第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会
KokuritshuKasumigaoka-3.JPG
決勝戦が開催された国立霞ヶ丘陸上競技場
同競技場の使用は本大会が最後となった。
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2013年8月31日-2014年1月1日
参加チーム数 88
優勝 横浜F・マリノス
準優勝 サンフレッチェ広島
ACL2014出場 横浜F・マリノス[注 1]
試合総数 87
2014
テンプレートを表示

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい93かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2013年8月31日から2014年1月1日に開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

横浜F・マリノスが前身の日産自動車時代以来、21年ぶり7度目の優勝を果たした。

概要[編集]

2013年5月20日に大会要項が発表された[1]。出場チームは前回大会と同じで88チーム。出場チームの配分構成も前回大会と同じになった。4回戦以降の組み合わせを再抽選するのも同様で、今大会は1回戦-3回戦の組み合わせ抽選の模様(一部)の動画も日本サッカー協会のWebサイトで公開された。なお、3回戦は、組み合わせが先に決められ、試合開始時間・会場については2回戦終了後の2013年9月12日に発表された[2]。また、準々決勝以降の試合開始時間・会場についても4回戦終了後の2013年11月21日に発表された[3]

優勝チームにはAFCチャンピオンズリーグ2014(ACL)への出場権が与えられるが、優勝した横浜F・マリノスがJ1で2位となりACL出場権を得ていたため(横浜FMは天皇杯勝者としてACL出場)、J1で4位となったセレッソ大阪が繰り上げでACL出場権を獲得した[4]

前回大会に引き続き、JFA公認マスコットの「はにー&どぐー」が“応援マスコット(見習い)”として起用されている[5]

なお、決勝が開催された国立霞ヶ丘陸上競技場が2014年5月に閉鎖されたため、国立霞ヶ丘陸上競技場を天皇杯で使用するのは本大会が最後となった。また、次回大会の決勝は2014年12月13日に開催され、第48回大会から続いた「国立での元日決勝」は、本年で一旦区切りを付ける形となった(次々回大会より再び元旦決勝となる)。

日程[編集]

日程については4回戦以外は前回大会とほぼ同じで、4回戦の日程が約1ヶ月前倒しになって2回戦から準々決勝まで、ほぼ中1ヶ月ずつとなった。

元日に決勝戦が行われるようになって初めて8月開幕となった。近年は予備日を極力回避する傾向があったが、2・3回戦が2013Jリーグヤマザキナビスコカップ準決勝と、4回戦がJ2第41節およびJFL第33節と近接することから、2回戦から4回戦[注 2] までのすべてで予備日が設定された。

4回戦以降の組み合わせについては、前年に続きベスト16が出そろった段階で「ラウンド16抽選会」を行った(後述)。

試合 開催日 備考
1回戦 8月31日、9月1日 都道府県代表チーム、JFL上位チームの参加
2回戦 9月7日、8日(4日・11日[注 3] J1、J2チームの参加
3回戦 10月13日、14日(16日[注 3]
4回戦 11月16日(20日[注 4]
準々決勝 12月22日[注 2]
準決勝 12月29日
決勝 1月1日

出場チーム[編集]

以下の「出場回数」についてはJFAの公式記録に基づくが、基本的には「前身となるチーム(クラブ化前の実業団チーム、など)からの通算回数」としている。ただし、一部に例外もある。

J1リーグ[編集]

2013年のJリーグ ディビジョン1参加の全18チーム。

チーム 出場回数
ベガルタ仙台 20回目
鹿島アントラーズ 30回目
浦和レッズ 49回目
大宮アルディージャ 19回目
柏レイソル 46回目
FC東京 20回目
川崎フロンターレ 30回目
横浜F・マリノス 36回目[備考 1]
湘南ベルマーレ 42回目
チーム 出場回数
ヴァンフォーレ甲府 22回目
アルビレックス新潟 22回目
清水エスパルス 22回目
ジュビロ磐田 37回目
名古屋グランパス 37回目
セレッソ大阪 45回目
サンフレッチェ広島 62回目
サガン鳥栖 22回目[備考 2]
大分トリニータ 18回目

J2リーグ[編集]

