全日空横浜サッカークラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全日空横浜サッカークラブ
原語表記 全日空横浜サッカークラブ
呼称 全日空
クラブカラー 白と青
創設年 1964年
解散年 1992年
所属リーグ 日本サッカーリーグ
ホームタウン 神奈川県横浜市
ホームスタジアム 国立霞ヶ丘陸上競技場
三ツ沢公園球技場
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

全日空横浜サッカークラブ(ぜんにっくうよこはまサッカークラブ)は、かつて存在した日本サッカークラブ。全日本空輸の子会社である全日空スポーツが運営をしていた。呼称は全日空。かつて日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟していた横浜フリューゲルスの前身となったクラブである。

概要[編集]

1964年に横浜市中区スポーツ少年団として創設、当初は小学生から社会人の各年代のチームを擁する市民クラブであった。

1975年に横浜サッカークラブに改称。1979年から全日空が資金援助を行い名称は当時の全日空の主力機であったロッキード L-1011 トライスターに肖った横浜トライスターサッカークラブへ変更された。1984年日本サッカーリーグ(JSL)1部昇格を決めた事を契機に、全日空は完全出資の子会社「全日空スポーツ株式会社」を設立し、全日空横浜サッカークラブに改称、本格的な経営に乗り出した。

しかし1985年シーズンのJSL1部では最下位と低迷を続け、来期に向けた選手との契約問題のもつれからボイコット事件(後述)が発生し、選手や関係者が処分される事態に発展した。

その後、名古屋相互銀行永大産業で選手、指導者経験のある塩澤敏彦を監督に迎えると、1988年に1部復帰を果たし全日空サッカークラブに改称。前田治フェルナンド・ダニエル・モネールらを擁して1988-89シーズンのJSL1部では2位、翌1989-90シーズンでは3位。天皇杯では1988年と1989年に2年連続でベスト4進出を果たした。

1991年に塩澤に代わって日産自動車の監督として実績のある加茂周が監督に就任。加茂は当時世界最先端の戦術であったゾーンプレス[1]を導入するため、スロベニアからズデンコ・ベルデニックをコーチとして招聘し、戦術の浸透に務めた。

中区スポーツ少年団時代から使用していた戸塚グラウンドは、2006年シーズンまで横浜F・マリノスが、2007年から横浜FCがそれぞれ練習グラウンドとして使用している。

略歴と主なタイトル[編集]

  • 1964年 横浜市中区スポーツ少年団として設立
  • 1983年 JSL2部昇格
  • 1984年 JSL1部昇格
  • 1985年 JSL2部降格
  • 1988年 JSL1部昇格

過去の成績[編集]

年度 カテゴリ 順位 勝点 得点 失点 監督
1971 神奈川県3部 優勝 西海輝
1972 神奈川県2部 優勝 森豊
1973 神奈川県1部
1974
1975 田中豊
1976 森本孝光
1977 久保英夫
1978
1979
1980
1981 優勝
1982 関東 3位 23 11 1 6 32 21
1983 優勝 31 14 3 1 55 11
1984 JSL2部 2位 26 12 2 4 31 17 栗本直
1985 JSL1部 12位 5 2 1 19 16 57
1986 JSL2部・東下位 11位 20 7 6 7 33 30 塩澤敏彦
1987 JSL2部・東 2位 20 7 6 1 26 13
JSL2部・上位 優勝 24 11 2 1 26 6
1988-89 JSL1部 2位 40 12 4 6 37 22
1989-90 3位 40 11 7 4 34 16
1990-91 7位 27 7 6 9 24 24
1991-92 8位 25 6 7 9 20 23 加茂周

ボイコット事件[編集]

1986年3月22日、第21回日本サッカーリーグ第22節の対三菱重工戦(国立西が丘サッカー場)において、かねてから全日空によるクラブ運営に不満を抱いていた全日空クラブ所属の登録選手6名が試合をボイコットする事態が発生した。

全日空クラブは、この試合を残りの登録選手10名(うち先発メンバーは8名)で行い、1対6で三菱に敗れた。ルール上、1チーム7名以上の選手が出場していれば試合は成立するが、このリーグ史上初の不祥事に日本サッカー協会は、試合をボイコットした6選手に対して無期限登録停止、全日空クラブに対し翌シーズンのJSLカップを含む3か月間の公式戦出場停止の処分を下した。

なお、この時ボイコットした選手のうちの1人と、この年を最後に全日空横浜サッカークラブを退団した選手のうちの1人が、同年9月に「横浜スポーツクラブ(現:横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.横浜))」を設立した。

歴代監督[編集]

全日空に在籍した主な選手[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アリゴ・サッキの下でACミランが世界を席巻した事で知られるが、加茂は著書の中で1989年のコパ・アメリカにおけるブラジル代表の戦術に強い影響を受けたと語っている。