第70回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第70回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい70かいてんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1990年12月15日から1991年1月1日まで開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

  • 本大会出場は32チーム。
  • 決勝戦は0-0のまま大会史上初のPK戦に突入、松下電器日産自動車を破って初優勝を果たした(決勝戦のPK戦決着は2017年現在唯一)。

出場チーム[編集]

日本サッカーリーグ1部[編集]

北海道[編集]

東北[編集]

関東[編集]

北信越[編集]

  • YKK(4回目)

東海[編集]

関西[編集]

中国[編集]

四国[編集]

九州[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

  • 日産自動車 10-0 札幌マツダ
  • マツダSC 2-1 日立製作所
  • 東芝 5-0 田辺製薬
  • 三菱化成黒崎 0-2 NKK
  • ヤマハ発動機 2-0 筑波大学
  • コスモ石油 0-5 フジタサッカークラブ
  • 高知大学 0-2 西濃運輸
  • 京都産業大学 0-4 古河電工
  • 全日空サッカークラブ 3-0 山形日本電気
  • 鹿屋体育大学 1-2 大阪体育大学
  • 三菱自動車工業 5-0 愛知学院大学
  • 富士通 1-2(延長) 本田技研
  • ヤンマーディーゼル 0-3 順天堂大学
  • YKK 2-9 松下電器
  • 国士舘大学 2-1(延長) 大阪商業大学
  • 早稲田大学 0-3 読売クラブ

2回戦[編集]

  • 日産自動車 2-1 マツダSC
  • 東芝 5-1 NKK
  • ヤマハ発動機 2-0 フジタサッカークラブ
  • 西濃運輸 0-4 古河電工
  • 全日空サッカークラブ 3-1 大阪体育大学
  • 三菱自動車工業 0(PK3-5)0 本田技研
  • 順天堂大学 0-2 松下電器
  • 国士舘大学 1(PK4-2)1 読売クラブ

準々決勝[編集]

  • 日産自動車 2-1 東芝
  • ヤマハ発動機 0-1 古河電工
  • 全日空サッカークラブ 1-2 本田技研
  • 松下電器 2-1 国士舘大学

準決勝[編集]

  • 日産自動車 1-0 古河電工
  • 本田技研 1-2 松下電器

決勝[編集]

GK 松永成立
DF 永山邦夫
DF 杉山誠
DF 小泉淳嗣
DF 鈴木正治
MF 柱谷哲二
MF 井原正巳
MF 木村和司 交代退場
MF エバートン
FW レナト
FW 水沼貴史
サブメンバー
木村浩吉 交代出場
柱谷幸一 交代出場
監督
オスカー
GK 慶越雄二
DF 島田貴裕
DF ダリオ
DF 美濃部直彦
DF 和田昌裕 交代退場
MF 東博樹
MF 久高友雄
MF 梶居勝志
MF 平野直樹 交代退場
FW ミューレル
FW 永島昭浩
サブメンバー
肥塚一晃 交代出場
佐々木博和 交代出場
監督
水口洋次

参考文献[編集]

  • 『日本サッカーリーグ・イヤーブック '91-'92』 南雲堂、1991年。

関連項目[編集]