フェルナンド・ダニエル・モネール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モネール Football pictogram.svg
名前
本名 フェルナンド・ダニエル・モネール
Fernando Daniel Moner
カタカナ モネール
ラテン文字 MONER
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1967-12-30) 1967年12月30日(49歳)
出身地 ブエノスアイレス州メルセデススペイン語版
身長 184cm[1]
体重 82kg[1]
選手情報
ポジション DF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フェルナンド・ダニエル・モネール(Fernando Daniel Moner, 1967年12月30日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身の元サッカー選手

経歴[編集]

アルゼンチンリーグサン・ロレンソから1988年来日し、全日空サッカークラブ入り。その後1991年スペインリーグアトレティコ・マドリードに移籍したが、1993年Jリーグ開幕に併せて全日空サッカークラブを母体とした横浜フリューゲルスに復帰。ゴールを決めた時にお尻を合わせて踊る「モネールダンス」で一躍人気を集めた。1993年5月16日Jリーグ開幕戦(対清水エスパルス戦)でもゴールを決め、モネールダンスを披露している。また、日本語が堪能でインタビューで日本語で答えたり、サッカー雑誌のインタビューに日本語で父親の事のコラムを載せている(この時、雑誌はモネール選手の原文そのままですとまで書いてあった)また、日本に帰化して日本代表に選ばれたいとも語っていた。

その後1995年に母国・アルゼンチンに帰国。アトレティコ・トゥクマンスペイン語版プラテンセウニオンウラカンを渡り歩いた。2002年シーズン終盤に横浜FCで3度目の日本のリーグを経験するが2003年のシーズン開幕前に現役引退を発表。以後は横浜FCのホームタウンプロジェクトチーム入りし、少年サッカーなど、サッカーの普及促進活動に務めた。また、帰国後は日本人の若手選手のアルゼンチンサッカー留学に関するマネジメント補佐を行っている。

フジテレビのサッカー番組『さんまの天国と地獄』で、「さんまさん、さんまさん」と明石家さんまを呼びかけるフレーズが人気を集めた。同番組で得た出演料を使い、母国アルゼンチンでビルを建設・所有している様子が『さんまのFOOTBALL CX』で紹介された。

横浜時代に参加した少年サッカー教室で玉田圭司に対し、「君は将来大物になる」と褒め称えた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1986-87 サン・ロレンソ
1987-88
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1988-89 全日空 JSL1部 22 0
1989-90 2 21 2 2 0
1990-91 2 20 1 4 1
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
1991-92 A・マドリード プリメーラ
1992-93
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 横浜F - J 29 3 5 1 4 2 38 6
1994 - 31 0 2 0 2 0 35 0
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1994-95 トゥクマン
1995-96
1996-97 プラテンセ
1997-98
1998-99 ウニオン
1999-00 ウラカン
2000-01
2001-02
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2002 横浜FC 28 J2 11 0 - 1 0 12 0
2003 6 引退
通算 アルゼンチン
日本 J1 60 3 7 1 6 2 73 6
日本 J2 11 0 - 1 0 12 0
日本 JSL1部 63 3
スペイン プリメーラ
総通算

その他の公式戦

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2003』p172