2013年のJリーグ ディビジョン2参加の全22チーム。

チーム 出場回数
コンサドーレ札幌 33回目
モンテディオ山形 22回目
水戸ホーリーホック 18回目
栃木SC 16回目
ザスパクサツ群馬 11回目
ジェフユナイテッド千葉 49回目
東京ヴェルディ 39回目
横浜FC 15回目
松本山雅FC 8回目
カターレ富山 6回目[備考 3]
FC岐阜 8回目
チーム 出場回数
京都サンガF.C. 31回目
ガンバ大阪 33回目
ヴィッセル神戸 27回目
ガイナーレ鳥取 16回目
ファジアーノ岡山 6回目
徳島ヴォルティス 25回目
愛媛FC 15回目
アビスパ福岡 22回目
ギラヴァンツ北九州 6回目[備考 4]
V・ファーレン長崎 7回目
ロアッソ熊本 14回目

JFL[編集]

第15回日本フットボールリーグの第17節終了時点での上位1チーム。

チーム 出場回数
カマタマーレ讃岐 9年連続15回目

都道府県代表[編集]

都道府県予選を勝ち抜いた都道府県1チームずつの全47チーム。

都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
北海道 北海道教育大学岩見沢校 北海道学生1部 2年ぶり2回目
青森県 ヴァンラーレ八戸 東北1部 2年連続3回目
岩手県 グルージャ盛岡 東北1部 6年連続7回目
宮城県 ソニー仙台FC JFL 8年連続16回目
秋田県 ブラウブリッツ秋田 JFL 12年連続20回目
山形県 羽黒高校 U-18山形県1部 9年ぶり2回目
福島県 福島ユナイテッドFC JFL 6年連続6回目
茨城県 筑波大学 関東大学1部 3年連続27回目
栃木県 栃木ウーヴァFC JFL 2年ぶり5回目
群馬県 ザスパ草津チャレンジャーズ 群馬県3部 初出場
埼玉県 東京国際大学 埼玉県大学1部 3年ぶり2回目
千葉県 浦安SC 関東2部 初出場
東京都 横河武蔵野FC JFL 2年連続4回目
神奈川県 桐蔭横浜大学 関東大学1部 初出場
山梨県 山梨学院大学ペガサス 山梨県SL 初出場
長野県 AC長野パルセイロ JFL 2年連続3回目
新潟県 新潟経営大学 北信越大学1部 2年連続3回目
富山県 富山新庄クラブ 北信越1部 4年連続4回目
石川県 ツエーゲン金沢 JFL 7年連続10回目
福井県 サウルコス福井 北信越1部 2年連続5回目
静岡県 藤枝MYFC JFL 初出場[備考 5]
愛知県 トヨタ蹴球団 東海1部 初出場
三重県 マインドハウス四日市 三重県1部 12年ぶり6回目
岐阜県 FC岐阜SECOND 東海1部 6年連続6回目
都道府県 チーム 所属リーグ 出場回数
滋賀県 MIOびわこ滋賀 JFL 3年ぶり3回目
京都府 佐川印刷SC JFL 2年ぶり9回目
大阪府 関西大学 関西学生1部 2年連続15回目
兵庫県 関西学院大学 関西学生1部 2年連続23回目
奈良県 奈良クラブ 関西1部 5年連続5回目
和歌山県 アルテリーヴォ和歌山 関西1部 5年連続5回目
鳥取県 米子北高校 U-18中国 4年連続4回目
島根県 デッツォーラ島根 中国 2年ぶり8回目
岡山県 ファジアーノ岡山ネクスト 中国 3年連続3回目
広島県 佐川急便中国 中国 3年ぶり3回目
山口県 レノファ山口FC 中国 2年ぶり11回目
香川県 高松商業高校 U-18四国 初出場
徳島県 鳴門高校 U-18徳島県1部 初出場
愛媛県 FC今治 四国 5年連続5回目
高知県 高知大学 四国大学1部 11年連続18回目
福岡県 福岡大学 九州大学1部 3年連続28回目
佐賀県 佐賀大学 九州大学1部 2年連続6回目
長崎県 三菱重工長崎 九州 5年ぶり7回目
熊本県 熊本学園大学 九州大学2部 4年ぶり2回目
大分県 HOYO大分 JFL 4年連続4回目
宮崎県 宮崎産業経営大学 九州大学1部 3年連続4回目
鹿児島県 鹿屋体育大学 九州大学1部 3年ぶり10回目
沖縄県 FC琉球 JFL 4年連続7回目
出場回数に関する備考
  1. ^ 合併前の(日産自動車サッカー部→)横浜マリノスからの通算回数であり、吸収合併した横浜フリューゲルスの出場回数(13回)を含まない。
  2. ^ 鳥栖フューチャーズ(5回)の出場回数を含む(なお、鳥栖と鳥栖Fの間には組織としての連続性はない。当該項参照)。
  3. ^ 前身であるアローズ北陸(10回出場)とYKK APサッカー部(11回出場)の出場回数はいずれも含まない。
  4. ^ 前身の三菱化成黒崎サッカー部の出場回数(4回)を含まない。
  5. ^ 前身の静岡FC(2回出場)の出場回数は含まない。

