水島武蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
水島 武蔵 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミズシマ ムサシ
ラテン文字 MIZUSHIMA Musashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1964-09-10) 1964年9月10日(53歳)
出身地 東京都[1]
身長 177cm[2]
体重 72kg[2]
選手情報
ポジション FW / MF
ユース
1972-1974 清水市立辻小学校[3]
1974 清水市立江尻小学校[4]
1973-1974 オール清水[4]
1975-1984 サンパウロ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1986 サンパウロ
1986 サンベント (loan)
1987-1988 ポルトゥゲーザ
1988 サントス
1989-1991 日立製作所 19 (6)
1991-1992 全日空/横浜F 3 (0)
監督歴
2001-2003 横浜FCユース
2014 藤枝MYFC
2016-2017 日本経済大学
2018- U-19カンボジア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

水島 武蔵(みずしま むさし、1964年9月10日 - )は東京都出身の日本の元サッカー選手、サッカー指導者である。選手時代のポジションはフォワードミッドフィールダー。10歳の時に父親の勧めによりブラジルにサッカー留学し、1984年に日本人として初めて同国でプロ契約を結んだ[5]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1964年東京都で生まれる。サッカーファンだった父の影響で3歳の時にサッカーを始めると5歳の時には小学6年生のチームに交じってプレーをするなど頭角を現し[1]、より良いサッカー環境を求めて1971年に日本国内でサッカーどころと呼ばれ、父の郷里でもある静岡県藤枝市藤枝市立藤枝小学校へ転校した[4]。その際に下宿先になったのが後にサッカー日本代表となった碓井博行の実家だった[6]。一方、藤枝では小学1年生から2年生の練習参加は認められてはいなかった[7]

1972年、元サッカー日本代表の杉山隆一の紹介を受けて清水市清水市立辻小学校へと転校した[3][8]。辻小学校のサッカー少年団は国内においてトップレベルの実力を有していたが[4]、水島は小学3年生の時点で上級生と対等に渡り合える技術を有していたという[4]。さらに清水市内の選抜チームであるオール清水(清水FCの前身)に選出され、1学年上の望月達也らとプレーをした[7]

ブラジル留学[編集]

1974年11月、「サッカーの王様」ことペレが訪日し東京国立霞ヶ丘陸上競技場で全国のサッカー少年を集めてサッカー教室を催した際、水島は優れた技術を見せて注目を集めるとペレから直に評価を受けた[9]。同年末に東京都世田谷区内の小学校に転校すると1975年2月にはブラジル留学の準備のために日本サッカーリーグ1部の永大産業サッカー部の練習に参加し[10]、同年4月に姉と共にブラジルへと渡った[9]

1975年4月、10歳の時にサンパウロFCの下部組織に入団した[11]。留学の実現とサンパウロ入りにはサッカー指導者のネルソン松原が関わっており、ペレの古巣であるサントスFCの下部組織への入団は年齢的な問題のために断られたため、サンパウロの下部組織への入団を橋渡しした[12]。なお、水島は日本人少年がブラジルにサッカー留学をした初の事例とされており、1980年代には三浦知良らが続いた[11]

水島は知人宅に下宿し現地の学校に通いながらプロを目指す生活を送ることになったが[5]、12歳前後の少年を対象とした「デンチ・デ・レイチ」では各種大会で得点王、最優秀選手、テクニカ賞を獲得するなど頭角を現した[9]。通常であれば「デンチ・デ・レイチ」から上のクラスの「デントン」に昇格することになるが、1978年にサンパウロの歴史上はじめて飛び級での「ジュベニール」(18歳以下)への昇格を果たし同部門のキャプテンを務めた[9]。さらに「ジュニオール」(20歳以下)へと昇格した[13][14]

選手経歴[編集]

