第32回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第32回天皇杯全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
参加チーム数 16
優勝 全慶應
準優勝 大阪クラブ
試合総数 16
ゴール数 56 (1試合平均 3.5 点)
1951
1953
テンプレートを表示

この項目では1952年5月3日から6日まで静岡県立藤枝東高校グラウンドにおいて開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会(てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)について記載する。なお、本大会は天皇杯の第32回大会に当たる。

概要[編集]

本大会には15チームが参加。前回優勝(慶應BRBとして)の全慶應と開催地の志太サッカーが協会推薦を受けた[1]

決勝は全慶應と大阪クラブという前回と同じ顔合わせになった。全慶應は前半のうちに4-0と大差をつけ、後半も得点を重ねて一時は6-0とした。試合終盤に大阪クラブも2点を挙げたが、6-2で全慶應が優勝した[1]

出場チーム[編集]

  • 全慶應(協会推薦・前回優勝、初出場)
  • 志太サッカー(協会推薦・開催地、2年ぶり2回目)
  • -(北海道)※未選出
  • 仙台サッカー(東北、2年連続5回目)
  • 全立教(関東、2年連続2回目) - 準々決勝から
  • 明治大学(関東、初出場)
  • 東京教育大学(関東、17年ぶり2回目)
  • 韮葉クラブ(中部、2年連続2回目)
  • 富山サッカー(北陸、2年連続2回目)
  • 刈谷サッカー(東海、3年連続3回目)
  • 大阪クラブ(関西、2年連続2回目)
  • 関学クラブ(関西、22年ぶり3回目)
  • 六甲クラブ(関西、初出場)
  • 東洋工業(中国、3年ぶり2回目)
  • 松山クラブ(四国、初出場)
  • 島原クラブ(九州、初出場)

結果[1][編集]

1回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                           
1952年5月3日            
 全慶應 4
1952年5月4日
 仙台サッカー 0  
 全慶應 3
1952年5月3日
   東洋工業 0  
 東洋工業 3
1952年5月5日
 六甲クラブ 2  
 全慶應 1
   関学クラブ 0  
 全立教  
1952年5月4日
 北海道(棄権)    
 全立教 0
1952年5月3日
   関学クラブ 1  
 刈谷サッカー 0
1952年5月6日
 関学クラブ 2  
 全慶應 6
1952年5月3日
   大阪クラブ 2
 志太サッカー 3
1952年5月4日
 富山サッカー 0  
 志太サッカー 3
1952年5月3日
   松山クラブ 0  
 松山クラブ(抽選) 2 (aet)
1952年5月5日
 明治大学 2  
 志太サッカー 1
1952年5月3日
   大阪クラブ 3   3位決定戦
 東京教育大学 6
1952年5月4日 1952年5月6日
 韮葉クラブ 0  
 東京教育大学 1  関学クラブ 5
1952年5月3日
   大阪クラブ 2 (aet)    志太サッカー 0
 島原クラブ 0
 大阪クラブ 4  

決勝戦メンバー[編集]

全慶應[1] 大阪クラブ[2]
Pos. 選手 Pos. 選手
GK 津田幸男 GK 岸本
FB 土井田宏之 FB 山形
FB 北島秀夫 FB 木下
HB 荒川達 HB 笠原
HB 長竹義広 HB 加藤
HB 松沢駿介 HB 南木
FW 則武謙 FW 賀川浩
FW 鈴木徳衛 FW 賀川太郎
FW 二宮洋一 FW 岩谷俊夫
FW 早川(小林)忠生 FW 川本泰三
FW 重松良典 FW 和田

出典[編集]

  1. ^ a b c d 轡田三男 「サッカーの歴史 天皇杯全日本選手権 (7)」『サッカーマガジンベースボール・マガジン社、1968年8月号、112-113頁。
  2. ^ 鈴木武士編著 『天皇杯六十五年史』 財団法人日本サッカー協会、1987年。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]