試合結果[編集]

1回戦[編集]


























2回戦[編集]


































3回戦[編集]


















4回戦[編集]

4回戦の抽選は2013年10月20日日本サッカー協会ビル(JFAハウス)にて行われた。抽選では、チームに対してトーナメントポジションを抽選した前年とは逆に、トーナメントポジションに対してチームを抽選して当てはめていく方法がとられた。具体的には以下の方法で抽選が行われた。

  1. 16チームをすべて同じポットに入れる。前年と異なりチームと開催会場の紐付けは行わない。
  2. 前半は、対戦カード順(No.73→No.77→No.74→No.78→…の順)に8チームを抽選し、選ばれた柏・長野・C大阪・川崎・清水・大宮・鹿島・甲府の8チームのトーナメントポジションを決定。この8チームに対しては、4回戦のホーム開催優先権が与えられた。
  3. 後半は、前半と同じ順番で、上述の8チームの対戦相手をポットの残りの8チームから抽選し、対戦カードを決定。
  4. 抽選会の後、調整を行って試合開催日と会場を確定させる。この過程で、ホームスタジアムの都合などでホーム開催優先権を持つにも関わらずアウェー開催(長野 - 横浜FM、ホームとアウェーも入れ替えて横浜FMのホームとして開催)または中立地開催(柏 - 大分、甲府 - 札幌)となったカードもあった。

ドロワーはNHKサッカー中継解説者でもある加茂周木村和司福西崇史の3人[11]、立会人として日本サッカー協会会長の大仁邦彌ら。

抽選会の模様はNHK BS1で生中継され、会場から徳永悠平高橋秀人FC東京[12]、NHKのスタジオゲストとして大谷秀和柏レイソル)と解説の早野宏史[13]、また4回戦に都道府県代表として唯一勝ち残ったAC長野パルセイロ宇野沢祐次諏訪雄大[14] が中継にて出演した。










準々決勝[編集]






準決勝[編集]



決勝[編集]

国立競技場最後の決勝を戦うことになったのは、Jリーグ発足後4度の準決勝敗退のジンクスを破り、Jリーグ発足直前の第72回大会以来21年ぶりの決勝進出を果たした横浜F・マリノス[15] と、Jリーグ発足後6年ぶり5度目となる決勝進出を果たし、前身の東洋工業時代の第49回大会以来44年ぶりの天皇杯優勝と、リーグとの2冠を目指すサンフレッチェ広島の2チーム。2013年のJ1で最後まで優勝を争った2チームの直接対決となった(リーグ戦の上位2チームが天皇杯を争うのはJリーグ発足後初)。また、準決勝終了時点で、横浜FMの天皇杯枠でのAFCチャンピオンズリーグ2014 (ACL2014) 出場[注 5]と、2013年のJ1・4位のセレッソ大阪のACL2014出場が確定した[4]

試合は前半17分、横浜FMのDF小林祐三が右サイドをドリブルで持ち上がり、一度は相手がはじくものの、FW端戸仁がこぼれ球を拾い中央のMF兵藤慎剛へパス、さらにこれをMF齋藤学につないで齋藤が右足でボレーシュート、これが決まって横浜FMが先制する。さらに21分には横浜FMのMF中村俊輔のコーナーキックからMF中町公祐がシュート、広島GK西川周作が一旦ははじき返すものの、これを詰めた横浜FMのDF中澤佑二が頭でたたき込み追加点を挙げ、試合を優位に進める。

