第46回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第46回天皇杯全日本サッカー選手権大会
Flickr - cinz - Field.jpg
決勝が開催された駒沢競技場
開催国 日本の旗 日本
参加チーム数 8
優勝 早稲田大学
準優勝 東洋工業
試合総数 8
ゴール数 20 (1試合平均 2.5点)
1965
1967
テンプレートを表示

第46回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい46かいてんのうはいぜんにっぽんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1967年1月12日から15日まで開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

  • 本大会より大学チームに与えられる出場権は全国大学サッカー選手権大会(インカレ)の上位4チームに改められた。
  • 本大会と第45回は駒沢競技場にて決勝戦が行われた。
  • 本大会より天皇杯が一新され2代目が下賜された。
  • 2代目天皇杯を最初に獲得したのは、最上級生・釜本邦茂をエースストライカーとして擁する早稲田大学であった。学生チームによる天皇杯優勝は本大会が最後となっている。

出場チーム[編集]

日本サッカーリーグ[編集]

大学[編集]

結果[編集]

 
1回戦準決勝決勝
 
          
 
1967年1月
 
 
東洋工業3
 
1967年1月
 
関西学院大学0
 
東洋工業1
 
1967年1月
 
古河電工0
 
古河電工2
 
1967年1月15日(延長)
 
中央大学0
 
東洋工業2
 
1967年1月
 
早稲田大学3
 
八幡製鉄2
 
1967年1月
 
東京教育大学0
 
八幡製鉄1
 
1967年1月
 
早稲田大学2 3位決定戦
 
三菱重工1
 
1967年1月
 
早稲田大学3
 
古河電工1
 
 
八幡製鉄4
 

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]