1984年9月3日、サンパウロFCとプロ契約を結んだ[13][14]。一方、当時のブラジルでは外国人選手枠を1クラブにつき1人に制限しており、サンパウロには既にウルグアイ代表ダリオ・ペレイラが守備の中心を担っていた[14][15]。そのため水島はブラジル国籍を取得し、帰化した上で本契約を結ぶことになった[14][15]。ポジションはボランチで首脳陣からは守備能力だけでなくパスセンスも評価をされての契約となったが[15]、当時のチームメイトのカレカは「武蔵は右ウイングを務めていた」と証言している[16]。サンパウロとの契約は2年間だったが[13]、当時のチーム内にはブラジル代表のカレカやオスカーファルカン、同年代の若手ではミューレルシーラスらが在籍しており、多くの出場機会を得ることは出来なかった[5][16]

1986年3月、サンパウロとの契約を更新し同年12月までサンパウロ州リーグ1部ECサンベントへレンタル移籍することが決まった[17]。同年3月9日に行われたUAE代表との親善試合でデビュー[17]ブラジルサッカー連盟との手続きの都合により公式戦出場を見合わせられていたが4月19日に行われたパルメイラス戦で公式戦デビューを果たした[17]。その後はポルトゥゲーザサントスFCへ移籍しプレーを続けた[16]

1989年7月、日本サッカーリーグ1部の日立製作所サッカー部(後の柏レイソル)に移籍した[18]。この移籍は水島が以前から日立への加入を希望していたことにより実現したもので[18]、ブラジル国籍を所持していたため外国人枠の扱いでの出場となった。同年10月1日国立霞ヶ丘陸上競技場で行われたJSLオールスターサッカーではチームメイトのゼ・セルジオと共にEASTの選手として出場した[19]

1991年全日空サッカークラブに移籍[5]1992年には全日空の後身の横浜フリューゲルスでもプレーをしたが、怪我の影響もあり同年限りで現役を引退した[5]

引退後[編集]

引退後は指導者の道へと進み1993年にブラジルのサンパウロ州コーチ組合(ポルトガル語: SITREPESP)の指導者ライセンスを取得[20]1994年から横浜市で少年向けサッカースクール「FCムサシ」(旧ムサシサッカーアカデミー)を運営している[20]

2001年から2003年にかけて横浜FCユース初代監督[20]、横浜FCテクニカルディレクターなどを務め、2006年9月に日本サッカー協会公認S級コーチに認定された[20]

2014年藤枝MYFCの監督に就任した[21]。同年11月23日、2014シーズン限りでの退任が発表された[22]

2016年4月、九州大学サッカーリーグ1部の日本経済大学の監督に就任[23]。2017年に退任した[24]

2018年2月、日本サッカー協会のアジア貢献事業の一環として、カンボジアフットボールアカデミーコーチ兼U-19カンボジア代表監督に就任した[25]

人物[編集]

  • 少年時代については、集英社から1981年1月に『ムサシ17歳世界へ翔ぶ』のタイトルで刊行された単行本(翌年5月集英社コバルト文庫化)に詳述されている。
  • 1981年から1988年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載された漫画キャプテン翼』の主人公・大空翼のモデルといわれている[16][26]。作者の高橋陽一は主人公の翼のモデルについて明確に存在はしないとしつつ、水島を参考の一つとしたと証言している[27]

所属クラブ[編集]

→1986年 ブラジルの旗 ECサンベント期限付き移籍

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1984 サンパウロ 全国選手権A
1985
1986 サンベント
1987 ポルトゥゲーザ 全国選手権A
1988
1988 サントス 1 0
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1989-90 日立 8 JSL1部 12 0 0 0
1990-91 JSL2部 7 6 0 0
1991-92 全日空 26 JSL1部 3 0 0 0 - 3 0
1992 横浜F - J - 1 0
通算 ブラジル 全国選手権A
日本 J - 1 0
日本 JSL1部 15 0 0 0
日本 JSL2部 7 6 0 0
総通算

その他の公式戦

指導歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サンパウロFC

脚注[編集]