広島は持ち前のパスワークで横浜陣内に幾度も攻め入るが、横浜の堅い守りに阻まれて決定機をなかなか作れず、終盤には共に19歳の野津田岳人浅野拓磨を同時投入して戦局打開を図るがこれも功を奏せずそのまま試合終了。横浜FMがリーグ戦の雪辱を果たし、21年ぶり7回目、Jリーグ発足後としては初の優勝を果たした。一方広島はこれで天皇杯決勝は東洋工業時代を含めて8連敗(Jリーグ発足後だけでも5連敗)となり、ジンクスを破ることが出来なかった。

2014年1月1日
14:04
No.87
横浜F・マリノス 2 - 0 サンフレッチェ広島
齋藤学 17分にゴール 17分
中澤佑二 21分にゴール 21分
公式記録 (PDF)
国立霞ヶ丘陸上競技場
観客数: 46,599人
主審: 西村雄一
横浜F・マリノス
GK 01 日本の旗 榎本哲也
DF 13 日本の旗 小林祐三 90+2分に交代退場 90+2分
DF 04 日本の旗 栗原勇蔵
DF 22 日本の旗 中澤佑二
DF 05 ブラジルの旗 ドゥトラ
MF 08 日本の旗 中町公祐
MF 27 日本の旗 富澤清太郎
MF 07 日本の旗 兵藤慎剛
MF 25 日本の旗 中村俊輔 キャプテン
MF 11 日本の旗 齋藤学 84分に交代退場 84分
FW 17 日本の旗 端戸仁 88分に交代退場 88分
控え:
GK 30 日本の旗 六反勇治
DF 15 ブラジルの旗 ファビオ
DF 24 日本の旗 奈良輪雄太 84分に交代出場 84分
MF 02 日本の旗 天野貴史
MF 06 日本の旗 小椋祥平 90+2分に交代出場 90+2分
FW 14 日本の旗 熊谷アンドリュー
MF 20 日本の旗 佐藤優平 88分に交代出場 88分
   
監督
日本の旗 樋口靖洋
サンフレッチェ広島
GK 01 日本の旗 西川周作
DF 33 日本の旗 塩谷司
DF 05 日本の旗 千葉和彦
DF 04 日本の旗 水本裕貴
MF 14 クロアチアの旗 ミキッチ
MF 06 日本の旗 青山敏弘 90+3分に警告 90+3分
MF 08 日本の旗 森崎和幸
MF 02 大韓民国の旗 ファン・ソッコ 46分に交代退場 46分
MF 09 日本の旗 石原直樹
MF 10 日本の旗 髙萩洋次郎 78分に交代退場 78分
FW 11 日本の旗 佐藤寿人 キャプテン 78分に交代退場 78分
控え:
GK 13 日本の旗 増田卓也
MF 35 日本の旗 中島浩司
MF 15 日本の旗 岡本知剛
MF 17 大韓民国の旗 パク・ヒョンジン
MF 27 日本の旗 清水航平 46分に交代出場 46分
MF 24 日本の旗 野津田岳人 78分に交代出場 78分
FW 29 日本の旗 浅野拓磨 78分に交代出場 78分
   
監督
日本の旗 森保一
第94回天皇杯 優勝
横浜F・マリノス
21年ぶり7回目
試合会場等に関する備考
  1. ^ 台風15号の影響により、8月31日の予定より延期[6]
  2. ^ 当初組み合わせ発表時点では香川県代表のホームゲームとして設定されていた[7] が、JFLシードチームが香川県をホームタウンとする讃岐となったことからホームとアウェーを入れ替えた。
  3. ^ a b c 2013年9月8日開催予定から変更[8]
  4. ^ a b 2013年9月7日開催予定から変更[9]
  5. ^ 2013年9月7日開催予定から変更[8]
  6. ^ 9月7日開催予定から一旦9月10日に変更された[8] が、柏レイソルのリーグ戦日程変更に伴い再変更された[10]

トーナメント表[編集]

