取得していなかったため監督を勇退(後任は前出の釜本)。松下電器サッカー部にもプロ化準備室が設けられ、その後水口はガンバ大阪取締役強化部長、普及部長としてチームを見守った[2][7]1995年にS級ライセンスを取得。1999年には大阪サッカー指導者協会会長に就任。2002年に松下電器を定年退社、同時にガンバ大阪取締役も辞任する。

2002年に行われたよさこい高知国体では大阪府選抜(成年の部)を率いて優勝[7]2004年関西学生サッカーリーグ神戸国際大学サッカー部の監督として本格的に指導者復帰を果たした。

2007年、Jリーグ参入を目指すガイナーレ鳥取(当時日本フットボールリーグ)の監督に就任。ハードトレーニングによるチーム全体の強化を図ったが、同年8月、成績不振を理由に辞任した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1967 ヤンマー JSL -
1968 -
1969 -
1970 -
1971 3 -
1980 松下電器 奈良2部 -
通算 日本 JSL 31 6 -
日本 奈良2部 -
総通算
  • 松下電器時代は不明。

指導経歴[編集]

  • 1970年3月 日本サッカー協会主催 コーチングスクール受講、コーチライセンス取得
  • 1971年 ヤンマーディーゼル:コーチ
  • 1971年-1972年 日本ユース代表:コーチ
  • 1973年 日本ユース代表:監督
  • 1974年 ヤンマーディーゼル:アシスタントコーチ
  • 1975年-1977年 ヤンマーディーゼル:コーチ
  • 1978年-1979年 ヤンマークラブ:監督
  • 1980年4月-1991年 松下電器:監督
  • 1991年10月-1994年 株式会社松下サッカークラブ(ガンバ大阪):取締役強化部長
  • 1994年2月- 2002年1月 株式会社松下サッカークラブ(ガンバ大阪):取締役普及部長
  • 1995年5月 日本サッカー協会公認 S級コーチライセンス取得
  • 2000年3月- 大阪国体成年男子:監督
  • 2002年 よさこい高知国体・大阪府選抜(成年の部):監督(優勝)
  • 2004年4月-2006年1月 神戸国際大学:監督
  • 2007年1月-8月 ガイナーレ鳥取:監督

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1978 JSL2部 ヤンマーC 4位 18 38 8 3PK勝/0PK敗 7 予選リーグ 2回戦
1979 5位 18 36 8 2PK勝/0PK敗 8 2回戦 準々決勝
1980 奈良2部 松下 優勝 - 予選敗退
1981 奈良 優勝 - 2回戦
1982 優勝 - 2回戦
1983 関西 優勝 - 2回戦
1984 JSL2部 3位 18 22 8 6 4 準々決勝 2回戦
1985 JSL2部・西 優勝 10 18 8 2 0 準々決勝 1回戦
JSL2部・上位 10 14 5 4 1
1986-87 JSL1部 11位 22 16 5 6 11 1回戦 2回戦
1987 JSL2部・西 2位 14 25 11 3 0 2回戦 準々決勝
JSL2部・上位 14 20 9 2 3
1988-89 JSL1部 7位 22 29 8 5 9 1回戦 2回戦
1989-90 10位 22 19 4 7 11 1回戦 1回戦
1990-91 6位 22 30 7 9 6 1回戦 優勝
2007 JFL 鳥取 - - -

その他

注釈[編集]

関連項目[編集]