  1. ^ a b 「サッカーの本場ブラジル 初の日本人プロ誕生 留学9年の水島選手」『朝日新聞』1984年9月5日 14版16面。
  2. ^ a b 『Jリーグオフィシャルガイド1992-1993』 小学館1992年、48頁。ISBN 4-09-102301-0
  3. ^ a b 草鹿 1982、201頁
  4. ^ a b c d e 草鹿 1982、62-63頁
  5. ^ a b c d e 続・ブラジルサッカーを支える人々 (4) 藤枝MYFC監督の水島武蔵氏”. サンパウロ新聞. 2014年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月8日閲覧。
  6. ^ 武田薫 「渇えし者たちの夢 RoundIV-1 水島武蔵」『朝日ジャーナル』1989年10月6日号、朝日新聞社、95-97頁。
  7. ^ a b 梅田明宏 『礎・清水FCと堀田哲爾が刻んだ日本サッカー五〇年史』 現代書館2014年、143頁。ISBN 978-4-7684-5716-0
  8. ^ 草鹿 1982、52頁
  9. ^ a b c d 「サッカーブランド物語 4 日本人初の南米プロ ムサシを支え続けたランパード」『サッカーダイジェスト』1985年4月号、104-105頁。
  10. ^ 草鹿 1982、79頁
  11. ^ a b 佐藤美由紀監修、ブラジル日本商工会議所編 『現代ブラジル事典』 新評論2005年、393頁。ISBN 4-7948-0662-0
  12. ^ “サッカーの王様”の秘技 サンバと熟したマンゴーでのリフティングから生まれた!! 映画「ペレ 伝説の誕生」”. 産経ニュース (2016年6月26日). 2016年10月5日閲覧。
  13. ^ a b c 「南米サッカーに初の日本人プロ 9年の武者修行実る」『読売新聞』1984年9月5日 14版16面。
  14. ^ a b c d 「ニュースダイジェスト」『サッカーダイジェスト』1984年12月号、106頁。
  15. ^ a b c 「海外ホットニュース ブラジル」『サッカーマガジン』1984年12月号、153頁。
  16. ^ a b c d Jogador japonês do São Paulo inspirou anime que popularizou clube no Japão”. ND Online (2013年8月6日). 2017年4月11日閲覧。
  17. ^ a b c 「ムサシ、公式戦に常時出場のチャンス!!」『サッカーダイジェスト』1986年7月号、146頁。
  18. ^ a b 「JSLネットワーク」『ストライカー』1989年9月号、128頁。
  19. ^ 日本サッカーリーグ 編 『'90-'91 日本サッカーリーグ・イヤーブック』 日本サッカーリーグ、1990年、156-157頁。ISBN 4-523-31029-7
  20. ^ a b c d 4.平成17年度公認S級コーチ養成講習会判定結果の件”. 日本サッカー協会 (2006年9月). 2014年2月12日閲覧。
  21. ^ 2014スタッフ新体制につきまし”. 藤枝MYFC (2014年1月7日). 2014年1月7日閲覧。
  22. ^ 水島武蔵監督退任のお知らせ”. 藤枝MYFC (2014年11月23日). 2014年12月12日閲覧。
  23. ^ サッカー部監督に水島監督(元Jリーグ監督)が就任”. 日本経済大学 (2016年4月28日). 2016年10月5日閲覧。
  24. ^ a b c d e f アジア貢献事業 海外派遣指導者 プロフィール (PDF)”. 日本サッカー協会 (2018年1月18日). 2018年3月14日閲覧。
  25. ^ 日本人指導者がカンボジア、フィリピンに赴任”. 日本サッカー協会 (2018年2月5日). 2018年3月14日閲覧。
  26. ^ J3藤枝 新監督に“キャプ翼モデル”水島武蔵氏就任が濃厚”. スポニチ Sponichi Annex (2014年1月6日). 2014年2月12日閲覧。
  27. ^ ムービー”. キャプテン翼 激闘の軌跡 公式サイト. 2014年2月9日閲覧。
  28. ^ Ranking histórico: Estrangeiros”. São Paulo Futebol Clube (2014年12月24日). 2017年4月11日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]