カッコ内はPK戦の得点

4回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                           
2013年11月16日            
 柏レイソル 0
2013年12月22日
 大分トリニータ 1  
 大分トリニータ 1
2013年11月20日
   横浜F・マリノス (延長) 2  
 横浜F・マリノス (延長) 2
2013年12月29日
 AC長野パルセイロ 1  
 横浜F・マリノス 2
2013年11月16日
   サガン鳥栖 0  
 セレッソ大阪 1
2013年12月22日
 サガン鳥栖 2  
 サガン鳥栖 (延長) 2
2013年11月20日
   川崎フロンターレ 0  
 川崎フロンターレ 2
2014年1月1日
 モンテディオ山形 0  
 横浜F・マリノス 2
2013年11月16日
   サンフレッチェ広島 0
 清水エスパルス 0
2013年12月22日
 ベガルタ仙台 1  
 ベガルタ仙台 1
2013年11月16日
   FC東京 (延長) 2  
 大宮アルディージャ 0
2013年12月29日
 FC東京 3  
 FC東京 0 (4)
2013年11月16日
   サンフレッチェ広島 (p) 0 (5)  
 鹿島アントラーズ 1
2013年12月22日
 サンフレッチェ広島 3  
 サンフレッチェ広島 (p) 1 (3)
2013年11月20日
   ヴァンフォーレ甲府 1 (2)  
 ヴァンフォーレ甲府 (延長) 1
 コンサドーレ札幌 0  

関連項目[編集]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ 優勝した横浜F・マリノスはJ1・2位でACL出場権を獲得していたため、J1・4位のセレッソ大阪が繰上げでACL出場権を獲得。
  2. ^ a b 当初は準々決勝も対象とされており、FIFAクラブワールドカップ2013に出場するチームが発生した場合は12月25日に予備日を設定するとしていたが、AFCチャンピオンズリーグ2013において日本勢が優勝しなかったため予備日は発生しない
  3. ^ a b Jリーグヤマザキナビスコカップ2013準決勝に進出するJ1チーム(浦和川崎横浜FM)の試合が対象。
  4. ^ J2・JFLチーム(札幌山形長野)の試合が対象。
  5. ^ 広島が天皇杯を優勝した場合Jリーグ優勝枠としての出場権が優先され、リーグ戦2位の横浜FMが天皇杯優勝チームの枠にあてがわれることが決まっていたため[16]

出典[編集]

  1. ^ 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会実施要項”. 日本サッカー協会 (2013年5月20日). 2013年6月15日閲覧。
  2. ^ “第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 試合会場・キックオフ時間およびチケット販売概要” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2013年9月12日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/138.html 2013年9月12日閲覧。 
  3. ^ “第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝~決勝 会場決定およびチケット販売概要” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2013年11月21日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/188.html 2013年11月21日閲覧。 
  4. ^ a b “AFCチャンピオンズリーグ2014 セレッソ大阪出場権獲得およびグループステージ組み合わせ確定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2013年12月29日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/223.html 2014年1月1日閲覧。 
  5. ^ はにー&どぐー|[第93回天皇杯]8月31日開幕!”. J's GOALフォトニュース (2013年8月26日). 2013年9月4日閲覧。
  6. ^ 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦 三菱重工長崎SC vs HOYO大分(マッチナンバー【15】)順延のお知らせ”. 日本サッカー協会 (2013年8月30日). 2013年8月31日閲覧。
  7. ^ 第93回天皇杯全⽇本サッカー選⼿権⼤会 1-3回戦組合せ(2013年5月20日時点) (PDF)
  8. ^ a b c “第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦試合日程変更のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2013年7月9日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/82.html 2013年7月10日閲覧。 
  9. ^ “第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦(マッチナンバー【36】・【51】)試合日程変更のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2013年5月28日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/64.html 2013年7月10日閲覧。 
  10. ^ “第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦(柏レイソル出場試合)試合日程変更のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2013年7月12日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/84.html 2013年7月15日閲覧。 
  11. ^ “第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16抽選会開催!” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2013年10月18日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/155.html 2013年10月20日閲覧。 
  12. ^ [第93回天皇杯]ラウンド16組合せ抽選会”. J's GOAL フォトニュース (2013年10月20日). 2013年10月22日閲覧。
  13. ^ きょう対戦決定!サッカー天皇杯 日本一への道~ベスト16抽選会~(NHK番組表)
  14. ^ AC長野パルセイロ公式アカウント (@NAGANO_PARCEIRO) 2013年10月20日17:31のツイート
  15. ^ “横浜M、兵藤&中村がゴール! 21年ぶりの決勝進出決めた/天皇杯”. サンケイスポーツ. (2013年12月29日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20131229/jle13122912560002-n1.html 2014年1月1日閲覧。 
  16. ^ “AFCチャンピオンズリーグ2014 グループステージ 組み合わせ決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2013年12月10日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/204.html 2016年1月1日閲覧。 

外部リンク[編集]