松橋力蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松橋 力蔵 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マツハシ リキゾウ
ラテン文字 MATSUHASHI Rikizo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1968-08-22) 1968年8月22日(48歳)
出身地 東京都
身長 173cm
体重 65kg
選手情報
ポジション MF
ユース
市原緑高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
日産FCファーム
1989-1992 日産自動車 23 (0)
1992-1995 横浜マリノス 17 (0)
1996-1997 京都パープルサンガ 27 (3)
1998-2001 ジャトコ / ジヤトコ 79 (15)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松橋 力蔵(まつはし りきぞう、1968年8月22日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはMF、173cm、65kg。

来歴[編集]

東京都調布市出身。千葉県立市原緑高等学校卒業後、日産FCファームを経て1989年にトップチームである日産自動車サッカー部に加入する。プロ・クラブとなった横浜マリノスにも引き続き在籍し、1995年までクラブに貢献した。日本サッカーリーグ(1部)初出場は、1990年2月11日 第14節 対松下電器戦(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)。

1996年に京都パープルサンガに移籍し、2シーズンプレーする。Jリーグでは、リーグ戦44試合3得点(マリノス17試合0得点、京都27試合3得点)、Jリーグカップでは18試合1得点(マリノス8試合0得点、京都10試合1得点)、天皇杯全日本サッカー選手権大会では、マリノスで3試合2得点。

1998年よりジヤトコサッカー部(当時はジャトコ)に移籍、2001年シーズンを以て選手を引退する。ジヤトコ時代は、リーグ戦79試合15得点[1]、天皇杯5試合2得点。

2002年から2シーズン、ジヤトコでコーチを担当する。

2004年から古巣の横浜F・マリノスに復帰し、ジュニアユースコーチ、ユースコーチ、ユース監督を経て、現在は育成組織コーチ[2]

2015年10月22日、JFA公認S級ライセンスの取得が承認された[3]

2016年11月21日、2017シーズンよりトップチームのヘッドコーチに就任することが発表された[4]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

  • 2002年 - 2003年 ジヤトコサッカー部 アシスタントコーチ
  • 2004年 - 横浜F・マリノス
    • 2004年 - 2005年 U-13 コーチ
    • 2006年 - 2007年 ユース コーチ
    • 2008年 トップチーム コーチ
    • 2009年 - 2013年 ユース 監督
    • 2014年 ユース コーチ
    • 2015年 - 2016年 ユース 監督
    • 2017年 - トップチーム ヘッドコーチ

出典[編集]

関連項目[編集]